TOP > グルメ > 一度行けばリピ確実!ご褒美ランチに◎地元民で連日満席の大人気フレンチ(北九州市八幡西区本城)
ビストロ La Barbe(ラ バルブ)

一度行けばリピ確実!ご褒美ランチに◎地元民で連日満席の大人気フレンチ(北九州市八幡西区本城)

家族の転勤で、北九州市に移り住んだ青木うらです。

今回は、「おいしいフレンチを気軽に楽しめる」と地元民が足繁く通う、北九州市八幡西区本城にあるレストランをご紹介します。

多彩なランチが大人気!予約必須のフレンチ「ビストロ La Barbe(ラ バルブ)」(北九州市八幡西区本城)

1999年のオープン以来、地元民に長く支持されるお店『ビストロ La Barbe(ラ バルブ)』。本城から若松に向かう国道199号線沿い、『本城陸上競技場』の手前にあります。

クリーム色の壁にブルーのドアが目印。お店の入口には季節の花が美しく並び、癒し空間となっています。

ビストロ La Barbe 外観

画像:青木うら

店内はカジュアルな雰囲気。ワイン好きなら見入ってしまいそうなワインセラーがありますよ。

ビストロ La Barbe 内観

画像:青木うら

ランチタイムはいつも、地元の人でほぼ満席状態。私自身、以前2回ほど予約なしで訪れたのですが満席で振られ、予約をして今回やっと入店できました。予約必須の人気店です。

人気の理由は多彩なランチメニュー。

フレンチのランチ2種、パスタランチ、カレー2種より選ぶことができます。

ビストロ La Barbe メニュー

画像:青木うら

『バルブランチA』(1,900円、デザート付き2,300円)は、前菜・スープ・パン・魚or肉料理・コーヒーがセット。これに、シェフおまかせパスタ・デザートをプラスした『バルブランチB』(3,000円)もあります。

本日のパスタに前菜・スープ・ガーリックトースト・コーヒーがつく『パスタランチ』(1,900円、デザート付き2,300円)も人気。パスタは2種類用意されていて、お好みでどちらかをチョイス。この日は『イカと小松菜のトマトソース』と『オクラとベーコンのクリームソース』でした。+200円で大盛りにできますよ。

ほか、前菜・コーヒー付きの『和牛肉のカレー』(1,650円、デザート付き2,100円)、『魚介類のカレー』(1,750円、デザート付き2,200円)もあります。

これぞお店の味!コース仕立てのランチに大満足

この日、私は『バルブランチA』、夫は『バルブランチB』を注文。

5分ほどで、自家製ハム、キッシュ、生野菜サラダが盛られた「前菜」が運ばれてきました。

ビストロ La Barbe 前菜

画像:青木うら

キッシュは温かくてふわふわ。ハムは脂身が少なく、塩加減が絶妙、マスタードソースとの相性もバッチリです。

この日のスープは『かぼちゃの冷製ポタージュ』でした。

ビストロ La Barbe スープ

画像:青木うら

クリーム感たっぷりなポタージュスープ。かぼちゃの甘みがおいしさを一層引き立てます。スプーンが止まりませんでした。

フランスパンには発酵バターが添えられています。

ビストロ La Barbe パン

画像:青木うら

夫が注文した『バルブランチB』の『シェフおまかせパスタ』。この日は『ホタテとズッキーニのトマトソース』でした。

ビストロ La Barbe パスタ

画像:青木うら

トマトソースはクリームを加えることで濃厚さが増し、ホタテの風味が際立ちます。

「ものすごくおいしい!」と叫ぶ夫(笑)。食後も「バルブランチBを注文して、本当に良かった」と言うほど、印象的な味となったようです。

『バルブランチA』で選んだ魚料理は『サワラのムニエル、バジルソース』。

ビストロ La Barbe 魚料理

画像:青木うら

サワラは外側カリッ、中はホワッホワな柔らかさ。クリームソースが絡まり食べ応えも十分。

お皿に配された野菜も彩り豊かで美しく、クリームソースに合うよう、野菜それぞれの調理法が違っているのもプロの仕事を感じました。

『バルブランチB』で選んだ肉料理は『豚ヒレ肉のソティ、木の子ソース』。

ビストロ La Barbe 肉料理

画像:青木うら

前菜、パスタを食べて腹八分だった夫にはちょうどよいポーション。

豚ヒレと言えば、揚げて「とんかつ」で食べるのが定番のわが家。フレンチとして、ソティで食べるのはちょっと新鮮です。

バター醤油ソースの絡んだキノコと一緒に食べると、ヒレ肉の味がじゅわっと口内に広がり「旨い!」の一言。

脂肪分が少ない赤身肉でありながら、ジューシーな食感も楽しめることに驚きました。

どれも絶品! 必ず食べてほしいデザート

『ビストロ La Barbe』はデザートも絶品!  ランチはぜひ、デザート付きを選んでほしいです♪

5種類あるデザートメニューから私たちが選んだのは、まず『クレープシュゼット』。

ビストロ La Barbe クレープシュゼット

画像:青木うら

クレープのトッピングは冷たいバニラアイスとブルーベリー、そして温かいオレンジソース。

濃厚なクレープ&アイスにオレンジの甘酸っぱさが効いていて、とてもさわやかな仕上がりでした。

もう1つ選んだ『黒ゴマプリン』は、「ゴマたっぷりですね~!」と叫んでしまうほど黒ゴマで真っ黒(笑)。

ビストロ La Barbe 黒ゴマプリン

画像:青木うら

プリンの上にはカスタード風味のアングレーズソースと黒蜜がかかり、ゴマの香ばしさに負けない濃厚な味わい。

添えられた『しょうがジェラート』は、生姜そのものを食べているような力強いスパイシーさがあり、それがすばらしくおいしかったです。

食後の『コーヒー(ホット/アイス)』はすてきな茶器でいただきます。

ビストロ La Barbe コーヒー

画像:青木うら

コーヒーが苦手な場合は『紅茶(ホット/アイス)』を注文することができますよ。

紅茶はアールグレイ。紅茶用の茶器もとってもかわいい。

ビストロ La Barbe 紅茶

画像:青木うら

大満足なランチとなりました。

「たまにはゆっくり食事をしたいなぁ~♪」というときにぜひ行ってほしいお店です。

私たち夫婦も「次はほかのメニューも食べてみたい!」と近々また訪れる予定(笑)。ぜひ、予約して出かけてくださいね。(文/青木うら)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■ビストロ La Barbe(ラ バルブ)
住所:福岡県北九州市八幡西区本城3453-20 レジデンスあいさか1F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00〜22:00(L.O.20:30)
定休日:月曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/青木うら

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州 #八幡 #ディナー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店