TOP > グルメ > どこを切り取ってもおしゃれ!“24時まで営業”本格スパイスカレーが必食の人気カフェ(北九州市門司区)
カフネ カレー

どこを切り取ってもおしゃれ!“24時まで営業”本格スパイスカレーが必食の人気カフェ(北九州市門司区)

こんにちは! 育ち盛りの4児ママ、はがともみです。

家族のお弁当を作り終えたあとのコーヒータイムが毎朝の至福の時間です♪

今回は、北九州市門司区大里戸ノ上にある、自家焙煎コーヒーをゆったりと楽しめるカフェをご紹介します。

地域に溶け込む人気カフェ!レトロなビルの中におしゃれ空間が広がる「cafuné(カフネ)」(北九州市門司区大里戸ノ上)

JR・門司駅から歩いて約10分ほど、昔ながらの商店が残る街の一角に2022年4月にオープンしたカフェ『cafuné(カフネ)』。

cafuné(カフネ) 外観

画像:はがともみ

お店のロゴである「手」が描かれた印象的な提灯が目印です。

cafuné提灯

画像:はがともみ

お店の目の前にある駐車場の4番と5番が専用駐車場となっていて、車でも利用しやすいです。※満車の場合は近隣にコインパーキングあり

すてきなステンドグラスが装飾された扉の先に広がる店内は、もともとあった天井が取り払われ、コンクリートむき出しの無機質なおしゃれ空間。

大きな窓から入る自然光、間接照明の灯り、木製の棚、植物など、全てにセンスを感じます。

インテリアや家具は、ビルの雰囲気に合うものをオーナーが選んで揃えたのだそう。

cafuné(カフネ) 店内

画像:はがともみ

店内に置かれた、観葉植物やスケボー板をリサイクルした雑貨、古着、本……。インテリアかと思いきや、委託販売している商品とのこと。全体のアンティークな雰囲気に、多種多様な商品が彩りを加えているようで印象的でした。

また、委託販売のほか、定期的にPOP UPやワークショップも開催されているそう。

そのほか店内には、テイクアウト商品が販売されているコーナーも。

cafynéデリカ

画像:はがともみ

店内でも注文できる『カフネ謹製板チョコ』(1,000円)、『スコーン・プレーン』(230円)などのスイーツのほか、『レンズ豆のホイアンサテ風カリー』(400円)などのデリカ、『今月のおすすめ豆 150g』(1,350円※コーヒー)などが数種類ずつと、充実のラインナップ。

ギフト包装もあるので、お土産などに購入してもよさそうですね。

cafuné焼き菓子

画像:はがともみ

どこを切り取っても絵になる!ゆったり贅沢な時間が過ごせる空間

飲食スペースは2階にあり、階段を上がると両側に部屋があります。

左側は、大きな窓の前に2人掛けのカウンター席が2つ、2人掛けのテーブル席が2つ、1人掛けのテーブル席が2つ、中央に配置された長いテーブルの周りにも木製のスツールが置かれた広い部屋です。

cafyné2階

画像:はがともみ

それぞれの席は離れて設置してあるため、気兼ねなく親しい人と、あるいは1人で過ごせる贅沢な空間です。

cafuné2階一人掛け席

画像:はがともみ

右側には、また違うテイストの部屋が2つあります。

1つ目の部屋は絨毯が敷かれた上に円卓が2台。こちらはグループで来たときに利用しやすそうです。

部屋の奥には間接照明や観葉植物があり、温かみを感じる部屋でした。

cafuné円卓の部屋

画像:はがともみ

そのお隣は、洋風の椅子が3脚置かれた部屋です。

テーブルの代わりに大きなトランクケースが! 所々にちょこんと飾られた小物もかわいらしく癒されます。

cafuné洋風の部屋

画像:はがともみ

ちなみに、2階にある本はオーナーやスタッフが読み終えた私物で、自由に読んでOKとのことです。

そして、屋上にも席があります。アウトドアがお好きな方にはうれしいのではないでしょうか。

風を感じながら店主自慢のコーヒーを楽しむのもよさそうですね。

cahuné屋上

画像:はがともみ

安全を考慮して大人のみ案内をされているようです。利用希望の際はスタッフに声をかけてくださいね。

食欲をそそる香りと本格的な味にリピ確定!「珈琲屋のスパイスカレー」

『cafuné』のメニューは、自家焙煎コーヒーやアルコールなどのこだわりドリンクのほかは、スコーンやクレープなどの軽食がメイン(店内利用の場合はワンドリンク制)。

今回私は、唯一のフードメニューである『珈琲屋のスパイスカレー』(1,100円)を注文しました。

オーナーのスパイス好きが高じて加わったというこのメニュー。運ばれてきた瞬間、スパイスの香りが食欲をそそります♡

cafunéスパイスカレーとコーヒー

画像:はがともみ

一口食べるとスパイスの辛みがピリッと効いていて、すごくおいしい!

お野菜や鶏肉もよく煮込まれていて、ほろほろと口の中で溶けていく感じでした。

トッピングされていたアチャール(漬物)は、日によって違うこともあるとのこと。

スプーンが止まらず一気に食べてしまいそうでしたが、「レモンをかけると味変になりますよ」とスタッフに教えてもらっていたので途中でかけてみました。すると、レモンの酸味が加わって爽やかな味わいに。これもまたおいくて、クセになりそう!

ドリンクは『今月のおすすめ豆』(600円)のコーヒーをオーダー。この日はインドネシア産で、苦みが程よくて好みの味でした。

一緒に注文したのは『ベトナムプリン』(500円)。少しかためで喉ごしが良く、甘すぎないのでコーヒーと相性抜群。クラッシュアイスとエスプレッソソースがかかっていて、新鮮な味わいでした。

cafunéベトナムプリン

画像:はがともみ

また別の月に訪れたときの『今月のおすすめ豆』は、エチオピア産でスッキリした味わいでした。訪れる度にいろんな産地の豆で淹れたコーヒーを楽しめるのも良いですね!

『cafuné』こだわりのコーヒーメニューはほかに、『ブレンド』(500円)、『カフェラテ』(680円)、『デカフェ』(600円)があります。

コーヒー以外は、ほのかな甘みがありスパイスが効いてさっぱり飲める『クラフトコーラ』(680円)、『天空ノ茶-Yancha-』(600円)、『密柑ジュース』(500円)などがあるので、カフェインを控えている方も楽しめますよ。

24時まで営業しているので、夜カフェにも◎! 昼間とは違うしっとりとした雰囲気の中で過ごせそう。

こだわりのコーヒーはもちろん、時間を忘れるほど居心地の良い空間で、ゆったりとした時間を楽しんでみませんか?

門司港に立ち飲みスタイルの姉妹店『cafuné stand』もあるので(テイクアウト可)、あわせてチェックしてみてくださいね。(文/はがともみ)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■cafuné(カフネ)
住所:福岡県北九州市門司区大里戸ノ上1-6-22 蔵人ビル
営業時間:11:00~24:00
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/はがともみ

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #門司 #コーヒー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【博多駅】お土産に◎キャラメルスイーツ

【飯塚】パフェ付きランチが人気のカフェ
【みやま】コスパ最高のステーキランチ