TOP > グルメ > 味も楽しさも満点!予約が取れない大人気創作イタリアン「新作コース」実食レポ(福岡市南区若久)
モトフサアラキ

味も楽しさも満点!予約が取れない大人気創作イタリアン「新作コース」実食レポ(福岡市南区若久)

みなさんこんにちは。グルメを中心に福岡の情報をゆるっと発信している、ちひログです。

今回は、人気イタリアンの2023年秋冬新作コースをご紹介します。

1日2組限定!完全予約制の人気創作イタリアン「モトフサアラキ」(福岡市南区若久)

福岡市南区若久にある創作イタリアン『モトフサアラキ』。1日2組限定(ランチ・ディナー各1組)、完全予約制のお店です。

エンターテインメント性の高い提供方法と、最新の調理法を駆使した荒木シェフの料理のおいしさが評判を呼び、なかなか予約が取れない人気店になっています。

西鉄バス・緑園前から徒歩1分。天神・博多エリアから、公共交通機関で約30分前後で到着しますよ。

モトフサアラキ:外観

画像:CHIHIRO

店内へ入ってみると……黄金に輝く空間が現れます。

何やら天井から吊るされた装飾も。一歩足を踏み入れた瞬間からワクワクが止まりません。

モトフサアラキ:店内

画像:CHIHIRO

メニューは、11,000円と15,000円の2種類のコースのみ。内容は季節によって変わります。2つのコースの違いは、オマール海老の有無です。

ドリンクは自由に持ち込み可能ですよ。

キャビアにオマール海老に佐賀牛!高級食材満載の「2023年秋冬コース」

一足先に、2023年11月1日にスタートする『2023年秋冬コース』(15,000円)をいただいたので、詳しくご紹介していきますね(予約は10月から受付中)。※2024年4月まで提供予定

まず登場するのは、おしぼり。

銀のジョウロで水をかけると、ふわっとおしぼりが出来上がります。

モトフサアラキ:おしぼり

画像:CHIHIRO

ソルティトマト〜透明なトマトのスープ〜

最初にやってきた料理は『ソルティトマト〜透明なトマトのスープ〜』。トマトを遠心分離機で4万4,000回まわして作り上げたという、不思議な透明のトマトスープです。

モトフサアラキ:ソルティトマト

画像:CHIHIRO

驚くほど濃厚なトマトの味わいに感動しました。

グラスのふちに付いたソルトが、トマトの風味を引き立てます。

北海道ホタテの前菜

そして2品目の料理が出てくる前に、なんと天井から吊るされていた装飾が降りてきました!

モトフサアラキ:装飾

画像:CHIHIRO

白い煙がモクモクと立ち上ります。

モトフサアラキ:装飾

画像:CHIHIRO

そんな中、『北海道ホタテの前菜』が運ばれてきました。北海道の生産者から直送されたホタテが、チコリの上に美しく盛られています。

モトフサアラキ:北海道ホタテの前菜

画像:CHIHIRO

かかっているソースは、ホタテのダシ、醤油、生クリームを使用したもの。濃厚なホタテの旨みを引き立てていました。

モトフサアラキ:北海道ホタテの前菜

画像:CHIHIRO

アワビのそうめん

3品目は『アワビのそうめん』。荒木シェフが感動したというそうめんの上に、たっぷりとアワビが盛り付けられた贅沢な逸品です。

モトフサアラキ:アワビのそうめん

画像:CHIHIRO

減圧加熱調理器『ガストロバック』を使用して水からとった黄金ダシを、目の前でかけてもらえます。

『ガストロバック』を使用すると、よりスッキリした味わいに仕上がるのだそう。

モトフサアラキ:アワビのそうめん

画像:CHIHIRO

濃厚な味わいのアワビ、コクがありつつさっぱりとした黄金ダシ、のど越しの良いそうめんのバランスが最高でした。

イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

4品目は『イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ』。

「たっぷりとのせていきますよー!」というシェフの掛け声とともに、パスタの上に高級食材が目の前でたっぷりと盛り付けられていきます。

モトフサアラキ:イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

画像:CHIHIRO

まずは北海道釧路産のイクラ。

モトフサアラキ:イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

画像:CHIHIRO

イタリア産のカラスミもたっぷり。

最後は、日本で使用しているお店はまだ珍しいという、チョーク型のキャビア。

イタリア産のキャビアをフランスで固めて燻製。その後、熟成させた代物なのだそう。

モトフサアラキ:イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

画像:CHIHIRO

こちらのキャビアも「そろそろストップかけなくて良いかな?」と心配になるほど削ってもらえました!

モトフサアラキ:イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

画像:CHIHIRO

「こんな贅沢な料理、一度は食べてみたかった!」が叶うパスタ。

無くなるのが惜しまれるほどのおいしさでした。

モトフサアラキ:イクラ・カラスミ・キャビアのパスタ

画像:CHIHIRO

佐賀牛のステーキ〜トリュフ風味〜

5品目は『佐賀牛のステーキ〜トリュフ風味〜』。

出てきた瞬間は、トリュフが香る白い泡に覆い隠された状態。その後、目の前で炎が!

モトフサアラキ:炎

画像:CHIHIRO

炎が消えて、美しく盛りつけられた佐賀牛が登場です。

トリュフの高級感あふれる香りと、やわらかくてジューシーな佐賀牛のおいしさに、ほっぺが落ちそうになりました。

モトフサアラキ:佐賀牛のステーキ〜トリュフ風味〜

画像:CHIHIRO

オマール海老〜北海道のウニ〜

そしてメイン料理『オマール海老〜北海道のウニ〜』が登場。こちらのメニューは、15,000円のコースのみで提供されます。

モトフサアラキ:オマール海老

画像:CHIHIRO

生きた状態のオマール海老を、65度の温度で1時間調理していきます。上には、北海道産のウニがたっぷり。

モトフサアラキ:オマール海老

画像:CHIHIRO

ご飯の上にどんと豪快に置かれ、目の前で炙って仕上げます。

モトフサアラキ:オマール海老

画像:CHIHIRO

香ばしく焼き上げられたオマール海老の身の弾力、濃厚な甘みは、まさに感動もの。

ウニと合わさると、さらに旨みが倍増するよう。

モトフサアラキ:オマール海老

画像:CHIHIRO

最後はオマール海老でとったダシをかけて、お茶漬けに。オマール海老をしっかり堪能できました♡

モトフサアラキ:お茶漬け

画像:CHIHIRO

食べられる風船

『モトフサアラキ』の看板メニューといえば、『食べられる風船』。

中には水素が入っていて、口をつけて吸い込んだ直後に喋ると、驚きの楽しさ……!

モトフサアラキ:食べられる風船

画像:CHIHIRO

どうなるのかは、実際に体験してのお楽しみです。

チョコボール

そして〆のメニューは、迫力満点の『チョコボール』。

まずはテーブルにチョコレートやソースなどで、テーブルアートが施されていきます。

モトフサアラキ:テーブルアート

画像:CHIHIRO

その後に渡されたのは、なんとビニール傘!

「これで身を守ってくださいね!」と、レストランではありえない演出にワクワクが止まりません。

モトフサアラキ:傘

画像:CHIHIRO

傘を開いて眺める前で、もくもくと白い煙がテーブルを埋め尽くしていき、煙の中から大きなチョコのボールが登場! チョコボールが爆発して、中からアイスやお菓子が出てきました。

テーブルアートと融合して出来た、世界に一つだけのアーティスティックなスイーツです。

迫力満点の演出が楽しくて、終始大盛り上がりでしたよ!

モトフサアラキ:チョコボール

画像:CHIHIRO

高級食材をたっぷり楽しめる『2023年秋冬コース』。特別な日にもぴったりです。ぜひ、堪能してみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■モトフサアラキ
住所:福岡県福岡市南区若久1-19-3 内山ビル1階
営業時間:12:00~21:00最終受付(1日2組限定)
定休日:水曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡市南区 #ランチ #ディナー #期間限定 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ