TOP > グルメ > 350円の“福岡が誇るソウルフード”!具がたっぷりのジューシー手づくり「ハンバーガー」【古後大輔の福岡パンライフ#32】

350円の“福岡が誇るソウルフード”!具がたっぷりのジューシー手づくり「ハンバーガー」【古後大輔の福岡パンライフ#32】

2020.07.27

ぱんにちは〜! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は福岡が誇る永遠の青春ソウルフードをご紹介します。

目指すは西公園の展望台にあるレトロかわいいキッチンカー!

画像:シティ情報ふくおか

西公園の『今屋』のホットドッグ(ハンバーガーとメニューにあるがここではホットドッグと呼ばせていただきたい)といえば、福岡っ子なら誰もが一度は通る青春の味。安くて、うまくて、ボリューム満点。いつでも元気をくれるパーフェクト・ソウルフードだ。

できるだけ手づくりとからだに良い食材にこだわる店主・今崎さんが店を営んでもう44年。74歳となった今も現役バリバリ。次からつぎに入る注文をテキパキとさばいていく。

画像:シティ情報ふくおか

『今屋』がある展望台から臨む博多湾の景色は絶景! この景色も『今屋』のごちそうのひとつ。近くにはトイレや飲食店もある。散歩がてら来るのも最高に気持ちいい場所だ。

時代は変われど、「今屋」は変わらない。真心こもった“最幸”のおもてなし!

画像:シティ情報ふくおか

店は今崎さんがひとりで切り盛りしているので、混雑時は順番待ちになることも。

画像:シティ情報ふくおか

気持ちいい景色を眺めながら、ベンチに座ってゆっくりと待とう。

画像:シティ情報ふくおか

ちなみに、事前電話予約注文もできるので、急ぎの場合は予約を(多忙時には電話に出られない場合あり)。

画像:シティ情報ふくおか

『今屋』といえば、名物はなんといってもふっくらジュ〜シ〜なこの手づくりハンバーグ。

画像:シティ情報ふくおか

注文ごとに、一つひとつ丁寧に焼き上げてくれる。

画像:シティ情報ふくおか

画像:シティ情報ふくおか

今崎さんの愛情がたっぷりと入った、やみつきになる味わい。パリッと焼いたパンは近くの『唐人ベーカリー』のものだ。

福岡っ子の青春ホットドッグよ、永遠なれ!

画像:シティ情報ふくおか

(上)一番人気の『フランクエッグチーズ』(500円)。

画像:シティ情報ふくおか

(上)シンプル・イズ・ベストな『ハンバーガー』(350円)。

画像:シティ情報ふくおか

(上)肉好きにおすすめ『ミックスバーガー』(400円)。

画像:シティ情報ふくおか

いずれもベースとしてキャベツとミンチ肉を炒めた具がたっぷり。

「値段はずっと変えとらんよ。子どもや学生さんもいっぱい来るしね」。この価格でこの内容を40年以上続けているとは「あっぱれ!」のひとこと。

画像:シティ情報ふくおか

「もう通いはじめてかなりになるね。夫婦で来るのを楽しみにしていてね。いつもこうやって(持参のコーヒー&マグカップで)最高に味わえるための準備をしてくるんですよ」。仲睦まじい常連のご夫婦がしみじみと語ってくれた言葉が『今屋』のすべてを表していた。

「今屋の味には誠意がある」。今崎さんの真心と魂の結晶。西公園の名物ソウルフードよ永遠なれ!(文/古後大輔)

<店舗詳細>
今屋
住所:福岡市中央区西公園13-13 西公園展望台
詳細は今屋

【参考・画像】

※古後大輔

※シティ情報ふくおか

この記事は公開日時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

“パンの顔つき”が違う!愛されるまちのパン屋『BAKERY タツヤ』へ【古後大輔のふくおかパンライフ#16】

マスクの悩み第1位「息苦しさ」をケア!清涼感をゲットする簡単な方法とは?【バリはやッ!ZIP!】

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)