TOP > グルメ > 糸島エリアの新名所「いとLab+」にオープン!六本松の人気店「ろっぽんぽん」2号店(福岡市西区九大新町)
糸島のろっぽんぽん

糸島エリアの新名所「いとLab+」にオープン!六本松の人気店「ろっぽんぽん」2号店(福岡市西区九大新町)

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、2023年4月8日にオープンした『糸島のろっぽんぽん』をご紹介します!

話題の新スポット「いとLab+」にオープン!六本松の人気店「ろっぽんぽん」の2号店「糸島のろっぽんぽん」(福岡市西区九大新町)

福岡市西区九大新町にオープンした話題の施設『いとLab+(いとラボ・プラス)』。商業棟(蔦屋書店棟)、研究開発棟、住居棟、店舗棟からなる“新しい街”です。

今回ご紹介する『糸島のろっぽんぽん』は、商業棟(蔦屋書店棟)の『九大伊都 蔦屋書店』の中にオープンしました。

糸島のろっぽんぽん

画像:chippachapus

福岡市中央区六本松にある『ろっぽんぽん』の2号店で、名物の『たいもち』(下の写真)をはじめ、2号店でしか食べることができないメニューも登場しています。

糸島のろっぽんぽん たいもち

画像:chippachapus ※特別に近くで撮影させていただきました。

基本的にはテイクアウトですが、お店の前に置いてあるテーブルと椅子を利用することもできます。また、一部商品を除いて、蔦屋書店内の飲食スペースで食べることもできますよ。

糸島のろっぽんぽん テーブルと椅子

画像:chippachapus

外はカリッ、中はもちっ!鯛の形がかわいい看板商品「たいもち」

『ろっぽんぽん』といえば、鯛の型で焼いた焼き餅『たいもち』が人気。

今では県外からのお客さんも多く訪れるそうで、福岡の新名物となっています。

4種類の味があり、左上から時計回りに『ほうじ茶』(230円)、『抹茶』(250円)、『シナモン』(220円)、『プレーン』(200円)です。

糸島のろっぽんぽん たいもち

画像:chippachapus

生地は、石臼挽きした餅粉と米粉をブレンドしているそうです。

糸島のろっぽんぽん たいもち

画像:chippachapus

これを専用の型でじっくり焼き上げたら完成!

焼いているところは、ガラス窓越しに見ることができますよ。

糸島のろっぽんぽん たいもち

画像:chippachapus ※特別に近くで撮影させていただきました。

1つずつ紹介していきますね。

『プレーン』は、お米が炊きあがったときのような良い香りとサクッ&もちっとした食感がたまりません。特に外側はおこげのような香ばしい味わいも。

糸島のろっぽんぽん たいもち(プレーン)

画像:chippachapus

中には、北海道産の小豆を使用した自家製あんこがたっぷり入っています。

粒感のあるあんことサクもち生地が相性抜群! クセになってしまうおいしさでした。

糸島のろっぽんぽん たいもち(プレーン)

画像:chippachapus

『抹茶』は、お茶の名産地「八女」の抹茶を贅沢に生地に練り込んでいるそう。

糸島のろっぽんぽん たいもち(抹茶)

画像:chippachapus

茶葉本来の風味がふわっと広がり、中のあんこの甘さや食感がよく合っていました。

糸島のろっぽんぽん たいもち(抹茶)

画像:chippachapus

『ほうじ茶』は、粉末のほうじ茶がたっぷり練り込んであるので、食べた瞬間にほうじ茶の香りや味がダイレクトに感じられました。

糸島のろっぽんぽん たいもち(ほうじ茶)

画像:chippachapus

食べ進めるにつれて、ぐぐっと広がる茶葉の風味が良かったです。

糸島のろっぽんぽん たいもち(ほうじ茶)

画像:chippachapus

最後は、『シナモン』。

糸島のろっぽんぽん たいもち(シナモン)

画像:chippachapus

あっさりした味わいですが、シナモンの独特な風味とあんこの甘さがどちらもしっかり活かされたおいしさでした。

糸島のろっぽんぽん たいもち(シナモン)

画像:chippachapus

驚くほどたっぷりのきな粉!もちもち食感がたまらない「きなこたいもち」

こちらは、六本松店でも人気の『きなこたいもち』(500円)。『たいもち』が見えなくなるほどたっぷりときな粉がまぶしてあります。

糸島のろっぽんぽん きなこたいもち

画像:chippachapus

きなこの中に隠れているのは、茹でた『たいもち』。

糸島のろっぽんぽん きなこたいもち

画像:chippachapus

もちもち食感ときなこの香ばしさ、あんこの甘さが相性抜群でした。

糸島のろっぽんぽん きなこたいもち

画像:chippachapus

出来立ての「たいもち」にひんやりバニラアイスが最高!糸島店限定の「たいス」

糸島店限定で、『たいもち』とアイスをセットにした『たいス』が新しく登場しています。

『たいもち』がプレーンの場合は500円、写真は『抹茶たいス』(550円)、『シナモンたいス』(520円)です。

糸島のろっぽんぽん たいス

画像:chippachapus

食べ方は自由ですが、大胆にアイスにつけて食べるのがおすすめ!

出来立ての温かい『たいもち』にひんやりアイスがよく合い、アイスでより甘さが増した贅沢な味わいを楽しめました♪

糸島のろっぽんぽん たいス

画像:chippachapus

スプーンもあるので、アイスを少しずつのせて食べるのも良いですね。

糸島のろっぽんぽん たいス

画像:chippachapus

これから暖かくなる時期にもぴったりなスイーツでしたよ。

甘辛い特製タレ×スパイシーな味わいがヤミツキに!唐揚げ・揚げ餅・お芋が一度に味わえる「大学チキン」

こちらも糸島店限定のメニュー『大学チキン』(600円)。『いとLab+』の近くに『九州大学伊都キャンパス』があり、学生さんの利用も多いことから名付けたそうです。

特製タレとブラックペッパーで味付けした唐揚げ・揚げ餅・お芋の3種類の組み合わせ。

糸島のろっぽんぽん 大学チキン

画像:chippachapus

唐揚げはカリッとジューシーで、スパイシーな味付けがヤミツキになりました。

特製タレには生姜も混ぜてあるので、後味はさっぱり。ちょっと小腹が空いたときにもぴったりなメニューでした。

糸島店でしか味わえないメニューはもちろん、定番メニューも六本松の店舗とはまた違った雰囲気で楽しむことができます。

ぜひ、糸島観光やドライブと合わせて足を運んでみてくださいね♪(文/chippachapus)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■糸島のろっぽんぽん
住所:福岡市西区九大新町5-1 「いとLab+九大伊都 蔦屋書店」内
営業時間:10:00~なくなり次第終了
定休日:木曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#糸島 #スイーツ #ニューオープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ