TOP > グルメ > 見た目は地味だけどこれが美味しい! “常備菜・お弁当・おつまみに大活躍”簡単「ナムル」2品
中願寺あゆみナムルレシピ

見た目は地味だけどこれが美味しい! “常備菜・お弁当・おつまみに大活躍”簡単「ナムル」2品

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

韓国料理のおかずの定番「ナムル」。さっとゆでた野菜や山菜などを、ごま油などの調味料で和える手軽な料理なので、あと一品にも便利ですよね。

今回は、フライパンを使った「見た目は地味だけどやめられない」ナムルをご紹介します。

野菜の旨みを、ごまとごま油の香りが格上げしてくれますよ。多めに作って常備菜、おつまみとしてもおすすめです。

1:黒ごまの香ばしさがピッタリ!「じゃがいもの黒ごまナムル」

じゃがいもの口当たりと、にんにくと黒ごまの香りがよく合います。ついつい食べちゃう副菜です。すぐにできるので、お弁当に隙間ができてしまったときにも活躍しますよ。

じゃがいものナムル

画像:中願寺あゆみ

【材料】(作りやすい量)
新じゃがいも・・・中2個(200g)
黒すりごま・・・大さじ1.5
ごま油・・・大さじ1/2
酒・・・大さじ1/2
鶏ガラスープの素(顆粒)・・・小さじ1/3
塩・・・少々
にんにく(すりおろし)・・・少々

<作り方>

(1)新じゃがは皮をたわしなどできれいに洗い、細切りにする。

(2)フライパンにごま油を引き火にかけ、(1)をさっと炒め、酒を加えて30秒~1分程度蒸し焼きにする。

(3)鶏ガラスープの素、塩で味をととのえる。

(4)火を消し、にんにく、黒すりごまを順番に混ぜ合わせる。

じゃがいもは、少しシャキシャキとした食感が残るように仕上げてみてください。新じゃがではない場合、皮をむいて使ってくださいね。

2:食感とあふれ出る旨みで箸が止まらない!「焼ききのこのナムル」

きのこをじっくり焼くと本当においしいんです。見た目は地味ですけどね! シンプルな味つけで、きのこのポテンシャルを感じてください。きのこが安いときにたくさん作っても、すぐ食べちゃいますよ~。

きのこナムル

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
好きなきのこ(えのき・エリンギ・まいたけなどミックスがおすすめ)・・・200g(可食部)
にんにく(すりおろし)・・・少々
白ごま・・・大さじ1/2
白すりごま・・・大さじ1/2
塩・・・ふたつまみ
しょうゆ・・・小さじ1/2
ごま油・・・大さじ1/2

<作り方>

(1)きのこは石づきを取り、食べやすい大きさにほぐしたり切ったりする。

(2)フライパンに油を引かずにきのこを広げて入れ、塩を振って中火にかける。あまり触らずじっくり焼き付けて水分を飛ばす。

(3)きのこの水分が抜けて表面がカラカラになったら、にんにくとごまを加え、しょうゆ、ごま油で和える。

きのこはこんなに入れて大丈夫?と心配になるかもですが、かさが減るので大丈夫ですよ。写真のような感じで、表面が茶色に色づいてカリッとするくらいまで水分を抜いてください。干しシイタケのような深い味わいが出て、歯ごたえもよくなります。即席ラーメンのトッピングにもおすすめ。

きのこ

画像:中願寺あゆみ

おいしい野菜はシンプルな調理と味付けがベスト! ぜひ作ってみてくださいね。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【博多駅】お土産に◎キャラメルスイーツ

【飯塚】パフェ付きランチが人気のカフェ
【みやま】コスパ最高のステーキランチ