TOP > グルメ > 「塩鮭」で難しい味付けいらず!ホームパーティーにも◎迷わず作れる絶品レシピ2選
中願寺あゆみ 甘塩鮭レシピ

「塩鮭」で難しい味付けいらず!ホームパーティーにも◎迷わず作れる絶品レシピ2選

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

“駆け込みふるさと納税”の方もたくさんいらっしゃると思いますが、私は今年、甘塩鮭を2か所から返礼品で受け取りました。

そのまま焼いて食べるのもいいですが、いろんな食べ方でおいしくいただきたい……。

そこで今回は、甘塩鮭を使った難しい味付けいらずの鮭レシピをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1:洗い物も少ない「鮭ときのこのマヨマスタード蒸し」

甘塩鮭を使うことで下味などは不要。マヨマスタードのコクと、とろ~りチーズが、冬の食卓にぴったりです。粒マスタードの酸味がいいアクセントに。白ごはんにもよく合いますよ。

朝ホイルで包むまでをやっておくと、夜はフライパンで焼くだけ! 時短夕食にもおすすめです。

鮭ホイル

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
甘塩鮭・・・2切れ
きのこミックス(しめじ・えのき・エリンギなど)・・・150g
とろけるチーズ・・・適量
Aマヨネーズ・・・大さじ2
A粒マスタード・・・小さじ2
バター・・・10g
こしょう・・・少々

<作り方>

(1)きのこは石づきを取り、食べやすい大きさにほぐす、もしくは切る。Aを容器に入れ、混ぜ合わせておく。

(2)アルミホイル30cmほどを2枚広げ、それぞれ真ん中にバターの半量を塗る。その上に甘塩鮭を1切れずつ置き、こしょうを振る。

(3)(2)の上にそれぞれ半量ずつのきのこ、混ぜ合わせたA、とろけるチーズをのせて包む(水が入り込まないようにしっかりと)。

(4)(3)をふたの閉まるフライパンに並べて、水を100ml程度(分量外)加える。弱中火で10分程度蒸し焼きにする。途中水がなくなったら加える。

フライパンに加える水が多すぎたりしっかりとアルミが閉じられていないと水が入るので、気を付けてくださいね。

2:クリスマスや忘年会にもおすすめ「甘塩鮭のアクアパッツァ」

こちらも、甘塩鮭を使うことで味付け不要。フライパンに入れるだけで、華やかな一皿が完成! 人が集まるときにも活躍しますよ。

おいしいスープが出るので、パンを浸して食べたり、スープを使ってパスタを作るのもおすすめ。

アクアパッザ

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
甘塩鮭・・・2切れ
あさり貝・・・150g
グリーンオリーブ・・・6個
ミニトマト・・・6個
パセリ(みじん切り)・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ1.5
にんにく・・・1片
ローズマリー(乾燥)・・・少々
水・・・50ml

<作り方>

(1)あさりは砂抜きをする。にんにくは皮をむき、潰しておく。

(2)フライパンにオリーブオイル大さじ1、にんにく、鮭を入れて中火にかける。鮭の両面に焼き色を付ける(火を中まで通さなくて大丈夫)。

(3)ミニトマト、グリーンオリーブ、ローズマリー、水を加えてふたをして5分ほど蒸し煮にする。あさりを加え、殻が開くまでさらに加熱する。

(4)器に盛り、上からオリーブオイル大さじ1/2をたらし、パセリを散らす。

今の季節はブロッコリーもおいしいので、一緒に加えても◎。

あさり貝は塩抜きして冷凍しておくことも可能。冷凍しておけば、少量でも手軽に使えるのでとってもおすすめです。

焼き魚以外にも活用できる「甘塩鮭」。みなさんも、“駆け込みふるさと納税”でいかがですか?(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ