TOP > グルメ > 思い出すとまた食べたくなる!人気韓国料理店に登場した話題の新作実食レポ(北九州市小倉北区木町)
韓国ごはん ファジョン食堂

思い出すとまた食べたくなる!人気韓国料理店に登場した話題の新作実食レポ(北九州市小倉北区木町)

2023.01.20

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は、小倉で大人気の韓国料理のお店『韓国ごはん ファジョン食堂』をご紹介します。

新作メニューが登場!本格韓国料理が楽しめる「韓国ごはん ファジョン食堂」(北九州市小倉北区木町)

リーズナブルに本場の韓国料理を楽しめる『韓国ごはん ファジョン食堂』。しっかりと丁寧にだしをとった料理は、味に奥行きがあり、何を口に運んでも感動するほどのおいしさです。

JR「南小倉」駅から徒歩約9分、車だとJR「小倉」駅付近から約10分。アクセス良好です。

韓国ごはん ファジョン食堂 外観

画像:CHIHIRO

店内には、カウンター6席とテーブル12席。1人でも行きやすい空間です。

韓国ごはん ファジョン食堂 店内

画像:CHIHIRO

アツアツおこげもたまらない!本格石焼ビビンバ

今回は、2022年12月17日から登場している新作メニューをご紹介します!

1つ目は、ジュワーッと音を立てながらやってくる、本格石焼ビビンバ。

『石焼ビビンバ』(770円)、『サムギョプサル石焼ビビンバ』(990円)、『プルコギ 石焼ビビンバ』(990円)、『チャムチチーズ石焼ビビンバ』(990円)といった、4種類のメニューを楽しめます。

今回は、『チャムチチーズ石焼ビビンバ』と『サムギョプサル石焼ビビンバ』を注文しました。

韓国ごはん ファジョン食堂 本格石焼ビビンバ

画像:CHIHIRO

チャムチチーズ石焼ビビンバ

石焼ビビンバの上に、たっぷりのチーズと卵黄がのった『チャムチチーズ石焼ビビンバ』。

韓国ごはん ファジョン食堂 チャムチチーズ石焼ビビンバ

画像:CHIHIRO

ご飯の上に、ほうれん草・もやし・にんじん・ぜんまいのナムル、味付けされた挽肉がのっています。

ナムルからジュワっと溢れる旨みがたまりません。

スタッフの方においしさの秘密を聞いてみると、在日韓国人の方に教わった醤油をベースに作っていて、本格的な本場の味を再現しているのだそう。

「チャムチ」とは、日本語でマグロという意味で、ナムルの上にたっぷりとマグロのツナがのっています。

韓国ごはん ファジョン食堂 チャムチチーズ石焼ビビンバ

画像:CHIHIRO

さらにその上には、クリームチーズとミックスチーズを合わせたチーズがたっぷり! 卵黄は大分の『蘭王』を使用。旨みが濃厚です。

韓国ごはん ファジョン食堂 チャムチチーズ石焼ビビンバ

画像:CHIHIRO

もったりとしたチーズは、ほんのり酸味がありさわやか。マグロとの相性も抜群です。

新感覚の味わいで、こんなにおいしいビビンバと出会ったのは初めてでした。

サムギョプサル石焼ビビンバ

石焼ビビンバの上に、サムギョプサルを盛り付けた『サムギョプサル石焼ビビンバ』。

ブランド豚を使用したサムギョプサルは、こんがり焼き上げられており、肉の甘さと香ばしさがたまりません! おこげとの相性も抜群でした。

韓国ごはん ファジョン食堂 サムギョプサル石焼ビビンバ

画像:CHIHIRO

甘みのあるお肉のジューシーなおいしさと、ナムルからジュワッとあふれる旨みがマッチした、何度でも食べたくなる一品です。

また、石焼ビビンバは、『サムジャン』というコチュジャンと白味噌を合わせたタレを加えて、味変を楽しむこともできます。奥深い辛みをプラスしてくれますよ。

韓国ごはん ファジョン食堂 サムギョプサル石焼ビビンバのタレ

画像:CHIHIRO

そのほかにも『キムチ』『チーズ』『納豆』(各200円)、『サムギョプサル』(300円)といったトッピングを追加することもできます。ぜひ、お好みにカスタマイズしてみてくださいね。

豚とイイダコの旨みがたっぷり!ピリッとした辛味がクセになる「チュクミサムギョプサル」

2つ目の新作メニューは、新鮮なイイダコと甘辛いタレが香ばしい、韓国で人気の鍋料理『チュクミサムギョプサル』(1人前1,200円、注文は2人前から)。※写真は2人前

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

火をつけてしばらくすると、ジュワッと空腹感を誘う香りが立ち上がります。

中には、ネギ、キャベツ、ニラ、にんじん、もやし、豆苗など野菜もたっぷり!

ファジョン食堂では、タコとホルモンの鍋料理『ナッコプセ』が大人気で、それに使っているタレで味付けされているのだそう♪

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

肉はブランド豚を使用。柔らかくてジューシーな旨みがたまりません!

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

大きめのイイダコもたっぷり入っていました。

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

箸で持ち上げると、さらにその大きさに圧倒されてしまいます。

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

素材のやさしい旨みのあとから追いかけてくる辛さが、やみつきに。

書きながら思い出して、またすぐにでも食べに行きたくなるおいしさでした!

包み野菜(1人前330円)を追加するのもおすすめ♪

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

野菜のみずみずしさと、豚肉とイイダコの旨みと辛味がよく合いますよ。

韓国ごはん ファジョン食堂 チュクミサムギョプサル

画像:CHIHIRO

ほっこり温まるおいしさ!プデチゲラーメン

3つ目の新作メニューは『プデチゲラーメン』(770円)。

ウインナー、卵、キムチ、チーズ、スパム、ねぎがトッピングされています。

韓国ごはん ファジョン食堂 プデチゲラーメン

画像:CHIHIRO

まろやかでやさしいながらも深みのあるスープと、サリ麺の相性は感動するほど抜群。チーズのコクも効いています。

韓国ごはん ファジョン食堂 プデチゲラーメン

画像:CHIHIRO

あまりに好みの味で、スタッフの方にスープの秘密を聞いてみたところ、毎朝いりこと昆布でとっただしに、コチュジャンや牛のだしを入れているのだそう。

こちらもビビンバ同様、『キムチ』『チーズ』『納豆』(各200円)、『サムギョプサル』(300円)など、追加でトッピングすることもできます。

『大盛りごはん』(100円)を追加して、〆に雑炊風にして楽しむのもおすすめですよ。

「食材を活かしたおいしい料理を届けたい」という思いが、至るところから伝わってくるお店でした。

韓国ごはん ファジョン食堂 スタッフ

画像:CHIHIRO

新作メニューも、またすぐに食べに行きたいほど絶品でしたよ♪

小倉にある「一番近い韓国」で、本場仕込みの韓国料理をぜひ味わってみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■韓国ごはん ファジョン食堂
住所:北九州市小倉北区木町1-1-16 ハイツサンバード1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#小倉 #韓国料理 #ランチ #ディナー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【薬院】爆ウマ贅沢ボリューム満点サンド
【平日限定】パンケーキ10種食べ放題
【ファミマ】クリームたっぷりスイーツ