TOP > グルメ > クリーム入りモナカがどんっ! “とろける極細モンブラン”おしゃれホテルの新スイーツ(福岡市博多区中洲)

クリーム入りモナカがどんっ! “とろける極細モンブラン”おしゃれホテルの新スイーツ(福岡市博多区中洲)

2022.09.29

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、福岡にいながら見た目もかわいい韓国風スイーツを楽しむことができるカフェ&バーをご紹介します!

キラキラ輝く異空間がすてき!まるで海外のようなカフェ&バー「THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)福岡博多」(福岡市博多区中洲)

福岡市博多区中洲、地下鉄空港線「中洲川端」駅から徒歩1分の場所にあるホテル『THE LIVELY(ザ ライブリー)福岡博多』。

宿泊だけでなく、暮らし・仕事・食事・ファッションの発信などさまざまな体験をすることができる、“福岡初のライフスタイルホテル”だそうです。

THE LIVELY 福岡博多外観

画像:chippachapus

今回ご紹介する『THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)』は、ホテル1階のロビーラウンジにあるカフェ&バーです。

14時から23時までの間は、宿泊者以外も気軽に利用することができますよ。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)店内

画像:chippachapus

1階から2階まで吹き抜けになった開放感のある空間にはデジタルアートや電球がたくさんあり、キラキラ輝く光景に思わず見とれてしまうほど。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)照明

画像:chippachapus

カウンター席以外のスペースでスイーツやドリンクを楽しむこともできます。

まるで海外のような非日常的な空間がとてもステキでした。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)店内

画像:chippachapus

韓国っぽくてかわいい♡ダークトーンで統一されたスイーツ

『THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)』のスイーツは、ちょっとした韓国体験を楽しんでもらいたい、という想いから誕生したオリジナル韓国風スイーツ。

全部で4つあり、どれも年中ある定番メニュー。ホテル宿泊者のルームサービスでも提供されています。

さっそく1つずつご紹介しますね。

こちらは、『ほうじ茶チーズケーキ』(800円)。キャンドルをイメージしたかわいらしいケーキです。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー) ほうじ茶チーズケーキ

画像:chippachapus

ほうじ茶を練り込んだレアチーズケーキと、底にはサクサクのクラッシュクッキーが敷いてあります。

ほうじ茶とチーズの風味がバランスよく感じられ、全体的に甘さは控えめ。上のクリームと合わさることで、クリーミーさが出ていましたよ。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)ほうじ茶チーズケーキ

画像:chippachapus

こちらは、『落ちたアイス』(800円)。コーンが逆さになっていて、名前の通り落ちたアイスを表現した斬新なスタイルのスイーツです。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)落ちたアイス

画像:chippachapus

食べ方は自由ですが、コーンを崩して食べると食べやすいですよ。

コーンの中には、ティラミスクリームとココアチップが隠れています。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)落ちたアイス

画像:chippachapus

アイスの下はホイップクリームとオペラケーキが。オペラケーキはチョコブラウニーのような感じで、しっとり軽い食感。アイスやケーキの甘さに、ところどころあるベリーの甘酸っぱさがアクセントになっていました。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)落ちたアイス

画像:chippachapus

こちらは、『オレオティラミス』(800円)。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)オレオティラミス

画像:chippachapus

エスプレッソを染み込ませたイタリアのフィンガービスケットに、ティラミスクリームと生クリーム、仕上げに自家製ブラックココアパウダーがたっぷりかけてあります。

エスプレッソやブラックココアのほろ苦い味わいに、少ししっかりめの生クリームの甘さが相性抜群でしたよ。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)オレオティラミス

画像:chippachapus

こちらは、『黒ごまプリン』(800円)。黒ごまペーストをふんだんに練り込んだ黒ごまプリンに、生クリームが雲のように盛り付けてあります。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)黒ごまプリン

画像:chippachapus

カラメルソースも黒ごまなので、黒ごまの濃厚な味わいを楽しめます。後味はあっさりしているので、ぺろっと食べられましたよ。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)黒ごまプリン

画像:chippachapus

どれも韓国カルチャーを取り入れつつもオリジナリティーのある、ここでしか味わえないスイーツに仕上げてあるそうです。

ダークトーンで統一された見た目からも、韓国っぽさが感じられました♪

また、ドリンクメニューも斬新でかわいいものがたくさんあるので、スイーツと合わせて楽しんでみてくださいね。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)ドリンク

画像:chippachapus

口に入れた瞬間とろけるような口どけ!“たい焼き形の最中がインパクト大”な秋限定「生搾りモンブラン」

季節限定のスイーツもあります。

今回は、2022年9月1日から10月31日までの2か月間限定で登場している2種類の『生搾りモンブラン』(各800円)をご紹介します。

左が『くりったい』、右が『芋ずくしったい』です。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)生搾りモンブラン

画像:chippachapus

博多弁「~ったい」とたい焼き形の最中を掛け合わせた、かわいらしいネーミングとインパクトのあるビジュアル。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)たい焼き最中

画像:chippachapus

最中の中には、どちらともに生クリームとあんこ、『くりったい』には栗、『芋ずくしったい』には芋がそれぞれに入っています。

最中のパリッと香ばしい味わいがとても良かったです。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)たい焼き最中

画像:chippachapus

生搾りクリームは、口どけの良さを重視し細さは1ミリ。口の中に入れた瞬間、溶けていくようななめらかさでした。

また、どちらともに水あめとバターを混ぜてあり、コクのある甘さに仕上げてあるそうです。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)生搾りモンブラン

画像:chippachapus

『くりったい』は、栗ペーストと生クリームを合わせたモンブランクリーム。栗の味をしっかり感じられ、甘くて濃厚な味わいでした。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)くりったい

画像:chippachapus

中は、アイス、ベリー、生クリーム、クッキーで構成されています。

クッキーのサクサク食感やベリーの酸味がアクセントになっていました。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)くりったい(中)

画像:chippachapus

『芋ずくしったい』は、紫芋ペーストと生クリームを合わせた紫芋クリーム。こちらもお芋の風味をダイレクトに感じる濃厚な味わい。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)芋づくしったい

画像:chippachapus

中は、アイス、芋の甘露煮、黒蜜ソース、ベリー、生クリーム、クッキーで構成されています。

紫芋クリームや芋の甘露煮でお芋を存分に堪能できました。アイスや生クリームともよく合っていましたよ。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)芋づくしったい(中)

画像:chippachapus

『生搾りモンブラン』も、宿泊者はルームサービスとしても楽しむことができます。

THE LIVELY BAR(ザ ライブリー バー)店内

画像:chippachapus

一歩入れば海外に来たような気分になれるホテルの中にあるカフェ&バー。

ぜひ、この機会に足を運んでみてくださいね♪(文/chippachapus)

<施設情報>
■THE LIVELY(ザ ライブリー)福岡博多
住所:福岡市博多区中洲5-2-18
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#スイーツ をまとめてチェック!
#博多 #カフェ #バー #ホテル 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店