TOP > グルメ > 【天神ランチ】非豚骨スープの人気店!“最後の一滴まで残したくない”絶品醤油ラーメン(福岡市)
麺屋最後の一滴 醤油ラーメン

【天神ランチ】非豚骨スープの人気店!“最後の一滴まで残したくない”絶品醤油ラーメン(福岡市)

こんにちは。ラーメンが大好きなゆりちゃんです。

今回は、福岡市中央区天神にある、絶品スープのラーメン屋さんをご紹介します。

こだわり満載の鶏ガラスープ×香味油×醤油ダレで作る「醤油ラーメン」と「油そば」が楽しめる「麺屋最後の一滴」(福岡市中央区天神)

地下鉄空港線・天神駅から徒歩5分、親不孝通り沿いのビル1階にある『麺屋最後の一滴』。

2022年11月にオープンした、話題の“非とんこつ”ラーメン店です。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

看板メニューは、「カツオ」「エビ」「オレンジ」「オレンジと貝」の4種の『醤油ラーメン』(800~900円)と、「カツオ」「エビ」「オレンジ」の3種の『油そば(煮卵付き)』(各900円、1.5玉950円)。

国産の鶏ガラと鶏油、日高昆布を炊き上げた鶏ガラスープを基本に、素材の旨みを活かした香味油、ホタテ貝柱を漬け込んだ醤油ダレを組み合わせ、化学調味料・食品添加物・保存料などを使わずに作り上げるこだわり満載のラーメン。

子どもでも安心して“最後の一滴”までスープを飲み干せるという逸品なんです。

店内はカウンター10席のみ。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

タッチパネル式の券売機で食券を購入します。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

最後の一滴までおいしい絶品スープ!話題の看板メニュー「醤油ラーメン カツオ」を堪能♡

今回注文したのは、一番人気の『醤油ラーメン カツオ』(800円)。チャーシュー2枚、ネギ、メンマ、海苔、鰹節がトッピングされていて、私は「煮卵」(100円)を追加しました。

さらに、「ネギ」(100円)、「チャーシュー2枚」(150円)、「メンマ」(150円)を追加でトッピングすることもできます。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

店主の出身だという鹿児島県枕崎市で獲れたカツオの乾物を贅沢に使って抽出した、カツオの旨みたっぷりの香味油が味の決め手。

甘みを活かした特製醤油で仕上げてあり、やさしく深みのある味わいの絶品スープです。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

醤油ラーメンの概念を覆す、まさに唯一無二の味!

麺は京都の老舗『麺屋棣鄂(ていがく)』の中太ストレート麺が使われています。適度なモチモチ感があり、すすったときの喉越しも最高です。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

チャーシューは大判で柔らかく、まるでローストビーフを食べているような感覚でした。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

煮卵の半熟の黄身と一緒に口に含めば、至福の時間に包まれます。

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

気付いたら、本当に“最後の一滴”まであっという間に完食していました!

麺屋最後の一滴

画像:ゆりちゃん

飲み干しても足りないくらいおいしかったです。

スープがなくなり次第終了なので、早めの来店がおすすめ。

ここでしか味わえない絶品スープのラーメンを、ぜひ体験してみてくださいね♪(文/ゆりちゃん)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■麺屋 最後の一滴
住所:福岡県福岡市中央区天神3-4-15 天神バッカス館102
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜21:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ゆりちゃん

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#天神 #ラーメン #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ