TOP > グルメ > 味しみしみのぶり大根&1合分で作れる簡単炊き込みご飯!今こそ食べたいあったかレシピ

味しみしみのぶり大根&1合分で作れる簡単炊き込みご飯!今こそ食べたいあったかレシピ

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

年末から年始にかけて、みなさん無事に過ごせましたか?

私の周りではインフルエンザなどが猛威を振るっておりました。そして今も……。

こんな時期は、旬のものをしっかり食べて温かくして、体の調子をととのえておきたいものです。

そこで今回は、旬の「大根」や「ぶり」、「白ねぎ」を使うあったかレシピをご紹介します。

1:脂がのっておいしい季節に食べたい「しみしみぶり大根」

大根もぶりもこの季節が旬。大きな鍋で一度にたっぷり作って数日かけて食べるのも、大根に味がどんどん染みていっておすすめ。

難しそうに見えるレシピも、基本さえきちんとすれば、おいしく仕上がりますよ。

しみしみぶり大根 

画像:中願寺あゆみ

【材料】(3人分)
大根(上の部分)・・・12cm
ぶり(アラ)・・・500g
Aしょうゆ・・・大さじ3
Aみりん・・・大さじ1
A砂糖・・・大さじ2
A水・・・300ml
塩・・・適量
柚子皮・・・少々

 <作り方>

(1)大根は1.5cm幅に切って皮をむき半分に切る。米のとぎ汁もしくは米大さじ1を入れたお湯(分量外)で10分ゆで、そのまま冷ます。

(2)ぶりは塩をして10分置く。熱湯で霜降りにして水に取り、血合いやうろこなどをきれいに洗い落す。

(3)鍋にAと(2)のぶり、(1)の大根を入れ、落し蓋をして15~20分煮る。

(4)器に盛り、刻んだゆずの皮を添える。

独特な臭みもあるぶりですが、下処理をきちんとすれば気になりません。また、大根は少し面倒でも一回ゆでて加えたほうが、味が染みておいしく仕上がります。

大根は、半分より上の部分のほうが甘みがあって、煮物に向いていますよ。半分より下は、サラダや大根おろしに◎。

2:具材2つでメスティン飯「白ねぎと豚バラの炊き込みご飯」

年中出回っている白ねぎですが、冬においしくなります。加熱するととろんとして、甘みが増し増しになりますよ。

「メスティン」を使って作る1合分の炊き込みご飯の簡単レシピなので、「一人暮らしでも炊き込みご飯が食べたい」という方にもおすすめです。※メスティンは1.5合分のものを使用(100円商品ではないですが100円ショップでも購入できます!)

白ねぎと豚バラの炊き込みご飯

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
米・・・1合
豚バラ肉・・・30g
白ねぎ・・・1本
Aだし汁・・・180ml
A薄口しょうゆ・・・大さじ1/2
A酒・・・大さじ1
A塩・・・小さじ1/4

<作り方>

(1)米を洗ってザルにあげて30分~1時間、浸水する。

※この工程は必ず行ってください。そして必ず水で浸水してください。調味料を入れた液体で浸水すると、失敗する可能性が高まります。

(2)白ねぎは1cm幅に輪切りにする。豚バラも1cm幅に切る。

(3)メスティンに(1)と(2)、Aを入れる。

(4)蓋をしてコンロにのせ、中火にかける。勢いよく蓋の隙間から湯気が出てきたら弱火にして、8分ほど加熱する。

(5)湯気がゆらゆらとしたら火を止め、タオルに包んで20分程度蒸らす。

メスティン

画像:中願寺あゆみ

白ねぎのやさしい甘みと豚バラの脂が相まって、シンプルうまい炊き込みご飯ですよ。ちょっと七味をかけて食べるのもおすすめ。一人ご飯にメスティンが本当に便利なので、結構活用しております。これからも炊き込みご飯のレシピを紹介していきますね。

みなさんも体調管理には気を付けてくださいね~!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選