TOP > グルメ > 絶品オムライスとハンバーグが人気!北九州で56年愛される洋食店(戸畑区浅生)
しん門 ハンバーグ&オムライス

絶品オムライスとハンバーグが人気!北九州で56年愛される洋食店(戸畑区浅生)

2022.11.17

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は、北九州市戸畑エリアにある絶品洋食店をご紹介します。

56年間愛され続けている老舗洋食店「しん門」(北九州市戸畑区浅生

1966年に創業し、今年で56周年を迎えるフレンチベースの洋食店『しん門』。

2017年6月末に、JR「戸畑」駅から徒歩約6分の場所に移転オープン。近隣にはコインパーキングもあり、指定のコインパーキングに停めると、会計から100円割引してもらえますよ。

しん門 外観

画像:CHIHIRO

印象的な赤のドアを開くと、ゆっくりくつろげるオシャレな空間が広がります。

しん門 内観

画像:CHIHIRO

2代目のオーナーのほか、85歳になる初代オーナーも現役で腕を振るいます。初代は今もなお、お店にとってはいなくては困る存在なのだそう。

お店の入口には、お客さんがプレゼントしてくれたという、初代オーナーの似顔絵が描かれた看板もかけられていました。

しん門 お客様がくれた一代目の看板

画像:CHIHIRO

人気メニューをご紹介

今回は、2つの人気メニューをご紹介します。

ハンバーグ&オムライス

『しん門』の人気メニューといえば、オムライス。

いくつかメニューがある中、今回は『ハンバーグ&オムライス』(1,815円)を注文してみました。56年間継ぎ足しているという特製デミグラスソースがたっぷりかかっています。

しん門 ハンバーグ&オムライス

画像:CHIHIRO

オムライスは、ナイフで卵をパッカーンと開くタイプ。ふわっふわでなめらかです。

しん門 ハンバーグ&オムライス

画像:CHIHIRO

『築上鶏卵』の朝採れ卵を使用。生クリームやチーズ、蟹のほぐし身なども入っており、味に奥行きがあります。

卵の下には、ケチャップとデミグラスソースを合わせた蟹ピラフ。ソースがしっとり染み込んでおり、こちらも絶品です。

しん門 カニピラフ

画像:CHIHIRO

ハンバーグは、信頼できる戸畑の老舗精肉店から仕入れたお肉を使用し、調理法にもこだわって作られています。

しん門 ハンバーグ

画像:CHIHIRO

しっかりと肉感がありながらも、しっとり柔らかな食感。

ほんのり甘めでコクのあるデミグラスソースは、奥深さのある風味がたまりませんよ。

しん門 デミグラスソース

画像:CHIHIRO

一口食べれば、長年愛されている理由が分かるおいしさです。

しん門オリジナルモコモコ

ハワイ名物『ロコモコ』を日本人向けにアレンジした『しん門オリジナルモコモコ』(1,320円)。

しん門オリジナルモコモコ

画像:CHIHIRO

ふっくらとしたご飯の上には、柔らかなハンバーグとテリヤキソース、温泉卵、自家製マヨネーズがのっています。

『オムライス&ハンバーグ』のハンバーグと食べ比べてみると、こちらのほうが柔らかく感じます。

しん門 オリジナルモコモコハンバーグと温泉卵

画像:CHIHIRO

2代目にお話を聞いてみると、ハンバーグは料理によって肉の練り方を変えており、素材が同じでも異なる食感を演出しているのだそう。一つひとつの料理に一切妥協のない、心意気を感じられます。

50年以上変わらない味のテリヤキソースは、鶏ガラをベースに作られているのだとか。旨みとコクがあって、柔らかなハンバーグと相性抜群! ご飯が進むおいしさですよ。

しん門オリジナルモコモコテリヤキソース

画像:CHIHIR

しっかり形を保った半熟卵は、ハンバーグやテリヤキソースの旨みに、さらなるまろやかさをプラスしてくれます。

しん門オリジナルモコモコ半熟卵

画像:CHIHIRO

ちなみに、どちらもお米は福岡県産米を使用。食材は地産地消を目指して、地元に近いところで採れたものを使用しているそうですよ。

クリームソーダも要チェック

『しん門』には、オシャレでかわいいドリンクも揃っています。今回はクリームソーダを注文してみました。

日替わりクリームソーダ

こちらは、曜日ごとにカラーが変わる自家製の『日替わりクリームソーダ』(715円)。

今回は火曜日に訪れたので、カシスがベースの『赤いクリームソーダ』でした。

しん門 赤いクリームソーダ

画像:CHIHIRO

爽やかな味わいでしたよ! ほかの色も気になります♡

くまっちゃうクリームソーダ

こちらは、月に数日だけ登場するという『くまっちゃうクリームソーダ』(825円)。思わずキュンとするルックスです!

しん門 くまっちゃうクリームソーダ

画像:CHIHIRO

耳と鼻の部分には、香川県の嫁入り道具のひとつである縁起物のあられ『おいり』が使用してあます。なんだか幸せを運んでくれそうです。

しん門 くまっちゃうソーダ

画像:CHIHIRO

この日は、瀬戸内レモンを使用したジャムが入ったクリームソーダで、フレッシュな果実の風味が濃厚な一杯でした。

しん門 くまっちゃうソーダグラスの中身

画像:CHIHIRO

『くまっちゃうクリームソーダ』の販売は不定期で、登場する前日にInstagramやFacebookで告知されるそうですよ。

クリームソーダのほかにも、お店にはワインもいっぱい!

2代目はワインソムリエの資格も持っており、料理と相性の良いワインを選んでもらうこともできますよ。

創業時からの伝統の味を守りつつ、新しいエッセンスを加えたメニューも多いお店。絶品揃いで、一度食べると愛され続ける理由が分かります。

2代目オーナーによると、常連客がお孫さんを連れて3代で訪れるなど、長年続けているからこそ出会える瞬間もうれしいのだそう。

お得なランチやディナータイム限定メニュー、スイーツなどテイクアウトできるメニューもあります。人気洋食店の味を、ぜひ体験してみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■しん門
住所:北九州市戸畑区浅生2-8-5
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#八幡・黒崎・折尾 #ランチ #ディナー 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店