TOP > グルメ > 驚きの特大ボリューム!“福岡の基準を変えた”超人気サンドウィッチ専門店【古後大輔の福岡パンライフ#31】

驚きの特大ボリューム!“福岡の基準を変えた”超人気サンドウィッチ専門店【古後大輔の福岡パンライフ#31】

2020.07.20

ぱんにちは〜! 今日も素敵な「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は「福岡のサンドウィッチ基準を一気に変えてしまった」とパン好きの間でひそかにささやかれている、あの超人気サンド専門店の新展開をご紹介します。

行列サンド店が中央区鳥飼に独立移転オープン!

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

大名の『岩瀬串店』の昼部門で営業していた行列ができるサンド専門店『SAND GOTO(サンドゴトウ)』が7月10日(金)に独立店舗へ移転オープン。

驚くべき特大ボリュームはそのままに、新メニューを追加。さらにモーニングセット、ランチセットが設けられ、どちらもサプライズ的ハイコスパ!

これはまた人気店になること間違いなし!というか、すでに大人気。

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

場所は、ベカーリー『リボリ』の東向かい。黒い外観にユニークな背が低い入口が目印。

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

小さな入口をくぐって入った店内も広くはないので、人がいっぱいのときはちょっと待って、順番に中へ入りましょう。

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

初日は雨模様ながら朝から列ができるほど大忙し! それでも元気いっぱい満面の笑みで対応してくださった店長の後藤準さん。

朝8時からモーニングセット!その後にはランチセットが登場!

メニュー表がこちら!

SAND GOTO(サンドゴトウ)メニュー表

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)メニュー表

画像:シティ情報ふくおか

独立店舗になって新登場したのがサンドを使ったセットメニュー。

「モーニングセット」(8:00〜10:30)はドリンク付きで480〜580円。

開店初日はこのモーニング目当てに朝から列ができたというから相変わらずのすごい人気。『サラダチキンサンド』(単品480円)、『朝カレーサンド』(単品480円)はモーニング限定メニューです。

SAND GOTO(サンドゴトウ)メニュー表

画像:シティ情報ふくおか

「モーニングセット」の時間が終了した後は「ランチセット」(10:30〜閉店)タイム。

全9種類のサンドメニューの中から好きなサンドに、ポテト、ナゲット、サラダ、ドリンク付きで900〜1,100円。

※モーニング、ランチ共に売切次第終了

ハイコスパ&ごちそう感が半端ない。ハイパーグルメサンド!

開店当日のお昼におじゃましてきたのですが、すでに売切れメニューが続出。ということで、こちらの3品を購入!

SAND GOTO(サンドゴトウ)テリヤキサンド

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)グリルチキンサンド

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)自家製鶏つくねサンド

画像:シティ情報ふくおか

(写真上から)『テリヤキサンド』(単品480円)、『グリルチキンサンド』(単品380円)、『自家製鶏つくねサンド』(単品380円)。どれも想像以上にボリューミー!

SAND GOTO(サンドゴトウ)自家製鶏つくねサンド

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)自家製鶏つくねサンド

画像:シティ情報ふくおか

『自家製鶏つくねサンド』はランチセットにしてもらいました。ポテトとナゲットも食べ応えあり!

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

ドリンクは『自家製レモンスカッシュ』をオーダー。ドリンクとサラダはこんなおしゃれな入れ物でテイクアウト! 細部までとことんこだわっています。

サンドに負けていないサイドメニューも見逃すな!

SAND GOTO(サンドゴトウ)サイドメニュー

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)サイドメニュー

画像:シティ情報ふくおか

お得なサイドメニューも充実! モーニングにはハッシュドポテト、ランチにはナゲット、唐揚げ、チョップサラダが!

SAND GOTO(サンドゴトウ)サイドメニュー

画像:シティ情報ふくおか

SAND GOTO(サンドゴトウ)サイドメニュー

画像:シティ情報ふくおか

写真は『ポッポしゃん唐揚げ&ポテト』(500円)。スーパーボリューミー! サイドメニューだけでもごちそうができちゃいます!

SAND GOTO(サンドゴトウ)

画像:シティ情報ふくおか

朝8時から営業、大濠公園からも近いという立地も最高。

散歩やピクニックのお供にぜひテイクアウトしてみてください!と言いつつ、1日につくれるサンドの数は決まっているため、モーニング、ランチともに売切次第終了なのであしからず。事前に電話確認するかSNSなどをチェックしてからおでかけくださいね。(文/古後大輔)

<店舗詳細>

SAND GOTO
住所:福岡市中央区鳥飼2-1-46
詳細はSAND GOTO

【参考・画像】

※古後大輔

※シティ情報ふくおか

この記事は公開時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

“パンの顔つき”が違う!愛されるまちのパン屋『BAKERY タツヤ』へ【古後大輔のふくおかパンライフ#16】

マスクの悩み第1位「息苦しさ」をケア!清涼感をゲットする簡単な方法とは?【バリはやッ!ZIP!】

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)