TOP > グルメ > 韓国好きが押し寄せる!映える絶品スイーツ揃いの大人気韓国カフェ(福岡市中央区渡辺通)
neshigan(ネシガン)

韓国好きが押し寄せる!映える絶品スイーツ揃いの大人気韓国カフェ(福岡市中央区渡辺通)

こんにちは! ARNE学生編集部です。これから、学生の視点で福岡のさまざまな情報をご紹介していきます。

今回は、西南学院大学のメンバー4人(桑野・友延・長尾・福澤)で、福岡市中央区渡辺通にある韓国カフェに行ってきました!

“自分の時間”が過ごせる!人気の韓国カフェ「neshigan(ネシガン)」(福岡市中央区渡辺通)

西鉄福岡(天神)駅、地下鉄七隈線・天神南駅と渡辺通駅から、いずれも徒歩で10分圏内、福岡市中央区渡辺通5丁目にある『neshigan(ネシガン)』。

路地裏にある人気の韓国カフェで、おしゃれな看板が目印です。

neshigan(ネシガン) 外観

画像:ARNE学生編集部

店名の『ネシガン』は、韓国語で「私の時間(내 시간)」という意味。「自分の時間を大切にしてほしい」という想いで付けられたそう。

ちなみに韓国では、「#내시간」とハッシュタグを付けて、自分の趣味や癒しなどをSNSに投稿する人も多いそうです。

店内は、白が基調のナチュラルで落ち着いた雰囲気。居心地がよく、いつまでもゆっくり過ごしたくなる空間です。

neshigan(ネシガン) 店内

画像:ARNE学生編集部

席は、1~2人で座る席がほとんどで、奥に1卓だけテーブル席があります。どこで写真を撮っても映えますよ!

neshigan(ネシガン) 店内

画像:ARNE学生編集部

また、店内には、韓国の本、雑貨、文具などがずらり。注文後の待ち時間に見て楽しむのはもちろん、購入もできます。

neshigan(ネシガン) 店内

画像:ARNE学生編集部

オーナーによると、「韓国が好きな人はいろいろなことが好きなので、本、ドラマ、ファッション、“いろいろな韓国”を集めました!」とのこと。

人気韓国ドラマの原作小説なども並んでいます。

neshigan(ネシガン) 店内

画像:ARNE学生編集部

ステッカーやキーホルダーなどの雑貨は、集めたくなるかわいさ!

neshigan(ネシガン) 店内

画像:ARNE学生編集部

本や雑貨などをゆっくり見たければ、狙い目は17時~18時頃。ランチタイム直後の14時~16時頃はお客さんがピークの時間帯で、満席のことも多いそうです。

オーナーに聞いたおすすめスイーツ&ドリンクを実食!

メニューは、コーヒーやエイド、ティーなどのドリンクと、クロッフルなどのスイーツ。メニュー表の価格は「4.0(=400円)」など韓国っぽく表記されています。

neshigan(ネシガン) メニュー

画像:ARNE学生編集部

今回は、オーナーに聞いたおすすめメニューを注文しました。

neshigan(ネシガン) スイーツ

画像:ARNE学生編集部 ※写真手前の『よもぎラテ』は夜カフェ限定メニュー

まずは、クロワッサンとワッフルを掛け合わせた、韓国で人気のスイーツ「クロッフル」を2種類。

こちらは、『クロッフルオレオ』(580円)。

neshigan(ネシガン) クロッフルオレオ

画像:ARNE学生編集部

SNS映えすること間違いなしの見た目! クロッフルはサクサクで、上にのっているバニラアイスやオレオとの相性が抜群です。

こちらは、『クロッフルスペシャル』(680円)。時期によって味が異なり、訪れた日はバナナでした。

neshigan(ネシガン) クロッフルスペシャル

画像:ARNE学生編集部

クロッフルの上には、バニラアイス、パリッとキャラメリゼされたバナナ、クルミ。おいしいだけでなく、さまざまな食感が楽しめるスイーツです。

こちらは、『ネシガンプリン』(560円)と『レモンエイド』(600円)。

neshigan(ネシガン) ネシガンプリン・レモンエイド

画像:ARNE学生編集部

『ネシガンプリン』は、昔ながらの固めプリンで、レトロ感があってかわいい♡ 甘さがちょうどよく、上にのっているクリームやロータスビスケットとあわせて食べても最高です。

『レモンエイド』は、涼し気な見た目で夏にピッタリ! 2層に分かれているので、ゆっくり混ぜて飲んでくださいね。

neshigan(ネシガン) レモンエイド

画像:ARNE学生編集部

こちらは、『抹茶スコーン』(450円)。

neshigan(ネシガン) 抹茶スコーン

画像:ARNE学生編集部

外はサクサク、中はしっとり。甘いホワイトチョコレートと甘すぎない抹茶のバランスが絶妙です!

そのほか焼き菓子は、いろいろなフレーバーのスコーンやバターバーなどが揃っています。

こちらは、毎週水曜日の18時から「夜カフェ」として間借り営業する『香櫨珈琲』の季節限定ドリンク『よもぎラテ』(650円)。

neshigan(ネシガン) よもぎラテ

画像:ARNE学生編集部

韓国でも流行中とのこと。見た目の通り濃厚な味わいですが、くどさはなく、後味スッキリ。暑い日でもゴクゴク飲めるドリンクです。

日韓交流会などのイベントも!

通常の営業は、12時~18時(日曜は19時)ですが、通常営業終了後から22時~23時まで営業する「夜カフェ」や、「日韓交流会」、「読書会」などのイベントも毎週行われています。

「夜カフェ」営業時は、店内の照明が暗くなり、また違った雰囲気が楽しめますよ。

営業予定は、お店のInstagram(@ne_shigan)のハイライトにある「calendar」で確認してください。

「ネシガン」から徒歩1分の場所にも店舗あり!セルフ写真館「sajin(サジン)」も要チェック

『ネシガン』のオーナーは、韓国とアメリカ・LAに特化した留学エージェント『だれでも留学』(天神と博多にオフィスがありますが、ネシガンでカウンセリングしてもらうこともできるそう!)、セルフ写真館『sajin(サジン)』などの事業も手掛けている方。

『sajin』は、『ネシガン』から徒歩1分の場所にある「天神店」と、2023年7月に北九州の魚町にオープンした「小倉店」の2店舗。いずれも予約制です。

何と言っても、本格的な機材を使って自分たちの好きなように写真を撮れるのが魅力!

セルフ写真館「sajin」 機材

画像:sajin ※写真は小倉店

置いてあるグッズも自由に使えます。

セルフ写真館「sajin」 グッズ

画像:sajin ※写真は小倉店

楽しみ方は無限大! 誰にも邪魔されない自分たちだけの空間で、いろいろな写真を撮って楽しんでください♪

ちなみに、「小倉店」は「天神店」より広く、10名以上での撮影も可能だそうです。

カフェもセルフ写真館も、“自分の時間”を楽しみに、ぜひ訪れてみてください。(文/ARNE学生編集部)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■neshigan(ネシガン)
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-15-35 CIELO1階
営業時間:12:00~18:00(日曜19:00)※週に数日、夜カフェ営業あり(詳しくはInstagramで確認を)
定休日:不定

■sajin(サジン)天神店
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通3-8-14watanabe Centi 2B
営業時間:11:00~18:00

■sajin(サジン)小倉店
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-21魚町センタービル地下1階
営業時間:11:00~18:00

※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ARNE学生編集部
neshigansajin天神店sajin小倉店だれでも留学

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#カフェ #スイーツ #韓国
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【博多駅】お土産に◎キャラメルスイーツ

【飯塚】パフェ付きランチが人気のカフェ
【みやま】コスパ最高のステーキランチ