TOP > グルメ > 焼き立てタルトやケーキが絶品!“住宅街にひっそり誕生して話題”おしゃれカフェ(福岡市南区玉川町)
so-sou(ソーソウ)

焼き立てタルトやケーキが絶品!“住宅街にひっそり誕生して話題”おしゃれカフェ(福岡市南区玉川町)

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、2023年8月17日にオープンした『so-sou(ソーソウ)』をご紹介します!

住宅街の中にひっそりオープン!アパートの1階にあるオシャレカフェ「so-sou(ソーソウ)」(福岡市南区玉川町)

福岡市南区玉川町、西鉄・高宮駅から徒歩約6分ほどの場所にある『so-sou(ソーソウ)』。

パティシエ監修の「ケーキ」や、毎朝焼き上げる「焼き菓子」を気軽に楽しむことができるカフェです。

so-sou(ソーソウ)外観

画像:chippachapus

お店は海外の倉庫をイメージし、ほとんどを手作りしたのだそう。店内のカウンターやテーブル、ベンチなどもすべて手作り。

so-sou(ソーソウ)店内

画像:chippachapus

一人でも過ごしやすいカウンター席や、小さなテーブル席もあります。

so-sou(ソーソウ)店内

画像:chippachapus

まるでケーキのような贅沢さ!四角い形が珍しい「タルト」

まずご紹介する「タルト」は、定番が3種類。

左から、『ブラックベリータルト』(650円)、『アーモンドタルト』(650円)、『レモンタルト』(650円)です。

so-sou(ソーソウ) タルト3種

画像:chippachapus

四角い形の自家製タルト生地に、クリームやジャムなどをぎっしり詰めて焼き上げます。

よく見る一般的なタルトのサイズの1.5倍ほどあり、まるでケーキを食べているかのようなボリューム感。

so-sou(ソーソウ) タルト制作風景

画像:chippachapus

『レモンタルト』は、下から順にリュバーブジャム、レモンクリーム、レモンメレンゲが入っています。

so-sou(ソーソウ) レモンタルト

画像:chippachapus

レモンメレンゲは表面がキャラメリゼしてあり、ふんわりとした甘さと酸味に加え、ほんのりほろ苦さも。

中のレモンクリームは、レモンの味がしっかりしていて、甘酸っぱくさっぱりとした味わいでした。

so-sou(ソーソウ) レモンタルト

画像:chippachapus

『ブラックベリータルト』は、下から順にアーモンドクリーム、ブラックベリージャム、ブラックベリーが入っています。

so-sou(ソーソウ) ブラックベリータルト

画像:chippachapus

ブラックベリーがごろっと入っていて、プチッとした食感や甘酸っぱさがアクセントになっていました。

so-sou(ソーソウ) ブラックベリータルト

画像:chippachapus

『アーモンドタルト』は、下から順にアーモンドクリーム、プラリネペースト、ローストアーモンドが入っています。

so-sou(ソーソウ) アーモンドタルト

画像:chippachapus

たっぷりのアーモンドのほかに胡桃も隠れていて、ナッツの香ばしい味わいをダイレクトに味わえるタルトでした。

so-sou(ソーソウ) アーモンドタルト

画像:chippachapus

タルトはどれも数量限定なので、気になる方は事前予約がおすすめですよ(事前予約は前日18時まで)。

斬新スタイルの「白いティラミス」&アート作品のような「濃厚ショコラテリーヌ」

イートイン限定で楽しめるデザートは4種類あり、今回はおすすめの2種類を注文しました。

1つ目は、『白いティラミス』(700円)。名前の通り、白をメインにしたティラミスで、盛り付けも斬新なスタイル。

so-sou(ソーソウ) 白いティラミス

画像:chippachapus

お好みでコーヒーソースをかけて食べます。

so-sou(ソーソウ) 白いティラミス

画像:chippachapus

白い部分は、マスカルポーネとクリームチーズを合わせた生クリームで、ほんのり酸味のあるミルキーな味わい。

ふわっと軽い食感で、下のクランブルのザクザク食感がアクセントになっていましたよ。

トッピングのメレンゲクッキーと、少し塩味のあるチュイールもおいしかったです。

so-sou(ソーソウ) 白いティラミス

画像:chippachapus

2つ目は、『ショコラテリーヌ』(650円)。

チョコソースをたっぷりかけたショコラテリーヌの下には、ブラックココア生クリームがまるでアートのように敷いてあります。

so-sou(ソーソウ) ショコラテリーヌ

画像:chippachapus

テリーヌはとてもなめらかで、くちどけがよく、甘さとほろ苦さがバランスよく感じられました。チョコソースでより濃厚なチョコの味わいを楽しめましたよ。

so-sou(ソーソウ) ショコラテリーヌ

画像:chippachapus

種類豊富なアメリカンクッキーも!毎朝焼き上げる「手作り焼き菓子」

こちらは、毎朝ひとつひとつ焼き上げているという「焼き菓子」。

クッキー、スコーン、カヌレなどがあります。

so-sou(ソーソウ) 焼き菓子

画像:chippachapus

『クッキー』は、アメリカンなサイズで、1個でも満足できるくらい甘さがしっかりあります。

どれも厚みがあり、食べ応えがありました。

マシュマロがどんっとのった『抹茶スモア』(300円)や、生地にチェリーが練り込まれた『ピスタチオチェリー』(300円)など、種類も豊富でどれにするか迷っちゃいます♪

so-sou(ソーソウ) クッキー

画像:chippachapus

こちらは、『スコーン』(250円)。

上はキャラメリゼしてあり、ザクザクとした食感。中はしっとりホロホロで、バターの甘さが広がりました。

so-sou(ソーソウ) スコーン

画像:chippachapus

こちらは、『カヌレ(プレーン)』(250円)。

外はサクッ&カリッ、中はもっちりとした味わいがたまりません。

so-sou(ソーソウ) カヌレ

画像:chippachapus

ぜひ、コーヒーなどのドリンクと一緒に味わってみてくださいね。

ドリンクは、コーヒーのほか、手作りシロップのラテもおすすめですよ。

so-sou(ソーソウ) コーヒー

画像:chippachapus

お店は、大名や天神などの都会からは少し離れた静かな場所にあります。

ぜひ、ゆっくりカフェタイムを過ごしに行ってみてはいかがでしょうか。(文/chippachapus)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■so-sou(ソーソウ)
住所:福岡県福岡市南区玉川町15-6 タマガワアパートメント101
営業時間:8:00~18:00(モーニング8:00~10:30)
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡市南区 #カフェ #スイーツ #手土産 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店穴場】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ専門店