TOP > グルメ > 絶景の展望テラス席が大人気!緑に囲まれ日々の疲れが吹き飛ぶおしゃれカフェ(鹿児島県)
農園ガーデン空(そら)

絶景の展望テラス席が大人気!緑に囲まれ日々の疲れが吹き飛ぶおしゃれカフェ(鹿児島県)

こんにちは。子どもとのおでかけが大好きなゆりちゃんです。

先日、家族で鹿児島旅行に行ってきました! 実は3か月前にも訪れたのですが、食べ物や地元の方の人柄など鹿児島の魅力にどハマり。前回行けなかった場所をいろいろ回ってきました。

今回ご紹介するのは、阿久根市にあるカフェ。車だと、福岡から九州自動車道で約3時間、阿久根インターチェンジから約6分。九州新幹線だと、JR「出水」駅で「肥薩おれんじ鉄道」に乗り換えて、最速約1時間45分です。

4つの施設からなる“リトリート空間”「農園ガーデン空(そら)」(鹿児島県阿久根市)

鹿児島県阿久根市にある『農園ガーデン空(そら)』。

忙しい日常から離れ、いつもと違う場所で心と体を癒すことができる“リトリート空間”。「田舎暮らしは快適だ」をテーマに、10年計画で施設内の空間づくりに取り組んでいるのだそう。

テラスカフェ空

画像:ゆりちゃん

収穫体験ができる観光農園『コモレビ農園』、たくさんの植物と出会える『ひみつの花園』、お土産とガーデニングのセレクトショップ『ここマルシェ』、そしてこのあと詳しくご紹介する『テラスカフェ空』の4つが揃います。※営業時間などはそれぞれ異なります。

農園ガーデン空 看板

画像:ゆりちゃん

入園料として、大人平日500円・土日祝700円、中高生300円、小学生200円がかかりますが、それ以上の価値があります!
※『ここマルシェ』での買い物のみ、スポーツ遊戯施設(グリーンスポーツガーデン)のみの利用の場合は、入園料不要。※季節やイベント開催により料金は変動します。 

テラスカフェ空

画像:ゆりちゃん

いちご狩りやブルーベリー狩り(GW以降)、絵付け体験など、イベントも随時開催されていますよ。

季節の花々に出会える“シークレットガーデン”「ひみつの花園」

今回のメインの目的は『テラスカフェ空』ですが、まずはカフェの近くにある『ひみつの花園』を散策してみることに。

ひみつの花園 

画像:ゆりちゃん

四季折々の植物と出会うことができ、中には日本庭園のような雰囲気の場所も。

ひみつの花園

画像:ゆりちゃん

さらに、『ひみつの花園』内には、子どもが遊べる遊具もありました。

ひみつの花園 遊具

画像:ゆりちゃん

ブランコやハンモックなどもあり、子どもが退屈することなく過ごせるのがうれしいです。

ひみつの花園 遊具

画像:ゆりちゃん

ひみつの花園 遊具

画像:ゆりちゃん

また、今春から『ひみつの花園』内にドッグランも誕生し、ワンチャン連れの方もたくさんいらっしゃいましたよ。

展望テラスが人気!緑に囲まれるおしゃれ空間「テラスカフェ空(そら)」

続いて、お目当ての『テラスカフェ空(そら)』へ。

テラスカフェ空(そら) 入口

画像:ゆりちゃん

たっぷりの緑に囲まれる空間で、お店に入る前からテンションがかなり上がります!

テラスカフェ空(そら)

画像:ゆりちゃん

開放感たっぷりの店内からも、外の緑が楽しめますよ。

テラスカフェ空(そら) 店内

画像:ゆりちゃん

個室もあります。

テラスカフェ空(そら) 店内の個室

画像:ゆりちゃん

絶景のテラス席でおしゃれなランチやスイーツを堪能♪

天気が良い日は、断然テラス席がおすすめ!

テラスカフェ空(そら) テラス席

画像:ゆりちゃん

見渡す限りの大自然に囲まれて食べるランチやスイーツは格別です!

テラスカフェ空(そら) テラス席

画像:ゆりちゃん

今回は、デザートとフードから2つずついただきました。

まずは、11:00~16:00に注文可能なデザートメニューから。

こちらは、『ガーデンパフェ』(800円)。テラコッタ鉢のような容器と、農具のような形をしたスプーンとフォークがかわいい。

テラスカフェ空(そら) ガーデンパフェ

画像:ゆりちゃん

パフェの構成は、上から、いちご、チョコフレーク、チョコアイス、いちご、生クリーム、バニラアイス、シフォンスポンジ、グラノーラ。最初から最後まで、いろんな味わいを楽しむことができます。

テラスカフェ空(そら) ガーデンパフェ

画像:ゆりちゃん

こちらは、『ストロベリーチョコパフェ』(750円)。

テラスカフェ空(そら) ストロベリーチョコパフェ

画像:ゆりちゃん

真っ赤ないちごが、キラキラ宝石のよう! もちろん味もおいしかったです。

ちなみに、パフェに使われているいちごは、同じ『農園ガーデン空』の中にある『コモレビ農園』で収穫されたもの。収穫後すぐに『テラスカフェ空』でスイーツとなっているんです!

ご紹介した2つのパフェが楽しめるのは、2023年5月のGW頃までなので、気になる方はお早めに。

続いて、11:00~15:30に注文可能なフードメニューをご紹介。こちらは、『コモレビ農園産野菜ハンバーグ』(960円)。

テラスカフェ空(そら) コモレビ農園産野菜ハンバーグ

画像:ゆりちゃん

『コモレビ農園』で栽培した野菜やハーブをたっぷり使ったランチプレート。お肉メニューながら、罪悪感なく食べられるのがうれしいです。ハンバーグはジューシーな味わいでした。

テラスカフェ空(そら) コモレビ農園産野菜ハンバーグ

画像:ゆりちゃん

こちらは、店長オススメの『辛口きのこカフェカレー』(960円)。

テラスカフェ空(そら) 辛口きのこカフェカレー

画像:ゆりちゃん

想像以上に辛かったですが、五穀米の甘みと相性抜群でした。

テラスカフェ空(そら) 辛口きのこカフェカレー

画像:ゆりちゃん

ちなみに、『こもれび農園産いちごプレート』(960円)も食べたかったのですが、この日は売り切れとのこと。来年、いちごの期間に行けたらリベンジするつもりです!

テラスカフェ空(そら) フードメニュー

画像:ゆりちゃん

そのほか、さまざまなデザート・フード・ドリンクメニューが揃っています。コーヒーは、鹿児島市の『HATANAKA COFFEE(ハタナカコーヒー)』の焙煎豆を使用しているそうです。

とってもリフレッシュできる空間で、日々頑張る自分への“ご褒美リラックス時間”になりました! 鹿児島を訪れる際は、ぜひ行ってみてください。(文/ゆりちゃん)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■テラスカフェ空(そら)
住所:鹿児島県阿久根市多田454-2
営業時間:11:00〜16:00(ラストオーダーは季節により変動あり)
定休日:火曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ゆりちゃん

 #カフェ をまとめてチェック!
#グルメ #スイーツ #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店