TOP > グルメ > 韓国屋台の定番「ホットク」の専門店が天神に!もっちり食感の大満足スイーツ(福岡市中央区)
モグ子

韓国屋台の定番「ホットク」の専門店が天神に!もっちり食感の大満足スイーツ(福岡市中央区)

こんにちは。福岡のHOTな話題が大好きなライター、Aya.です。

グルメやアーティストなど、身近に感じる機会も多い“韓国”。流行というよりも、身近なものとして根付いてきていると言っても過言ではないですよね。

今回ご紹介するのは、そんな韓国の屋台で人気のスイーツ「ホットク」の専門店です!

オリジナルのイラストもかわいい!日本風アレンジで食べやすいホットク専門店「モグ子」(福岡市中央区天神)

福岡市中央区天神3丁目に2023年3月30日にオープンした、ホットク専門店『モグ子』。

地下鉄「天神」駅の改札を出て、天神地下街を北へ。『フタタ・ザ・フラッグ天神』のほうへ進み、「西1」出口から出て徒歩2分ほどの場所にあります。

モグ子 外観

画像:Aya.

「ホットク」は、もっちりとした食感が特徴。「ハットグ」も有名な韓国グルメですが、これはまた別物です。

このお店では、福岡県産の小麦や熊本県産のもち粉を使用した、日本人の味覚に合うように作られた“ジャパニーズホットク”が楽しめますよ。

モグ子 看板

画像:Aya.

そんな『モグ子』のコンセプトは、“福岡の街を楽しく幸せにしたい”。

オーナーの甲斐田さんが韓国を訪れた際に食べたホットクのおいしさと、食べ歩きしている人が楽しそうに幸せそうに歩いている姿に感動し、福岡の街でも楽しく幸せに歩く方が増えれば……との気持ちを込めてホットク専門店をオープンさせたそうです。

ピンクを基調とした明るい店内には、キュートなイラストが満載! テイクアウトがメインですが、店内のイスが空いていればその場で食べることもできます。

モグ子 店内

画像:Aya.

なんとこちらのイラスト、オーナーのお父様が描かれたそう。あまりのかわいさにたくさん写真を撮ってしまいました♪

手書きのメニューもあたたかみがあり、ステキです。ホットクのほか、ピンス(韓国のかき氷)と甘酒スムージーも数種類ずつ揃っています。

モグ子 メニュー

画像:Aya.

スイーツ系から食事系までさまざま!「モグ子」のメニュー

ホットクの種類は、スイーツ系から食事系のメニューまでさまざま。全部で10種類前後あります。注文してから焼き上げてもらえ、その様子はカウンター越しに見ることができますよ♪

モグ子 ホットク 作る様子

画像:Aya.

出来たてのホットクは持てないほど熱いので、火傷に気を付けて食べましょう。袋にもイラストが描かれていて、SNS映えにもぴったりです。

モグ子 ホットク

画像:Aya.

オーナーおすすめの“ジャパニーズホットク”を実食!

今回は、オーナーおすすめの『りんごホットク』(500円)と『つくだにホットク』(500円)をいただきました。

こちらは、スイーツ系メニューの『りんごホットク』(500円)。

モグ子 りんごホットク

画像:Aya.

甘く煮た長野県産のりんごがたっぷりと入っていて、アップルパイのような感覚でいただけます。おまんじゅうよりも弾力があって、お餅のようには伸びない、なんとも絶妙な食感がクセになります。

大判サイズでボリュームがありながらも、あまりのおいしさに何個でもいけちゃいそう!

こちらは、お食事系メニューの『つくだにホットク』(500円)。

つくだにホットク

画像:Aya.

いろんな佃煮を食べて行きついたという金沢のものを使用。ぎんぽ白魚、川海老などが入った濃いめの味で、もっちり生地との相性も抜群です。

オーナーをはじめスタッフの方もとても明るくてアットホームな雰囲気。ホットクのおいしさはもちろんのこと、明るく楽しく幸せになれるような、そんなステキなお店でした。

現在100種類を超えるメニューを考案中とのことで、今後は日替わりメニューの提供もしていきたいとのことでしたよ。楽しみですね!(文/Aya.)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■モグ子
住所:福岡市中央区天神3丁目14-2「公健ビル2」1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/Aya.

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#天神 #スイーツ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ