TOP > グルメ > 【小倉ランチ】スープ・サラダのセットにしても980円!20種以上から具材を選べるサンドイッチ(北九州市)
L’ami(ラミ)

【小倉ランチ】スープ・サラダのセットにしても980円!20種以上から具材を選べるサンドイッチ(北九州市)

家族の転勤で、北九州市に移り住んだ青木うらです。

北九州市に住み始めて2年、少しずつ自分のお気に入りのお店を見つけられるようになってきました。

小倉エリアに出かけたとき、いつもどこに行こうか迷ってしまう1人ランチ。

なんとなく求めてしまうのが、(1)清潔(2)カフェのように居心地がよい(3)おいしい定食っぽいセットメニューがある(4)1,000円前後であればさらにうれしい、というようなお店。

今回ご紹介するのは、そんなすべての条件を満たすお店。北九州市小倉北区魚町にあるフランス料理店です。

“フランスの日常”を感じられるレストラン「L’ami(ラミ)」(北九州市小倉北区魚町)

JR「小倉」駅から徒歩6分、北九州モノレール「旦過」駅から徒歩1分の場所にある『L’ami(ラミ)』。「北九州の台所」で知られる『旦過市場』からほど近い場所です。

L’ami(ラミ) 外観

画像:青木うら

北九州随一の繁華街、魚町にあるお店ですが、隠れ家レストランのような雰囲気も漂う外観。

外のドアを開けて入ると、なんと、もう1つ別のドアが登場!

L’ami(ラミ) 入口

画像:青木うら

欧州のお店を彷彿とさせる2重ドア構造になっていて、外側のドアはあえて目立たせないような造りになっていました。

お店のコンセプトは、“フランスの日常”が感じられるレストラン。

夜はフランス郷土料理が主体のメニュー、昼はパンと具材が選べるカスクルート(サンドイッチ)が楽しめます。カスクルートは何を選んでも一律600円、テイクアウトもOKです。

L’ami(ラミ) ランチメニュー

画像:青木うら

フランススタイルのサンドイッチ「カスクルート」を注文!

カスクルートを注文するときは、まずパンを「バゲット」、「ゴマパン」、「フォカッチャ」の3種類から1つ選びます。

「ゴマパン」「フォカッチャ」は、お店の手作り。「バゲット」は、提携するパン屋さんで仕込んでもらい、最終の焼き段階をお店で行っているそう。常に焼き立てが用意されていますよ。

L’ami(ラミ) カスクルート(サンドイッチ)のパン

画像:青木うら

次に、ショーケースに並んだトレトゥール(フレンチ総菜)から、トッピングの具材を2種類選びます。

L’ami(ラミ) カスクルート(サンドイッチ)の具材

画像:青木うら

トレトゥールは、常時20種類以上。

この日は、タンドリーチキン、焼サバ、パストラミビーフ、ブルターニュ産クリームチーズ、赤キャベツのマリネ、キャロットラぺ(オレンジ風味)、タラマ(たらことじゃがいものサラダ)、ウフ・マヨ(卵マヨ)、ひよこ豆クロケット、オリーブマリネ、セミドライトマト、さばのリエット、鴨のリエット、自家製ツナ、スモークサーモン、メルゲーズ(自家製ソーセージ)、とり胸肉のマリネ、ラタトゥイユ、パテ・ド・カンパーニュなどが並んでいました。

メニュー名だけでは「何を選んだらいいの?」と迷いまくりそうですが、ガラス越しに実物を見て決められるので分かりやすい♪

が、どれもおいしそうで、やっぱり迷ってしまいました(笑)。

ちなみに、この注文までは“第2ドア”に入る前。

注文後に、“第2ドア”の先にあるイートインスペースへ移動します。

L’ami(ラミ) 店内

画像:Lami

清潔で居心地がよい空間で、私の求める条件にピッタリ! インテリアもすてきです。

そして、テーブル席のほかにカウンター席があるのも、1人で利用しやすく、うれしいポイントです。

L’ami(ラミ) 店内

画像:青木うら

カウンター席からはキッチンが見えるので、タイミングがよければパンの焼き上がりに出会えることもありますよ。

L’ami(ラミ) 店内

画像:青木うら

いざ、「カスクルート」を実食!

席に着いてほどなくして、カスクルートが運ばれてきました!

私は、「ゴマパン」に、「メルゲーズ(自家製ソーセージ)」と「ラタトゥイユ」の2種をトッピング。+380円でスープとサラダをつけました(カスクルートの600円とあわせても1,000円以下!)。

L’ami(ラミ) カスクルート(サンドイッチ)

画像:青木うら

どの具材を選んでも、レタスとディジョンマスタードが一緒にサンドされます。不要な場合は注文時にリクエストできますよ。

L’ami(ラミ) カスクルート(サンドイッチ)

画像:青木うら

メルゲーズは、羊肉を使った自家製ソーセージ。たっぷり使われたハーブのスパイシーさが、羊肉の味わいを引き立てます。

ラタトゥイユは、南仏の郷土料理。トマトソースでくったり煮込まれた野菜は旨みがいっぱい。メルゲーズとの相性も◎。

こちらは、セットでつけたスープ。この日は『プロヴァンス風ベーコンと根菜のスープ』でした。

L’ami(ラミ) スープ

画像:青木うら

熱々のスープが、カップいっぱいに盛られているのがうれしい!

こちらのスープにもハーブがたっぷり。ハーブの爽やかさと野菜のコクが感じられる、日本ではなかなか出会ったことがない味わいでした。

サラダも彩り豊かで、女ゴコロをくすぐります。

L’ami(ラミ) サラダ

画像:青木うら

野菜そのものの味を生かすため、さっぱり味に仕上げてある手作りのフレンチドレッシングもおいしかったです。

お店の雰囲気も味わいも、もうすべてが「フランス」という感じなんです。

たっぷりなハーブのスパイス強めの味が生み出す、芳醇な風味。

日本人向けに仕上げられていますが、本場フランスの味を感じるんです。

「次回はぜひともハムやリエットも食べてみたい!」と強く思いました。

本格的なトレトゥール(フレンチ総菜)を気軽に味わえるお店です。旦過市場エリアに行く機会がありましたら、ぜひ訪れてみてくださいね。(文/青木うら)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■L’ami(ラミ)
住所:北九州市小倉北区魚町4丁目3-1
営業時間:(ランチ)11:30〜15:00(店内飲食は14:30まで)、(ディナー)17:30〜22:00(21:00L.O.)
定休日:月曜、第1日曜(その他不定休あり)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/青木うら

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州 #小倉 #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店