TOP > グルメ > 【決定版】失敗しない簡単「温泉卵」の作り方!余ったそうめん活用の絶品レシピも
中願寺あゆみ 温泉卵の作り方&活用レシピ

【決定版】失敗しない簡単「温泉卵」の作り方!余ったそうめん活用の絶品レシピも

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

一時期は供給が少なかった卵。どうなることかと思いましたが、最近では「そんな時期もあったな~」と思うほど、供給が安定してきて卵好きにはうれしい限りです。

さて、今回は「温泉卵」の作り方と活用レシピをご紹介します。

あると便利な「温泉卵」を作ろう!

とろ~りおいしい温泉卵。「作ろう!」って、そんな気合を入れて作るものでもないのですが(笑)。

すぐに1品になるので冷蔵庫にあると超便利! そのままはもちろん、下の写真のように焼きそばやサラダ、どんぶりにのせたり。ちょっと豪華になるし、何かと使えます。

「温泉卵は買うもの」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ほったらかしで簡単にできるのでぜひチャレンジしてみてください。

ガパオ焼きそば

画像:中願寺あゆみ

【材料】(作りやすい量)
卵(Mサイズ)・・・4個

<作り方>

(1)厚手鍋(私はSTAUB20cmを使用)に水1,000mlを入れ、沸騰させる。

(2)(1)の鍋の火を消し、冷蔵庫から出した卵をそっと入れる。

(3)ふたをせずにそのまま触らず12分放置する。

(4)12分経ったら、卵を氷水に入れ5分程度冷やす。

出来上がったものは冷蔵庫でそのまま保存可能。~3日程度で食べきってくださいね。

卵の大きさや季節によって多少仕上がりに違いがあります。大きめの卵を使用する場合や冬場は、1分程度長めに置いてみてください。何回か作っていると、好みのかたさが分かってくると思うので、(3)の放置時間を増減したりしてみてくださいね。

活用レシピ:とろ~り卵がたまらない「パリパリ無限キャベツ」

一時、ブームになったあのパリパリサラダ、麺はそうめんで作ります。余ってしまったそうめんの消費にも◎。

キャベツのシャキシャキ、そうめんのパリパリ食感にとろ~り温泉卵が本当によく合うんです!! 格別のうまさですよ。

パリパリサラダ

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
そうめん・・・1/2束
温泉卵・・・1個
キャベツ・・・150g
紫玉ねぎ・・・1/4個
揚げ油・・・適量
お好きなドレッシング(ここではシーザーサラダ)・・・適量
粉チーズ・・・お好みで
ブラックペッパー・・・少々

<作り方>

(1)キャベツは千切りにする。玉ねぎは薄切りにして水にさらし、シャキッとさせる。

(2)そうめんを表示通りにゆで、ざるに上げて流水でよく洗い、ペーパーで水気をしっかりと切る。

(3)フライパンに油を1cm程度入れて140度に熱し、(2)を静かに入れ、麺に隙間ができるように箸で平たく広げる。

(4)じっくりと揚げ、片面がきつね色になったら裏返して揚げる。

(5)両面きつね色になったら、取り出してペーパーに置き、油をしっかりと切る。

(6)(1)を器に盛り、(5)を手で砕きながらのせ、上に温泉卵を落とす。

(7)ドレッシング、粉チーズ、ブラックペッパーを振る。

そうめんは、食べきれなくて残ってしまった前日のものでもOK。その場合は、固まったそうめんを油の中でよくほぐしながら平たくしましょう。

今回はキャベツと玉ねぎとシンプルにしてますが、ちりめんじゃこやツナ缶、ハムなどの動物性のものを加えたり、冷蔵庫にある葉物野菜で作ってもおいしくできます。

温泉卵、冷蔵庫のストックにおすすめですよ~。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ