TOP > グルメ > 良心的なリーズナブルさ! 老舗茶舗で味わう絶品スイーツ&ドリンク(北九州市小倉北区魚町)
お茶の山口屋(旦過)カフェメニュー

良心的なリーズナブルさ! 老舗茶舗で味わう絶品スイーツ&ドリンク(北九州市小倉北区魚町)

2023.01.15

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は、旦過市場のすぐそばにある、気軽に立ち寄れる老舗茶舗のカフェをご紹介します。

移転を機にカフェスペースがオープン!60年近く愛される「お茶の山口屋」(北九州市小倉北区魚町)

昭和40年に旦過市場の中にオープンし、2023年7月で60周年を迎える『お茶の山口屋』。

2022年4月18日に、旦過市場のすぐそば、北九州モノレール「旦過」駅から徒歩約1分の場所に移転しました。

お茶の山口屋 外観

画像:CHIHIRO

移転を機に、お茶を購入するだけでなく、和スイーツを楽しめるカフェスペースも登場しました。

お茶の山口屋 全体図

画像:CHIHIRO

入口の暖簾をくぐると、そこには全16種類のお茶がずらりと並びます。店頭に並んでいるもの以外のお茶を合わせると、なんと40種類ものお茶が揃っているのだそう。

お茶の山口屋 店内

画像:CHIHIRO

気になるお茶の香りを試したり、スタッフに好みを伝えてお茶を選んでもらうこともできますよ。

お茶の山口屋 お茶

画像:CHIHIRO

ショーケースに急須がおしゃれに飾られたスペースも! まるで美術館のようなディスプレイに、うっとりしました。

お茶の山口屋 店内

画像:CHIHIRO

急須の向かい側のショーケースには、色とりどりの茶缶が飾られていました。急須や茶缶は、販売もされていましたよ。

お茶の山口屋 茶缶

画像:CHIHIRO

さらに奥には、広々とした和のカフェスペースが広がります。こちらで、店頭で購入したスイーツやドリンクが楽しめます。

美しい景色が映し出されているスクリーンは、日替わりで“景色”が変わるのだそう。

お茶の山口屋 店内

画像:CHIHIRO

スクリーンは、アクアリウムや雪景色など、さまざまな“景色”に変えることができ、ゆっくりしている時間帯であれば、リクエストに応えてもらうこともできるそうです。

お茶の山口屋 スクリーン

画像:CHIHIRO

スクリーンの前で写真を撮っても、ステキな思い出になりますよ。

お茶の山口屋 茶缶

画像:CHIHIRO

注目のカフェメニュー

カフェメニューはリーズナブルに楽しめるものが揃っていました!

あったかぜんざい

冬季限定の『あったかぜんざい』(小200円・大300円)。

お茶の山口屋 ぜんざい(大)

画像:CHIHIRO ※写真は大サイズ

もちもちで柔らかな自家製の白玉がたっぷり! 注文が入ってから茹でてくれるので、時間に余裕を持っておでかけくださいね♪

お茶の山口屋 ぜんざい(大)

画像:CHIHIRO ※写真は大サイズ

ほっこり気持ちも温まるおいしさでした。器の美しさにも、幸せを感じます。

アイスのミニパフェ

ちょっぴり休憩したいときにもピッタリなサイズの『アイスのミニパフェ』(350円)。

お茶の山口屋 アイスのミニパフェ

画像:CHIHIRO

抹茶アイス、バニラアイス、餡子、白玉、生クリームという構成。ミニサイズですが、しっかり食べ応えもありました。

抹茶プリン

お店で丁寧に作られた新作『抹茶プリン』(300円)。

お茶の山口屋 抹茶プリン

画像:CHIHIRO

甘みがあって、なめらかでとろける食感がたまりません。

苦みが少ないので、小さなお子さんも楽しめそうです。

抹茶の生チョコ

こちらは『抹茶の生チョコ(4粒)』(180円)。

お茶の山口屋 抹茶の生チョコ

画像:CHIHIRO

口の中でとろんととろける食感と、抹茶の風味がクセになる、何度もリピートしたくなる一品です。

ソフトクリーム

定番の『ソフトクリーム』(350円)は、抹茶、バニラ、ミックスの3種類。カップかコーンを選ぶことができます。

お茶の山口屋 ソフトクリーム

画像:CHIHIRO

メニューを見てみると、小学生以下のお子様限定の『お子様ソフト』(100円)や『ミニカップソフト』(200円)もありました。

最近なかなか100円でソフトクリームを食べられるところも少なくなってきましたが、「昔ながらの旦過市場のイメージで、お子さんが100円で喜んでくれるメニューを作りたかった」と、オーナーが話してくれました。

ぜひ小さなお子さんのいるママにも、訪れてみてほしいです。

抹茶ラテ・ほうじ茶ラテ

写真左から『抹茶ラテ』、『ほうじ茶ラテ』(各330円)。

お茶の山口屋 抹茶ラテ・ほうじ茶ラテ

画像:CHIHIRO

『抹茶ラテ』は、ふわふわでミルキーな味わいの中に、ふんわり抹茶の香りが広がります。

『ほうじ茶ラテ』も、まろやかでふわふわ! ごくごく飲めそうなおいしさでした。

抹茶グリーンティー

なんと100円で飲めるドリンクも! 『抹茶グリーンティー』(100円)は、ほんのり甘めで飲みやすかったです。

お茶の山口屋 抹茶グリーンティー

画像:CHIHIRO

ほかにも、『小倉山』『四方の薫』『さみどり』といったお茶をオーナーが日替わりでブレンドした『緑茶』(100円)や、『抹茶ミルク』(200円)など、さまざまなドリンクが揃っていましたよ。

今どきのオシャレな店構えながらも、昔ながらの人のあたたかさがいっぱいに詰まったお店でした。

テイクアウトもOK(一部除く)。リーズナブルに本格和スイーツやドリンクを楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■お茶の山口屋
住所:北九州市小倉北区魚町4丁目3-13
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#小倉・門司 #カフェ #ドリンク #スイーツ 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選