TOP > グルメ > あまおう約1パック使用の贅沢パフェが1,500円以下!「道の駅むなかた」近くのおしゃれカフェ(宗像市)
Carameliser(キャラメリゼ)

あまおう約1パック使用の贅沢パフェが1,500円以下!「道の駅むなかた」近くのおしゃれカフェ(宗像市)

こんにちは! 福岡のカフェをInstagramで紹介しているhicho_cafeです。

今回は、まるで花束みたいに美しい「いちごパフェ」を食べられるお店を紹介します。

「道の駅むなかた」から車で約2分!“週末だけ営業”住宅街にひっそりと佇むカフェ「Carameliser(キャラメリゼ)」(宗像市)

宗像市江口、『道の駅むなかた』から車で約2分の場所にある『Carameliser(キャラメリゼ)』。

水色の看板が目印のカフェです。

Carameliser(キャラメリゼ) 看板

画像:hicho_cafe

店内は、ドライフラワーに囲まれたうっとりとする空間。

カウンター席もあり、1人でも気軽に行きやすい居心地のいいお店でした。

Carameliser(キャラメリゼ) 店内

画像:hicho_cafe

外には、ワンちゃんと一緒に過ごせるテラス席もあります。ワンちゃんと一緒に利用する場合はいくつかルールがあるので、公式のInstagram(@carameliser.2016)で確認してくださいね。

Carameliser(キャラメリゼ) テラス席

画像:hicho_cafe

また、店内では、ワンちゃんの洋服も売られていましたよ。

Carameliser(キャラメリゼ) 犬用の洋服

画像:hicho_cafe

数量限定!あまおうが約1パック使われた贅沢な「苺のブーケパフェ」

まず注文したのが、『苺のブーケパフェ』(1,480円)。名前の通り、花束のように美しいパフェなんです♪

Carameliser(キャラメリゼ) 苺のブーケパフェ

画像:hicho_cafe

見るからにいちごがたっぷり♡ お店の方に聞いてみると、なんとあまおうが約1パック使われているんだそうです!

Carameliser(キャラメリゼ) 苺のブーケパフェ

画像:hicho_cafe

中には、生クリーム、いちごのソース、スポンジケーキが入っています。甘さ控えめな生クリームと甘酸っぱいいちごの相性が抜群!

見た目もかわいく、ボリューム感もあって大満足のパフェでした♪

Carameliser(キャラメリゼ) 苺のブーケパフェ

画像:hicho_cafe

『苺のブーケパフェ』は、4月末までの提供予定。人気商品のため予約なしでは食べられないこともあるのでご注意ください。

イートイン、テイクアウトどちらもOK!人気No.1の「塩キャラメルプリン」

続いて、メニューを見て気になった人気No.1のメニューも注文することに。

それが、こちらの『塩キャラメルプリン』(380円)。オープン当初から人気のメニューなんだそうです。

Carameliser(キャラメリゼ) 塩キャラメルプリン

画像:hicho_cafe

甘さ控えめでとろとろ食感のプリン。ペロリと食べてしまうおいしさでした。

Carameliser(キャラメリゼ) 塩キャラメルプリン

画像:hicho_cafe

テイクアウトも可能です。テイクアウトの場合は、キャラメルが別添えしてあるので、食べる直前に自分でかけることができます。

Carameliser(キャラメリゼ) 塩キャラメルプリン

画像:hicho_cafe

手土産に喜ばれること間違いなし!

プリンのほか、ケーキなども販売されていましたよ(イートインもテイクアウトも可能)。

お店には保冷剤や保冷バッグがないので、テイクアウト希望の方は持参してくださいね♪

Carameliser(キャラメリゼ) ショーケース

画像:hicho_cafe

ドライフラワーに囲まれた店内で、花束みたいなパフェやおいしいスイーツを食べてみませんか?(文/hicho_cafe)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■Carameliser(キャラメリゼ)
住所:福岡県宗像市江口1395
営業時間:(金曜)11:30~16:00(土日祝)11:30~17:00
定休日:月曜~木曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/hicho_cafe

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#グルメ #スイーツ #いちご
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ