TOP > グルメ > “幻のサンドイッチ”が買える!個性あふれる逸品揃いの人気店【古後大輔のふくおかパンライフ#167】
名もなきサンドイッチ屋

“幻のサンドイッチ”が買える!個性あふれる逸品揃いの人気店【古後大輔のふくおかパンライフ#167】

2023.02.27

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、ずっと会いたかったサンドイッチをご紹介!

幻といわれた「名もなきサンドイッチ屋」が店舗での営業をスタート(福岡市中央区鳥飼)

ちょっぴり早い春のうららかな陽気に誘われて、ずっと会いに行きたかったサンドイッチ屋さんへ。

その名も『名もなきサンドイッチ屋』。

名もなきサンドイッチ屋 看板

画像:古後大輔

2022年11月から福岡市中央区鳥飼のこの店舗で営業を開始する前までは、「会いに行くサンドイッチ屋」をコンセプトに、まちのショップの軒先を間借りして、移動販売のみで営業されていて、神出鬼没ですぐに売り切れちゃうから、パン好きやサンド好きの間では「幻のサンドイッチ」として噂になっていました。

名もなきサンドイッチ屋 パンフレット

画像:古後大輔

現在は、鳥飼の店舗をベースに、店舗営業の合間を縫って移動販売やイベント販売をされています。

名もなきサンドイッチ屋 サンドイッチ たくさん

画像:古後大輔

この日のメニューはコチラ。

名もなきサンドイッチ屋 本日のメニュー

画像:古後大輔

ボリューム満点の総菜系とフルーツを使うなどのスイーツ系の2部構成。

名もなきサンドイッチ屋 サンドイッチ アボカド

画像:古後大輔

名もなきサンドイッチ屋 フルーツサンドほか

画像:古後大輔

ようやく会えた感動からか、後先考えず全部注文しちゃいました。

サンドイッチ愛がダダ漏れ♡個性が際立つ逸品揃い!

今回購入したのはコチラ!

名もなきサンドイッチ屋 購入品一覧 

画像:古後大輔

まずは総菜系サンドから。

『鯖の蒲焼きとタルタルソース』(580円)。

鯖の蒲焼きとタルタルソース 名もなきサンドイッチ屋

画像:古後大輔

断面から萌え! 鯖サンドは数あれど、蒲焼きにしたうえに、タルタル和えとはやるな!

パンは人気の食パンをいろいろ食べ歩いた結果、このコラムで前回ご紹介した『紺青』にお願いしているとのこと(紺青の記事はこちらから)。どおりでビックリするくらい風味があって、驚きの口溶け感があるはずだ。ナイスチョイス!

『名もなき風BLTサンド』(560円)。

名もなきサンドイッチ屋 名もなき風BLTサンド

画像:古後大輔

豚の唐揚げ、目玉焼き、トマト、レタスという世界的スタンダードメニューをアレンジ! 普通じゃ面白くない! そんな「名もなき」の個性が際立つ逸品。

『エビとアボカド』(560円)。

名もなきサンドイッチ屋 エビとアボカド

画像:古後大輔

こういうゴールデンコンビの組み合わせも、ちょいちょい変化をつけてくるのが名もなき流。もはや隠そうとしても、「名もなき」という名が立ってしまうほどのサンドイッチ愛のダダ漏れ具合が人気の秘訣。

『きのこのグラタンとミートソース』(600円)。

名もなきサンドイッチ屋 きのこのグラタンとミートソース

画像:古後大輔

こちらはおしゃれなバゲットサンドスタイル。具材の濃厚さと、食べ応え具合の相性を計算した上での変形スタイル。隠し味にハチミツ入り。

名もなきサンドイッチ屋 きのこのグラタンとミートソース 断面

画像:古後大輔

ケーキにも負けない存在感のものも!スイーツ系サンドも豊富なラインナップ

スイーツ系も豊富!

『あまおう』(580円)。

名もなきサンドイッチ屋 あまおう

画像:古後大輔

『くわの農園』の大粒のルビーのような「あまおう」がゴ〜ロゴロ! もうね〜、超高級イチゴのショートケーキにも負けない味わいと贅沢感。

『シルクスイートの焼き芋』(500円)。

名もなきサンドイッチ屋 シルクスイートの焼き芋

画像:古後大輔

「紅はるか」の親戚にあたる「シルクスイート」の魅力が主役! ほんのりと芋らしい甘みとシルクのようになめらかな食感は極上。

『自家製プリン』(520円)。

名もなきサンドイッチ屋 自家製プリン

画像:古後大輔

自家製プリンの外側のカチッと具合と、中身のト〜ロトロ具合のあまりの落差にギャップ萌え。あくまでプリンが主役。そんなこだわりをビンビンに感じます。

『バナナティラミス』(450円)。

名もなきサンドイッチ屋 バナナティラミス

画像:古後大輔

濃厚なバナナとほろ苦いティラミスの組み合わせ。マスカルポーネチーズ入りクリームの、ほんのりとした甘みとコクがこれまた効いています。

「サンドイッチの面白さ」に出会い、脱サラしてまったくの素人からスタートしたという店主の鐘ヶ江さんは4人の子を持つパパでもあるとか。お客さんとの一期一会の出会いを大切に、昨日よりも今日、今日よりも明日、「もっとおいしく届けたい!」そんな想いを込めて一つひとつのサンドをつくっている。

名もなきサンドイッチ屋 まとめ写真

画像:古後大輔

名もなきサンドイッチ屋 手にのせて

画像:古後大輔

春本番はもう間もなく! ぜひ幻のサンドに会いに出かけてみてください。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■名もなきサンドイッチ屋
住所:福岡市中央区鳥飼2-1-49 サブハウス大濠1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#スイーツ #パン #テイクアウト 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ