TOP > グルメ > 究極のまかないカレー!コスパ◎のトッピングも嬉しいコラーゲンたっぷりな一皿(北九州市)

究極のまかないカレー!コスパ◎のトッピングも嬉しいコラーゲンたっぷりな一皿(北九州市)

2022.10.17

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は、北九州市小倉南区エリアにある、いま注目のカレー専門店『トントンカリー 親父のセンチメンタル』をご紹介します。

コラーゲンたっぷり!究極のまかないカレー専門店「トントンカリー 親父のセンチメンタル」(北九州市小倉南区徳力)

北九州モノレール「徳力公団前」駅から徒歩約4分の場所に、2022年3月9日にオープンした『トントンカリー 親父のセンチメンタル』。

オーナーが福岡市内にある飲食店の、とある板前さんが作るまかないカレーに衝撃を受け、「この味を世に出したい!」という思いから、その板前さんとメニューを共同開発してオープン。豚バラ軟骨をメインに、コラーゲンがたっぷり入った「究極のまかないカレー」の専門店です。

トントンカリー 親父のセンチメンタル 外観

画像:CHIHIRO

店名の『トントン』は、こだわりのポークカレーを提供していることから名付けられたのだそう。

店内は、木のぬくもりが温かなオシャレな空間。ホッと癒されるひとときを過ごせますよ。

トントンカリー 親父のセンチメンタル 店内

画像:CHIHIRO

カウンター席もあるので、1人でも立ち寄りやすい雰囲気です。

トントンカリー 親父のセンチメンタル カウンター席

画像:CHIHIRO

カウンター席から見える厨房の棚に飾られているのは、オリジナルで特注した波佐見焼のお皿。カレーが映えるようなカラフルなデザインに、思わずときめきます。

トントンカリー 親父のセンチメンタル お皿

画像:CHIHIRO

お皿に合うようにデザインされた木製のスプーンもオシャレです。

トントンカリー 親父のセンチメンタル スプーン

画像:CHIHIRO

実は、オーナーの“親父”さんたちは、飲食店の経験は初めて。だからこそ、よりお客さま目線に立ったきめ細やかな工夫や妥協のない料理を提供できるのだなと感じられるお店です。

ここからはこだわりがたっぷりとつまった、「究極のまかないカレー」をご紹介していきます。

コスパ◎のトッピングも!「究極のまかないカレー」3種類

基本のメニューは3種類。

いずれのカレーも、ルーには長時間煮込んだ鹿児島県産の豚足と豚バラ軟骨をたっぷり使用。野菜や果物の甘みや旨みが存分につまった、スパイシーながらも素材の奥深さを感じられる逸品です。

スパイシーカリー

「元祖・トントンカリー 親父のセンチメンタルの味」でもある『スパイシーカリー』(小700円、並750円、大800円、特850円)。

今回は、「並」に『トロ玉チーズ』(250円)と『ロースかつ』(350円)をトッピングしました。

トントンカリー 親父のセンチメンタル スパイシーカリー 

画像:CHIHIRO

豚足からダシをとって、ほぼ加水していないというカレーは、旨みがギュッと凝縮されていて重みがあります。コラーゲンを含むゼラチンもたっぷりと含まれているそうですよ。

トントンカリー 親父のセンチメンタル スパイシーカリー 

画像:CHIHIRO

トッピングの『ロースかつ』は、鹿児島県と宮崎県の県境「霧島」で育った『霧島山麓豚』を使用した、贅沢な一品。

揚げたてでサクサク、やわらかな旨みをギュッと感じられます。ぜひとも食べてほしいメニューです。

トントンカリー 親父のセンチメンタル スパイシーカリー(トッピングのロースかつ)

画像:CHIHIRO

マイルドカリー

辛さ控えめの『マイルドカリー』(小700円、並750円、大800円、特850円)は、辛さが苦手な方にぴったりなマイルドな味わい。

今回は、「並」に『ウインナー4本』(200円)をトッピングしました。

トントンカリー 親父のセンチメンタル マイルドカリー

画像:CHIHIRO

香ばしくカリッと焼き上げられたウインナーと、ゴロゴロっと入った豚バラ軟骨の味わいが相性抜群でした。

トントンカリー 親父のセンチメンタル マイルドカリー

画像:CHIHIRO

トントンカリー

スパイシーカリーとマイルドカリーのあいがけを楽しみたい方は、『トントンカリー』(小800円、並850円、大900円、特950円)をぜひ。

それぞれのカレーの味わいを楽しんだあとに、混ぜて食べると、一度で三度のおいしさを堪能できますよ。

トントンカリー 親父のセンチメンタル トントンカリー

画像:CHIHIRO

スペシャルプライスカレー

『スパイシーカリー』『マイルドカリー』『トントンカリー』の中から好きなカレーを選び、季節の野菜と一緒に楽しめるメニューもあります。

サイズ関係なく800円という「スペシャルプライス」です(2022年11月末までの予定)。

写真は9月の夏野菜ですが、現在はカボチャ、パプリカ、ナス、ぶなしめじ、ヤングコーン、オクラなどの秋野菜が日替わりで数種類のっているそうです。

トントンカリー 親父のセンチメンタル トントンカリー+野菜

画像:CHIHIRO

チキンカツトッピング

別皿で注文できるトッピング『チキンかつ』(300円)もおすすめ。

宮崎県産のこだわり特選ハーブ鶏を使用したチキンかつは、揚げたてでサクサク、中はしっとりとしたやわらかな食感。

そのまま食べてももちろん、カレーとの相性も抜群ですよ!

トントンカリー 親父のセンチメンタル チキンカツ

画像:CHIHIRO

アイスコーヒー

食後にぴったりの『アイスコーヒー』(300円)は、同じく徳力エリアにある『こおふぃ屋』のコーヒー豆を使用した至福の一杯。

ドリンク一杯にも手を抜かない、“親父”たちの心遣いを感じられます。

トントンカリー 親父のセンチメンタル アイスコーヒー

画像:CHIHIRO

どのカレーも、コラーゲンたっぷりで、一つひとつの素材の奥深さを感じられる一皿でした。

駐車場は3台分あるので、車でのおでかけも便利です。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■トントンカリー 親父のセンチメンタル
住所:北九州市小倉南区徳力2丁目3-1
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#小倉 #カレー #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選