TOP > グルメ > 価格も味もやさしさの塊! “穴場な癒やしスポット”古民家ベーカリー【古後大輔の福岡パンライフ#161】
パンとおやつ komapan(こまぱん)

価格も味もやさしさの塊! “穴場な癒やしスポット”古民家ベーカリー【古後大輔の福岡パンライフ#161】

2023.01.16

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~!

今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、寒い時こそほっこりしたい! そんなパン好きさんにおすすめの穴場スポットをご紹介。

風情ある古民家でのんびりゆったり。パンとおやつで心地いい時間を!「komapan(こまぱん)」(福岡市早良区有田)

今回訪れたのは、福岡市早良区有田の住宅街にある、パンとおやつの店『komapan(こまぱん)』。

komapan(こまぱん) 外観

画像:古後大輔

以前は西区姪浜のアパートの一室で営業していたが、2022年4月に移転オープン。

komapan(こまぱん) 外観

画像:古後大輔

看板とのぼり旗がなかったら絶対に気がつかないほど、閑静な住宅街の一角にひっそりと営業中。

このひっそり感が個人的には大好物。やっぱりパン屋って、パンのカタチ同様、店にもいろいろなカタチがあるから面白いんですよね。

komapan(こまぱん) 看板

画像:古後大輔

昔ながらの平家の古民家を改装した店内は、初めてなのにどこか懐かしく心和む雰囲気で、とってもアットホーム。

komapan(こまぱん)店内

画像:古後大輔

さりげなく置かれたお花や観葉植物、おしゃれな雑貨やリースといった装飾。

komapan(こまぱん)店内

画像:古後大輔

そして、パンとおやつの製造から販売まで一人で切り盛りする、小松さんのほんわかとした人柄にも癒されます。

komapan(こまぱん)ディスプレイ

画像:古後大輔

提供しているパンとおやつもほっこり癒し系。どれも材料や具材はできる限り国産と自家製にこだわった、小さな子どもから年配者まで誰でも安心して食べられる、やさしい味わいとお手頃価格のものばかり。

komapan(こまぱん)案内看板

画像:古後大輔

販売スペース横にはイートインスペースがあるので、カフェ利用も可能。

komapan(こまぱん)店内

画像:古後大輔

ゆったり&のんびりとくつろぎながら、ドリンクと一緒に購入したパンやおやつを食べるのもいいね。

komapan(こまぱん)カフェメニュー

画像:古後大輔

季節のパフェといったスイーツメニューも味わえるそうなので、スイーツ好きはぜひお試しを!

komapan(こまぱん)イートインスペース

画像:古後大輔

寒~い朝でも一口頬張ればポカポカ心温まる。素朴な味わいは癒し度120%!

今回購入したのはこちら。

komapan(こまぱん)パン

画像:古後大輔

『天然酵母の全粒粉チーズ』(200円)。

komapan(こまぱん)天然酵母の全粒粉チーズ

画像:古後大輔

もっちりとした生地の食感と、全粒粉の味わい深さも相まって食べ応え十分。

komapan(こまぱん)天然酵母の全粒粉チーズ

画像:古後大輔

『天然酵母の全粒粉ベーグル』(200円)。

komapan(こまぱん)天然酵母の全粒粉ベーグル

画像:古後大輔

外皮をパリッと、中身をムッチリと焼き戻して味わうべし。

komapan(こまぱん)天然酵母の全粒粉ベーグル

画像:古後大輔

『天然酵母のイングリッシュマフィン レーズン&クリームチーズ』(200円)。

komapan(こまぱん)天然酵母のイングリッシュマフィン レーズン&クリームチーズ

画像:古後大輔

ふっくらと焼き上がったカタチも味わいも、幸福感満点のイングリッシュマフィン。

komapan(こまぱん)天然酵母のイングリッシュマフィン レーズン&クリームチーズ

画像:古後大輔

『天然酵母のイングリッシュマフィン 抹茶&粒あん』(200円)。

komapan(こまぱん)天然酵母のイングリッシュマフィン 抹茶&粒あん

画像:古後大輔

おまんじゅうのような、お焼きのような、馴染み深い味わいで、和風の具材にもベストマッチ。

komapan(こまぱん)天然酵母のイングリッシュマフィン 抹茶&粒あん

画像:古後大輔

『食パン』(300円)。

komapan(こまぱん)食パン

画像:古後大輔

きめ細やかで耳も薄~い。シンプルで食べやすい食パン。

komapan(こまぱん)食パン

画像:古後大輔

焼き目のグラデーションがついていて、味わいもいろいろ。耳好きには端っこ入りがうれしいね。

komapan(こまぱん)食パン

画像:古後大輔

生食でふんわ~り、しっと~りを味わうもよし。ほんのりトーストしてサクッとモチッといただくのもよし。

『メロンパン』(170円)。

komapan(こまぱん)メロンパン

画像:古後大輔

ふんわり生地と、しっかりとしたボリュームでのせてあるサックサクのクッキー生地のコントラストがたまりません。

komapan(こまぱん)メロンパン

画像:古後大輔

『クリームパン』(160円)。

komapan(こまぱん)クリームパン

画像:古後大輔

ふんわり&やわらか生地の中には、自家製のカスタードクリームがたっぷり。

komapan(こまぱん)クリームパン

画像:古後大輔

『コーヒークリームパン』(170円)。

komapan(こまぱん)コーヒークリームパン

画像:古後大輔

ほんのり香ばしいコーヒーの風味がたまらない、自家製クリーム入り。

komapan(こまぱん)コーヒークリームパン

画像:古後大輔

『ピザパン』(170円)。

komapan(こまぱん)ピザパン

画像:古後大輔

ピザとパンのいいとこ取りをした、ちょうどいいサイズ感と厚み。

komapan(こまぱん)ピザパン

画像:古後大輔

『ソーセージパン』(170円)や自家製ハンバーグをのせて焼き上げた『ハンバーグパン』(220円)もおすすめ。

『スコーン』(150円)。

komapan(こまぱん)スコーン

画像:古後大輔

食感は心地いい、サックリ&ホロホロ。程良いしっとり感もある。ぜひジャム&紅茶と合わせて。

komapan(こまぱん)スコーン

画像:古後大輔

『チョコチップスコーン』(150円)。

komapan(こまぱん)チョコチップスコーン

画像:古後大輔

絶妙なバランスで散りばめられたチョコチップで、おやつ感アップ。こちらはコーヒーと一緒に。

komapan(こまぱん)チョコチップスコーン

画像:古後大輔

このほか、キャラメルチョコやレーズン入りもあり。

パンもおやつも、味わい&お値段ともに、『こまぱん』のやさしさの塊だね!

komapan(こまぱん)フライヤー

画像:古後大輔

またお邪魔します。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■パンとおやつkomapan(こまぱん)
住所:福岡市早良区有田1丁目35-7
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#スイーツ #パン #テイクアウト 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選