TOP > グルメ > 予約が取れない人気焼肉店! “前日要予約の意外な丼も必食”おすすめメニュー大公開(福岡市中央区平尾)
炭火焼肉バル AGITO HIRAO(アギト ヒラオ)

予約が取れない人気焼肉店! “前日要予約の意外な丼も必食”おすすめメニュー大公開(福岡市中央区平尾)

こんにちは。グルメを中心に福岡の情報をゆるっと発信している『ちひログ』です。

今回は、福岡市中央区平尾にある大人気の焼肉店をご紹介します。

平尾の人気焼肉店「炭火焼肉バル AGITO HIRAO(アギト ヒラオ)」(福岡市中央区)

西鉄「平尾」駅から徒歩約2分の場所にある『炭火焼肉バル AGITO HIRAO(アギト ヒラオ)』。

2018年4月にオープンして以来、店主の確かな目利きと、オリジナルの創作料理が評判を呼び、なかなか予約の取れない人気店です。

AGITOHIRAO:外観

画像:CHIHIRO

店内へ入ると、カジュアルに炭火焼肉を楽しめるオシャレなカウンター席があります。

AGITOHIRAO:カウンター席

画像:CHIHIRO

ゆっくりとくつろげるソファー席もありますよ。

AGITOHIRAO:ソファー席

画像:CHIHIRO

イタリアンテイストのメニューも登場!おすすめメニューを紹介

焼肉メニューはもちろん、サイドメニュー、デザート、ドリンクまで、どこまでも丁寧にこだわったクオリティーの高いメニューに、訪れるたびに驚かされています。

今回訪れた際には、新メニューが登場していました! 定番のおすすめメニューと合わせて、今回注文したメニューをご紹介していきます。

すごい厚切りタン

必ず注文するのが『すごい厚切りタン』(3,289円)。

私が今まで食べたタンの中でも、圧倒的にやわらかな食感です。

AGITOHIRAO:すごい厚切りタン

画像:CHIHIRO

余計な部分はすべて削ぎ落とし、タン元の希少な部分だけを贅沢に使用。ふかっとやわらかな弾力がたまりません。

AGITO HIRAO:厚切りタン

画像:CHIHIRO

このクオリティーでこの価格はありえない、サービスメニューなのだそう!

アギトのメンチカツ

新メニューの『アギトのメンチカツ』(759円)。

焼肉店が厳選した上質な牛肉を100%使用。繋ぎを一切使用していない、肉肉しさ満点のメンチカツです。

AGITOHIRAO:メンチカツ

画像:CHIHIRO

肉の旨みが引き立つように味付けも控えめに。一口頬張ると、肉のジューシーな旨みが口いっぱいに広がります。

「大きなメンチカツを頬張る喜びを、めいっぱい味わってほしい!」という店主の思いが伝わるメニュー。そのボリューム感も魅力です。

牛サガリのレアカツ

こちらは『牛サガリのレアカツ』(1,419円)。

このメニューにサガリを使う理由は、揚げ物に適していて、厚切りにしてもやわらかく楽しめるからなのだそう。

AGITOHIRAO:牛サガリのヒレカツ

画像:CHIHIRO

サガリの旨みをギュッと感じられる、感動もののおいしさでした。

和牛炙り刺し

特選和牛赤身を炭火で炙って、たたきに仕上げた『和牛炙り刺し』(1,529円)。

味が濃くてさっぱりとした部位「クリミ」を、刺身醤油で楽しみます。

AGITOHIRAO:和牛炙り刺し

画像:CHIHIRO

クセになる味わいで、リピートしたくなるおいしさです。

ガーリックシュリンプサラダ

『アギト ヒラオ』には、エビを楽しめるメニューが多く、現在は上質なエビのおいしさを生かしたサラダが登場しています。

新作の『ガーリックシュリンプサラダ』(1,309円)は、キッチンで調理しているときから、食欲をそそる香りがテーブルまで届き、期待が高まる一品でした。

AGITOHIRAO:ガーリックシュリンプサラダ

画像:CHIHIRO

ぷりぷりの存在感あふれるエビの旨みと、シャキシャキの新鮮な野菜がたまらない、極上のおいしさでした。

生海老の焦がしマヨ

こちらも一度は食べてほしいエビメニュー『生海老の焦がしマヨ』(1,529円)。

ぷりぷりっとしたエビの食感と、まろやかで香ばしい焦がしマヨネーズ、特製ソースの相性が抜群です。

AGITOHIRAO:生海老の焦がしマヨ

画像:CHIHIRO

実はこちらのメニューは、グルメ通の店主がとある高級回転寿司店を訪れた際に、感動した寿司からインスピレーションを得た一品なのだとか。

やみつきになること間違いなしの味わいですよ。

AGITOHIRAO:生海老の焦がしマヨ

画像:CHIHIRO

希少部位おまかせ4種盛り

その日おすすめの希少部位を堪能できる『希少部位おまかせ4種盛り』(並:各種2枚ずつ2,959円・大:各種3枚ずつ4,499円)。

この日は『カイノミ』、『シンシン』、『クリミ』、『ランプ』でした。

カルビの一種である『カイノミ』は、サシが入っているけれどさっぱりとしたやわらかな肉感!

『シンシン』は、もも肉の中でもかなりやわらかい部位で、厚切りにしてもやわらかく楽しめるのだそう。

AGITOHIRAO:希少部位おまかせ4種盛り

画像:CHIHIRO

腕のお肉『クリミ』は、サシが入っているものの脂がさっぱりしていて濃厚な味わい。

お尻のお肉『ランプ』は、やわらかくてあっさり楽しめて、店主も特別好きな部位なのだそう!

海老とキノコのアヒージョ・セセリと長ネギのアヒージョ

イタリアンテイストの新メニューも注目です。

『セセリと長ネギのアヒージョ(バケット付き)』(1,089円)は、大きくカットされたセセリと長ネギが相性抜群の風味豊かな一品。

AGITOHIRAO:セセリと長ネギのアヒージョ

画像:CHIHIRO

『海老とキノコのアヒージョ(バケット付き)』(1,199円)は、大きくて弾力のあるエビとキノコの存在感に驚かされる一品。

旨みがつまったオイルを、バケットに付けて食べてもおいしいですよ。

AGITOHIRAO:

画像:CHIHIRO

盛岡冷麺

そして感動したのが、初めて食べた〆メニュー『盛岡冷麺』(レギュラー1,199円・ハーフ869円)。

肉系と魚介系、ダブルでとったダシを使用したスープは、濃厚な旨みが口いっぱいに広がりつつも、あっさりと楽しめます。

AGITOHIRAO:盛岡冷麺

画像:CHIHIRO

盛岡から直送された風味豊かな麺も◎。

思わず「冷麺だけでも食べに行きたい!」と唸ってしまうほどの逸品でした。

焼肉屋の海鮮丼

前日までの要予約メニュー『焼肉屋の海鮮丼』(2,189円)。

ウニ、エビ、ホタテ、いくら、和牛が贅沢にのった、アギトへ訪れたらハズせない丼です。まるで高級料亭を訪れたかのようなクオリティー!

AGITO HIRAO:焼肉屋の海鮮丼

画像:CHIHIRO

具材の下は、海苔、ごま、大葉の混ぜご飯になっています。

AGITOHIRAO:焼肉屋の海鮮丼

画像:CHIHIRO

ぜひ予約しておでかけくださいね。

恭ちゃんの肉吸い

こちらも感動したメニュー『恭ちゃんの肉吸い』(759円)。

シェフの新地さんが牛すじを使用したメニューを考案し、それがあまりにもおいしかったことから、新地さんの名前「恭ちゃん」が入ったメニュー名になったのだそう。

AGITOHIRAO:きょうちゃんの肉吸い

画像:CHIHIRO

やわらかな牛すじと旨みたっぷりのおダシは、まさに感動ものです!

一度食べると忘れられない感動の味に出会える焼肉店。ぜひ足を運んでみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■炭火焼肉バル AGITO HIRAO(アギト ヒラオ)
住所:福岡県福岡市中央区平尾2-15-1
営業時間:17:00(土・祝は16:00)~25:00
定休日:月曜、日曜(不定休あり)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡市中央区 #ディナー #肉料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店