TOP > グルメ > 鶏むね肉やささみが見違える美味しさに!ほったらかし15分で完成の蒸し煮&新食感ポテトサラダ
鶏むね肉のレモンバター蒸しレシピ

鶏むね肉やささみが見違える美味しさに!ほったらかし15分で完成の蒸し煮&新食感ポテトサラダ

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

滝のような汗をかいてキッチンに立っていたのが少し懐かしくなってくるくらい、ようやく少し涼しくなってきましたね。

お財布にやさしい鶏むね肉を使った時短メインと、食べた人みんなが絶賛するサラダをご紹介します。

1:15分で完成!鍋で蒸し煮にするだけ「鶏むね肉のレモンバター蒸し」

材料を鍋に入れてほったらかしで完成する、メイン料理。手間なしですが、しっとりおいしく仕上がります。

レモン蒸し

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
鶏むね肉・・・350g
きのこ(お好きなものをミックスがおすすめ)・・・200g
たまねぎ・・・1/2個
レモン・・・1/2個
ローリエ・・・1枚
バター・・・20g
白ワイン・・・50ml
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・・・小さじ2/3
砂糖・・・小さじ1/4
ブラックペッパー・・・適量

<作り方>

(1)鶏むね肉は分厚いところに斜めに包丁を入れ(観音開きにする)、厚みを均等にして半分に切る。きのこは石づきを取り、ほぐす。たまねぎは1センチ幅のくし切りにする。レモンは薄切りにする。

(2)鶏むね肉全体に塩と砂糖を振り、なじませる。

(3)鍋にたまねぎ、きのこ、鶏むね肉の順番で重ねる。その上に、薄切りにしたレモンをひねって果汁を出し、皮ごと加える。白ワイン、オリーブオイル、バターを加え、ふたをして弱中火にかける(あまり高温で蒸さない)。10分程、蒸し煮にする。

(4)火を消し、そのまま5分ほど放置する(余熱で火を通すイメージ)。

(5)鶏むね肉を食べやすい大きさに切り、器に盛り、上からブラックペッパーを振る。

お肉を均等な厚さにすると、よりパサつきにくくなります。

きのこは以前ご紹介した自家製の冷凍ミックスでも◎(「きのこの冷凍ミックスの作り方」を紹介した記事はこちら)。

2:シャキシャキ食感がクセになる「千切りじゃがいもとささみのマヨサラダ」

食べるとみんな「これ何?」って聞いてくれる、シャキシャキ食感が楽しいサラダです。箸休めや白ワインのお供にぴったり!

じゃがいものサラダ

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
じゃがいも(メークイン)・・・2個(合計180g程度)
ささみ・・・2本
酒・・・大さじ1
塩・・・適量
Aパセリ(みじん切り)・・・大さじ2
Aマヨネーズ・・・大さじ2
A粒マスタード・・・大さじ1/2
A粉チーズ・・・大さじ1/2
Aブラックペッパー・・・適量
酢・・・大さじ1

<作り方>

(1)じゃがいもは皮を剥き、細く千切りにして水にさらす。耐熱容器にささみを入れ、塩少々、酒を加えラップをし、電子レンジ600Wで1分加熱する。裏返してさらに600Wで30秒加熱する。

(2)600㏄の湯に酢を加え、じゃがいもを30秒~1分ほど湯がき(ゆで時間は千切りの太さによって調整してください)、じゃがいもに透明感が出てきたタイミングで水に取る。じゃがいものぬめりをとる。

(3)(2)の水気をペーパーでしっかりと拭きとる。

(4)ささみの粗熱が取れたら細かく裂き、水分を軽く切って(3)と一緒にボウルに入れ、Aを加えて和える。

(5)塩で味をととのえる。

ブラックペッパーをしっかりと効かすと、ピリッといいアクセントになりますよ。パセリもどっさり入れてみて! 千切りはスライサーにお任せすれば楽ちんです。

どちらも簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ