TOP > グルメ > 悪魔的美味しさの「痛風デラックス」は必食!常時100種類以上が楽しめる人気居酒屋(久留米市)
居酒屋 下駄

悪魔的美味しさの「痛風デラックス」は必食!常時100種類以上が楽しめる人気居酒屋(久留米市)

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。福岡のおいしいお店を紹介するブログ『よりみちの福岡紹介』を運営している、よりみちです。

今回は、久留米市の池町川沿いにある、おいしい料理と価格帯も魅力の人気居酒屋さんをご紹介します。

一品料理が100種類以上!美味しいのに“高くない”「居酒屋 下駄(ゲタ)」(久留米市)

西鉄久留米駅から東町公園方面へ徒歩約6分の場所にある『居酒屋 下駄(ゲタ)』。

居酒屋下駄 外観

画像:よりみち

一品料理が常に100品以上あるというお店で、いつ通りかかってもお客さんの楽しそうな声が聞こえてくるんです。

居酒屋下駄 内観

画像:よりみち

店内は、1階はカウンター席と掘りごたつの個室(下の写真)、2階には8人掛けの大きなテーブルも。いろいろなシーンで利用できそうですね。

人気のお店なので、5人以上の団体の場合はあらかじめ予約がおすすめです。

居酒屋下駄 個室

画像:よりみち

メニューブックを見ると、『和牛牛すじ煮込み』(600円)、『豚ホルモン(味噌)』(600円)、『特製海老マヨ』(800円)なども。このエリアのお店の中でもリーズナブルな気がします。

居酒屋下駄 メニュー

画像:よりみち

お酒のおつまみから食事のメニューまで幅広く充実してますねぇ。

「本日のイチオシメニュー」も気になるものばかり!

本日のイチオシメニューには、気になるものばかりが並んでまして。

居酒屋下駄 メニュー

画像:よりみち

まず、メニューの中でも一番名前のインパクトが強かった『痛風デラックス』(1,500円)。

居酒屋下駄 痛風デラックス

画像:よりみち

痛風の原因といわれる“スター選手”(タラの白子、あんきも、牡蠣、いくらなど)をこれでもかと詰め込んだ逸品です。この開き直った感じが逆にツボです。

まずはあん肝から。

居酒屋下駄 痛風デラックス

画像:よりみち

こんなにさっぱり食べやすいあん肝は、初めて。これはリピしたくなる。

白子といくらのコラボは、何もつけなくてもおいしい。

居酒屋下駄 痛風デラックス

画像:よりみち

白子の鮮度が高いからこそ、濃厚な旨みがとろぉっと口の中に流れ落ちるんよなぁ。マジでこの一口は幸せすぎる。

生牡蠣の大根おろしのっけは悪魔的だ。

居酒屋下駄 痛風デラックス

画像:よりみち

こんなの何個でもいけちゃうもん。しかも、見たら分かるけど粒がおっきいのもいいよね。

続きまして『えのきの唐揚げ』(550円)。

居酒屋下駄 エノキの唐揚げ

画像:よりみち

スナック感覚で食べられるので、サクッといけちゃう。

本当にやみつきになるやつなんよ。ちょうどいい塩気。

居酒屋下駄 エノキの唐揚げ

画像:よりみち

そして焼き加減が絶妙すぎたのが、『特上タンの塩焼き』(1,600円)。

居酒屋下駄 特上タンの塩焼き

画像:よりみち

これは絶対食べてほしい。このコリっと食感と何もつけずに食べられる塩気のきいた味。

はぁー! たまらんですたい!

この感動をどうやって伝えたらいいんだ。

本当にじゅわぁっと、噛むたびに旨みが広がっていくんですよねぇ。

居酒屋下駄 特上タンの塩焼き

画像:よりみち

さぁさぁ、ここで『ゴマカンパチ』(850円)もいっときましょうか。やっぱり鮮魚は挟んどかんとね。

居酒屋下駄 ゴマカンパチ

画像:よりみち

自分も料理人時代にゴマカンパチの商品化にチャレンジしたけど、結局できなかったもんなぁ。何が難しいって、タレがマジで大変なのよ。

居酒屋下駄 ゴマカンパチ

画像:よりみち

いろいろなお店に行って、さまざまな味を食べ比べてきたけど、マジでこれが一番だわ。

今まだ自分が飲食店してるなら、間違いなくこの店に通って研究するもん。

そして個人的には推しの『ぷりぷりエビチリ』(800円)ですが、正直味の好みが分かれると思います。

居酒屋下駄 ぷりぷり海老チリ

画像:よりみち

海老が好きな方ならぜひチャレンジしてほしいんですけど、マジで辛いんだ。

居酒屋下駄 ぷりぷり海老チリ

画像:よりみち

ピリッとではなくしっかり辛いのよ。注文したとき、スタッフの方が「結構辛いですよ?」って教えてくれたのも、食べてから意味が分かったもん。

そして、最初に食べた牡蠣があまりにおいしくて、『焼き牡蠣』(1個700円)も頼んじゃった。

居酒屋下駄 焼き牡蠣

画像:よりみち

テーブルに来たときには、あれ?焼きだよな?って思ったんだ。

ご存知の通り、火入れすると牡蠣って縮むんですよ。でも、絶妙すぎる火加減で縮む一歩手前で止めてあるんだな。焼き目をつけてしまうほど焼いたらこのサイズでは出てこないもの。

居酒屋下駄 焼き牡蠣

画像:よりみち

どれだけ気を使って焼いてるんだろう、すごい職人技だと思う。

そして、そろそろお腹いっぱいになってきたので、締めの『牛テールスープ塩ラーメン』(900円)。

居酒屋下駄 牛テールスープ塩ラーメン

画像:よりみち

この1杯だけで店が出せるレベルですよ。

あれ?ここラーメン屋さんか? そう思わせるほどクオリティーが高すぎる。

牛テールスープは、一からお店でしっかり出汁を取って仕込んでるんですって。

居酒屋下駄 牛テールスープ塩ラーメン

画像:よりみち

今まで食べた料理からも分かる通り、ここの料理にはとにかく妥協のないこだわりを感じる。満足度は100点満点でした。

どの料理も本当に味のバランスが良くて、全商品食べたいなぁ。

“本当は人に教えたくない名店”を超えて、むしろ“久留米市民は強制的に一度は行ってほしい名店”として紹介したいほど、ハマってしまった。

ぜひ一度行ってみてください!(文/よりみち)

<店舗情報>
■居酒屋 下駄(ゲタ)
住所:久留米市東町32-26
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/よりみち

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#久留米 #居酒屋
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店