TOP > グルメ > 糸島牡蠣小屋の2023年シーズンスタート!持ち込みOK・メニュー充実♡岐志漁港の人気店
牡蠣小屋冨士丸

糸島牡蠣小屋の2023年シーズンスタート!持ち込みOK・メニュー充実♡岐志漁港の人気店

こんにちは! 福岡のHOTな情報が大好きな博多あや.です。

ついにやってきました、牡蠣小屋シーズン! 牡蠣マニアの私は毎年この時期を楽しみにしています♪

さっそく行ってきたので、ご紹介しますね。

ピンクの看板が目印!岐志漁港の人気店「牡蠣小屋 冨士丸(ふじまる)」(糸島市志摩岐志)

福岡で牡蠣小屋といえば、糸島。

冬場は、福吉漁港、加布里漁港、船越漁港、岐志漁港、深江、野北エリアに登場しますが、今回は岐志漁港へ。

2019年に全店舗リニューアル。以前のビニールハウスから、店舗型に生まれ変わりました。全11軒、糸島で一番多くの牡蠣小屋が並びます。

公共交通機関でのアクセスは、JR筑肥線・筑前前原駅北口よりバス(芥屋線)「岐志」下車、徒歩約4分。タクシーだと約20分です。

大きな駐車場が完備されているので、車での来店も便利。西九州自動車道・前原ICより約25分で到着しますよ。

岐志漁港 かき小屋

画像:博多あや.

岐志漁港で提供される牡蠣の価格は、一律1kg1,200円(※2023年度)と決まっています牡蠣小屋によって雰囲気やサービス、サイドメニューに特色があるので、お気に入りを見つけるのも楽しいですよ。

私は、『牡蠣小屋 冨士丸』にお邪魔しました! ピンク色の大きなメニュー看板が目印です。

冨士丸 外観

画像:博多あや.

2023年度は10月14日からスタート。2024年3月下旬までの営業予定です(変更の可能性あり、詳細はお店に確認を)。

店内は広々!

冨士丸 店内

画像:博多あや.

洋服が汚れないよう、ジャンパーレンタルのサービスがありますよ(ピンクと赤)。

持ち込み可能がうれしい!オリジナル味も楽しめる絶品「焼き牡蠣」

『牡蠣小屋 冨士丸』では、新鮮な牡蠣を炭火で焼いて楽しめます(炭代1台500円)。

岐志漁港の牡蠣小屋では、ほとんどのお店が持ち込みが自由(詳細は各店に確認を)。

『牡蠣小屋 冨士丸』では、飲み物・ご飯・調味料の持ち込みが可能です。ただし、網の上で焼くもの(ウインナーや肉など)はNGなのでご注意を。

冨士丸 テーブル席

画像:博多あや.

テーブルには、お皿とお箸に牡蠣ナイフ、軍手がセッティングされています。

醤油とポン酢は常備されているので、手ぶらで来店しても充分に楽しめますよ!

『バター』(1個70円)、『マヨネーズ』(1個50円)、『レモン』(4切100円)は購入することもできます。

冨士丸 備え付け調味料

画像:博多あや.

今回は、またいちの塩・ごま油・スパイス類・ネギ・大根おろし・カレー粉・レモン汁・にんにく・茅乃舎だしのほかに、飲み物やバゲットなどを持参しました。

冨士丸 持ち込み調味料

画像:博多あや.

メインの牡蠣は、500g(600円)から注文できます。

毎日とれたて! 品質にこだわって、紫外線殺菌やマイクロバブルオゾン殺菌を施しているのだそう。

こちらは『牡蠣2kg』(2,400円)に、『ホタテ』(1個250円)と『サザエ』(1個250円)。どんどん網の上で焼いていきます。

冨士丸 牡蠣2kg

画像:博多あや.

平たい面から先に2~3分焼いたら殻を開け、調味料を投入!

時期はまだ早めですが、身はしっかりとした大きさがあります。冬に近づくにつれてだんだんと大きくなっていきますよ。

冨士丸 焼き牡蠣

画像:博多あや.

生臭さもなく、熱々でプリップリの食感……甘みもあっておいしい~~! 王道の醤油にネギ、大根おろしの組み合わせは、無限に食べられちゃいます。

冨士丸 牡蠣

画像:博多あや.

こちらは、茅乃舎だしを振りかけてバゲットにのせてみました。出汁の旨みが濃厚です!

殻の中に残ったスープに、バゲットを浸して食べるのも最高でした♪

冨士丸 牡蠣バケット

画像:博多あや.

この日は女性2人で訪れたのですが、牡蠣だけで3kgを堪能しました!

種類豊富なサイドメニューも要チェック!

『牡蠣小屋 冨士丸』は、サイドメニューの充実度合いも魅力です。

定番『カキめし』(350円)は必食メニュー! もっちりとしたご飯に、牡蠣の旨みがしっかりと染みています。

牡蠣小屋 冨士丸 カキめし

画像:博多あや.

おともには、『カキ汁』(150円)を。やさしい味でおいしかったです♪

冨士丸 かき汁

画像:博多あや.

オリジナルメニューの『カキのペペロンチーノ』(750円)。ゴロッと牡蠣が入っていて、アルデンテの食感も味付けも最高~!

牡蠣小屋 冨士丸 かきのペペロンチーノ

画像:博多あや.

ほかにも、『カキリゾット』(500円)や『カキともろみのソテー』(500円)、『カキピザ』(900円)、『カキグラタン』(450円)などの珍しいメニューもたくさんありました。

もちろん、牡蠣以外のメニューも揃います。

『エビ』(1尾300円)、『イカ』(1枚600円)、『ブリカマ』(1枚600円)などの豊富な海鮮のほか、『ウインナー(糸島ハム)』(3本450円)や『あつあげ』(3個200円)、『トウモロコシ』(2個350円)なども焼いて楽しめますよ。

『海鮮丼(ミニ)』(890円)や『サーモン丼(ミニ)』(800円)も魅力的!

牡蠣小屋 冨士丸 メニュー

画像:博多あや.

『フライドポテト』(380円)や『アメリカンドッグ』(250円)、『エビフライ』(3尾600円)など、子どもが喜ぶメニューも揃っているので、ファミリーでも楽しめそうです!

1人からでも利用できる、お得なセットメニュー(炭代込2,000円、5,500円、9,000円)もありますよ。

土日祝日は混み合うため、90分の時間制限があります。利用の際は、ご注意を。

ミルキーで旨みたっぷりの牡蠣をしっかり堪能できる『牡蠣小屋 冨士丸』。ぜひ、シーズン中に出かけてみてください!(文/博多あや.)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■牡蠣小屋 冨士丸(ふじまる)
住所:福岡県糸島市志摩岐志778-5
営業時間:10月中旬~3月下旬まで10:00~16:00
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/博多あや.

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#糸島 #海鮮グルメ #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【博多駅】お土産に◎キャラメルスイーツ

【飯塚】パフェ付きランチが人気のカフェ
【みやま】コスパ最高のステーキランチ