TOP > グルメ > 全17種類を実食レポ! “冷めてもおいしい”お米屋さんが作るこだわりの絶品おにぎり店(直方市)
おにぎり屋ふじまき

全17種類を実食レポ! “冷めてもおいしい”お米屋さんが作るこだわりの絶品おにぎり店(直方市)

2022.11.11

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェやグルメ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、2022年11月3日にオープンした『おにぎり屋 ふじまき』をご紹介します!

こだわりのお米を使用!お米屋さんが作るおにぎりのテイクアウト専門店「おにぎり屋 ふじまき」(直方市)

直方市下境、最寄りの平成筑豊鉄道「藤棚」駅から徒歩5分ほどの場所にある『おにぎり屋 ふじまき』。

創業67年のお米屋さんが営む、おにぎりのテイクアウト専門店です。

現在はスーパーでお米を買うのが主流になってきている中で、気軽にお米屋さんに来てもらいたいという想いを込めてオープンしたのだそう。

おにぎり屋 ふじまき 外観

画像:chippachapus

店内は、和モダンな雰囲気。白木を多く取り入れ、やさしい雰囲気が出るようにしてあるそうです。

おにぎり屋 ふじまき 店内

画像:chippachapus

おにぎりはなんと17種類! すべて、毎朝炊き立てのお米で一つひとつ丁寧に握ってあります。

ショーケースにずらりと並ぶ姿は、見ているだけでワクワクしますね♪

おにぎり屋 ふじまき ショーケース

画像:chippachapus

冷めてもおいしい!ふんわりほろっとしたご飯と手作り総菜の「おにぎり」

一番のこだわりである「お米」は、宮若市脇田で店主の祖母が作っている『脇田のおばあちゃん家のお米(福岡県産夢つくし)』を使用しています。

光沢があり、柔らかい食感とほんのり粘りがあるのが特徴です。

また、冷めてもおいしく食べられるように、少し固めに炊いてふんわり握ってあるそうです。

まずはじめに食べてみてほしいのが、シンプルにお米のおいしさを味わえる『塩おにぎり』(120円)。

おにぎり屋 ふじまき 塩むすび

画像:chippachapus

味付けは塩のみなので、お米本来の味や食感を堪能できました。また、ふんわり感が触っただけで分かり、食べたときのふわっほろっとした食感もとても良かったです。

ほか16種類のおにぎりは、こだわりの海苔や手作り総菜などが合わせてあり、いろいろな味わいを楽しめます。

1つずつ紹介していきますね。

こちらは、『鮭おにぎり』(180円)。

おにぎり屋 ふじまき 鮭おにぎり

画像:chippachapus

鮭は炭火で焼いてあるので、香りと風味がとても良かったです。身はふんわりしていました。

おにぎり屋 ふじまき 鮭おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『明太子おにぎり』(180円)。

おにぎり屋 ふじまき 明太子おにぎり

画像:chippachapus

無着色の博多明太子を使用していて、ピリ辛な風味がご飯との相性抜群でした。

おにぎり屋 ふじまき 明太子おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『ツナマヨおにぎり』(150円)。

おにぎり屋 ふじまき ツナマヨおにぎり

画像:chippachapus

和風仕立てのツナにマヨネーズがたっぷり合わせてあり、食べた瞬間広がるツナの風味がたまりません。

おにぎり屋 ふじまき ツナマヨおにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『高菜おにぎり』(150円)。

おにぎり屋 ふじまき 高菜おにぎり

画像:chippachapus

ごま油の香りとピリ辛な風味で、ご飯が進むおいしさでした。

おにぎり屋 ふじまき 高菜おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『昆布おにぎり』(150円)。

おにぎり屋 ふじまき 昆布おにぎり

画像:chippachapus

甘い昆布に唐辛子が合わせてあり、ピリッとした辛さがアクセントになっていました。

おにぎり屋 ふじまき 昆布おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『梅おかかおにぎり』(160円)。

おにぎり屋 ふじまき 梅おかかおにぎり

画像:chippachapus

梅のさっぱりした酸味と甘さ、おかかの旨みが絶妙なバランスで味わえました。

おにぎり屋 ふじまき 梅おかかおにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『天むす』(220円)。

おにぎり屋 ふじまき 天むす

画像:chippachapus

出汁がきいた甘いタレが天むすに染み込んでいて、ぐっとくる味わいが良かったです。

おにぎり屋 ふじまき 天むす

画像:chippachapus

こちらは、11月限定の『椎茸大葉味噌おにぎり』(220円)。

おにぎり屋 ふじまき 椎茸大葉味噌おにぎり

画像:chippachapus

しいたけの旨みと味噌の甘さがバランスよく味わえ、そこに大葉の風味がアクセントになっていました。

今後は、月替わりでいろいろな味が登場する予定だそう。

おにぎり屋 ふじまき 椎茸大葉味噌おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、『きなこおにぎり』(150円)。

おにぎり屋 ふじまき きなこおにぎり

画像:chippachapus

塩おにぎりにきな粉がたっぷりまぶしてあります。お米の粒感や塩のしょっぱさがよく、素朴ながらもインパクトのある味でした。

おにぎり屋 ふじまき きなこおにぎり

画像:chippachapus

雑穀米・玄米・赤飯のおにぎりも!

白米のおにぎり以外にも、雑穀米、玄米、赤飯のおにぎりもあります。

おにぎり屋 ふじまき おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、もちもちの雑穀米に黒ごまの香ばしさが良い『雑穀黒ごまおにぎり』(150円)。

おにぎり屋 ふじまき 雑穀黒ごまおにぎり

画像:chippachapus

こちらは、雑穀米とさっぱりとした酸味の梅を合わせた『雑穀梅おにぎり』(170円)。

おにぎり屋 ふじまき 雑穀梅おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、甘い醤油の風味がするおかかをトッピングした『雑穀おかかおにぎり』(170円)。

おにぎり屋 ふじまき 雑穀おかかおにぎり

画像:chippachapus

こちらは、ほんのり生姜の風味を感じる鶏そぼろと甘いたまごそぼろを混ぜ込んだ『玄米鶏そぼろおにぎり』(220円)。

おにぎり屋 ふじまき 玄米鶏そぼろおにぎり

画像:chippachapus

こちらは、サバの旨みがぎゅっと詰まっていて噛むたびにおいしさが広がる『玄米塩サバ大葉おにぎり』(220円)。

おにぎり屋 ふじまき 玄米塩サバ大葉おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、柔らかい釜揚げしらすの佃煮を混ぜ込んだほんのり甘さのある『玄米しらすの佃煮おにぎり』(220円)。

おにぎり屋 ふじまき 玄米しらすの佃煮おにぎり

画像:chippachapus

こちらは、もち米と小豆を炊いた『赤飯』(160円)。小豆のふっくら柔らかい食感が良かったです。

おにぎり屋 ふじまき 赤飯

画像:chippachapus

どれもおいしくて、何個も食べたくなりました♪

お弁当やサイドメニューもあります!

おにぎり以外にもお弁当や味噌汁、米粉からあげなどの販売もあります。

写真左の『ふじまき弁当』(750円)は、5個からの予約販売のみ。2段になっていて、上におにぎり4種類、下におかずが入っていますよ。

おにぎり屋 ふじまき お弁当

画像:chippachapus

お店の近くには公園もあるので、天気の良い日は外でピクニック気分を味わいながらおにぎりを楽しむことも♪

おにぎりは店頭に並んでいる分のみ。完売次第終了なので、事前予約がおすすめですよ。

ぜひ、いろいろなおにぎりを味わってみてくださいね!(文/chippachapus)

<店舗情報>
■おにぎり屋ふじまき
住所:直方市大字下境4011-18
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#筑豊周辺 #テイクアウト #ニューオープン 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店