TOP > グルメ > 日本一あま~い!? やみつき必至!夏でも食べたくなる絶品ぜんざい(福岡市博多区上川端町)
川端ぜんざい広場

日本一あま~い!? やみつき必至!夏でも食べたくなる絶品ぜんざい(福岡市博多区上川端町)

こんにちは! 福岡のHOTな情報が大好きなライター、博多あや.です。

今回は、博多の風情が感じられる『上川端商店街』の中で、あま~いぜんざいを堪能できる『川端ぜんざい広場』をご紹介します! 実はここ、1年中「飾り山笠」が見られる穴場スポット。地元の方はもちろん、観光客の方にもおすすめです。

地元民からも観光客からも人気!1年中お祭り気分が味わえる「川端ぜんざい広場」(福岡市博多区上川端町)

地下鉄空港線/箱崎線・中洲川端駅の目の前から『キャナルシティ博多』方向へ向かう約400mのアーケード『上川端商店街』。昔ながらの商店が並び、地元住民はもちろん観光客からも愛される人気スポットです。その一角にあるのが『川端ぜんざい広場』。

川端ぜんざい広場 外観

画像:博多あや.

博多祇園山笠などのイベント日を除き、通常は金・土・日・祝のみの営業です。

川端ぜんざい広場 看板

画像:博多あや.

店頭には持ち帰り用の『川端ぜんざい』(650円)も販売されているので、博多のお土産としてもおすすめ。

川端ぜんざい広場 持ち帰り用川端ぜんざい

画像:博多あや.

イートインの場合は、店内右手の券売機で先払いシステム。

川端ぜんざい広場 食券販売機

画像:博多あや.

『ぜんざい』(1杯650円)のほか、夏季限定(どんたくが終わった5月頃~10月初旬頃)でぜんざいの上にかき氷がのった『氷ぜんざい』(1杯650円)も販売されていますよ。

氷ぜんざい

画像:博多あや.

食券を受付で渡します。

川端ぜんざい広場 受付カウンター

画像:博多あや.

出来上がるのを待っている間に、ぜひ店内を見渡してみてください。

川端ぜんざい広場 店内

画像:博多あや.

上部に飾られている舁き棒(かきぼう)は八番山笠(走る飾り山笠)のもの。日田杉を使用していて、1本の重さは80kgにもなるそうです。各流の手ぬぐいも飾ってありました。

川端ぜんざい広場 店内(壁面)

画像:博多あや.

タイルに描かれているのは当番法被(一名長法被)といい、山笠の儀式などの際に着用する山笠の礼服の柄。所属が分かるよう、各町別にデザインが違います。

川端ぜんざい広場 店内(壁面)

画像:博多あや.

そして、天井にまで届きそうなほど高い見事な「八番山笠上川端通」。いずれも常時展示してあり(※)、1年中山笠を感じることができます。 ※飾り山笠は、山笠の期間中は店内ではなく商店街に飾られます

川端ぜんざい広場 八番山笠上川端通

画像:博多あや.

お茶はセルフで。湯のみにも川端ぜんざいのロゴが入っていて風情を感じます!

川端ぜんざい広場 セルフコーナー

画像:博多あや.

日本一あま~い!博多名物「川端ぜんざい」

こちらが、名物の『川端ぜんざい』(650円)です。中には焼きたてのお餅がコロンと2つ入っています。

川端ぜんざい

画像:博多あや.

北海道産の大納言小豆を使用した、粒感の残るぜんざい。口中に広がる小豆の風味と甘さがたまりません!

“日本一甘い”とも言われている『川端ぜんざい』ですが、甘ったるい……といった感じはなく、ホッと体に染みるような味。やみつきになります。

お餅

画像:博多あや.

箸休めのたくわん。ぜんざいと交互に食べると最高においしかったです♪

たくわん

画像:博多あや.

暑い夏でも不思議と食べたくなる! 博多に来たら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。(文/博多あや.)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■川端ぜんざい広場
住所:福岡県福岡市博多区上川端町10-256
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜、火曜、水曜、木曜 ※山笠期間(7月1日~14日)は毎日営業
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/博多あや.

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#博多区 #スイーツ #和スイーツ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ