TOP > グルメ > 豪華アフタヌーンティーが3,000円!クリスマスまでの限定で人気カフェに登場(北九州市小倉北区)
旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき)

豪華アフタヌーンティーが3,000円!クリスマスまでの限定で人気カフェに登場(北九州市小倉北区)

こんにちは。グルメを中心に福岡の情報をゆるっと発信している『ちひログ』です。

今回は、小倉エリアにある日本茶と和菓子を楽しめる和カフェで、今だけ楽しめるスイーツコースをご紹介します。

日本茶と和菓子のカフェ「旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき)」(北九州市小倉北区馬借)

JR・小倉駅から徒歩10分、北九州モノレール・旦過駅から徒歩2分の場所にある『旬果茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき)』。

和菓子と、希少価値の高い選りすぐりの日本茶を豊富に取り揃えたお店です。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):外観

画像:CHIHIRO

1階は和菓子や日本茶の販売スペース。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):1階

画像:CHIHIRO

一つひとつ丁寧に作られた和菓子がズラリと並んでいて、思わず見とれるほど。

和菓子は260円程から販売されていて、お土産にもぴったりです。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):和菓子

画像:CHIHIRO

日本茶もたくさん販売されています。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):日本茶

画像:CHIHIRO

2階にはカフェスペースが併設されています。カウンター席とテーブル席があり、窓の外には小倉の街並みが見える開放感あふれる空間。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):店内

画像:CHIHIRO

店内には骨董品なども飾られていて高級感ある空間ながらも、ホッと落ち着ける雰囲気です。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき): 掛け軸

画像:CHIHIRO

『旬果茶舎 日と時季』を運営されているのは、オーナーの亀甲さん。亀甲さんのやわらかくて温かな人柄とスタッフの心遣いで、居心地のよい時間を過ごすことができます。

亀甲さん自らお茶を淹れてくれることもありますよ。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):オーナーさん

画像:CHIHIRO

クリスマスまで限定!和のアフタヌーンティー

カフェメニューは、季節限定で楽しめる和スイーツと日本茶のコースが人気。今回は、クリスマスまで限定で登場している和のアフタヌーンティーをご紹介します。

2023年12月25日(月)まで限定の『クリスマスコース』(1人3,000円)。完全予約制ではありませんが数量限定のため、前日までの予約がおすすめです。

和風のクリスマスツリーをイメージした、今だけしか食べられないアフタヌーンティーです。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):アフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

ウェルカムドリンクはグラスで楽しむ日本茶

まずはウェルカムドリンク。グラスに入った冷煎茶です。

軽やかながらも深みのある一杯に、最初から心を掴まれました。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):ウェルカムドリンク

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

ドリンクは選べる日本茶

『クリスマスコース』には、選べる日本茶が付いています。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):お茶

画像:CHIHIRO

今回は、知覧の『栗田早生』を選びました。日本茶生産量の2%にも満たないという超稀少品種なのだそうです。

まずは香りを楽しみ、そこから三煎淹れてもらうことができます。一煎ごとに変わりゆくお茶の風味を堪能できますよ。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):日本茶

画像:CHIHIRO

2人でお伺いしたので、もう一杯は『濃厚抹茶ラテ』に。

抹茶ラテに綿菓子を溶かして飲むと、とっても奥深い味わい! 日本茶の魅力を再発見できた1杯でした。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):濃厚抹茶ラテ

画像:CHIHIRO

メインは“和風クリスマスツリー”のよう!迫力満点のスイーツ

運ばれてきた瞬間に「わぁっ!」と驚いたのが、和風のクリスマスツリーをイメージした迫力満点のスイーツ。使われている和菓子はどれも手作りだそうです。

器は特注した備前焼を使用してあるので、ぜひその美しさもじっくり見てください。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

スイーツは、クリスマスをモチーフにしたものがいっぱい!

写真奥が『いちごの淡雪』、手前左側から、『笹に包まれた生チョコわらび餅』、クリスマスツリーを模した『抹茶の浮島モンブラン仕立て』、トナカイの形をした『焼き芋羊羹』。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

どれも食べるのがもったいないほどのかわいらしさ!

味はもちろん本格派。和菓子職人の繊細な技を感じられました。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

こちらは、自分で作り上げる最中。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO

最中に求肥・こし餡・さつまいも餡を包みます。自分で包む楽しさと、サクッとモチっとした食感で、幸せいっぱいになれますよ。

餡子の甘さも絶妙! 一つひとつのクオリティーの高さに驚かされます。

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO

串スイーツもいっぱい!

『りんご飴』、『フルーツ串』、『白玉団子串』、『和紅茶の浮島串』など、さまざまな串があって、どれから食べようかワクワクしてしまいます!

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

リボンがかわいいりんご飴は、パリッとジューシーでおいしい!

旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき):いちごのアフタヌーンティー

画像:CHIHIRO ※写真は2人分

ボリューム満点で大満足の内容でした。

繊細で丁寧な味わいのスイーツで構成された、大迫力のアフタヌーンティー。運ばれてきた瞬間から最後まで、幸せな気分が味わえました。

きっとすてきな思い出になること間違いなしなので、ぜひ食べに行ってくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■旬菓茶舎 日と時季(しゅんかちゃや ひととき)
住所:北九州市小倉北区馬借1-5-3 TAKEDA.BLD
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#スイーツ をまとめてチェック!
#小倉 #カフェ #アフタヌーンティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ