TOP > グルメ > こんなに可愛い月餅見たことない! “手土産にも喜ばれる”中華スイーツ専門店(福岡市博多区南本町)

こんなに可愛い月餅見たことない! “手土産にも喜ばれる”中華スイーツ専門店(福岡市博多区南本町)

2022.08.25

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、西鉄「雑餉隈」駅から徒歩2分の場所にある『甜甜印象(てんてんいんしょう)』をご紹介します!

手土産や贈り物にぴったり!中華スイーツ専門店「甜甜印象(てんてんいんしょう)」(福岡市博多区南本町)

2022年4月にオープンした『甜甜印象(てんてんいんしょう)』は、中国在住経験のある店主が作る、中華圏のスイーツやドリンクを楽しめるお店です。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 外観

画像:chippachapus

店内は、入った瞬間に中国をイメージさせるようなデザイン。テイクアウトがメインですが、カウンターが3席とテーブルが2卓あるのでイートインもできます。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 店内

画像:chippachapus

“全6種類の味”中華圏の伝統スイーツ「月餅(げっぺい)」

まずご紹介するのは、『月餅(げっぺい)』。代表的な節句の一つ「中秋節」の伝統的なスイーツで、もともとは月をイメージして丸く平たい形が定番でしたが、現在はいろいろな形のものが登場しているそうです。

『甜甜印象(てんてんいんしょう)』では、6種類の味が楽しめますよ。甘さ控えめのしっとり生地に、さまざまな餡がぎっしり入っています。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 月餅

画像:chippachapus

こちらは、『小豆くるみ月餅』(250円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 小豆くるみ月餅

画像:chippachapus

甘さ控えめの自家製粒あんに、くるみの香ばしい風味がアクセントになっていました。

こちらは、『抹茶五仁(ごれん)月餅』(280円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 抹茶五仁月餅

画像:chippachapus

抹茶と緑茶を合わせた生地の中に、ピーナッツ、アーモンド、胡麻、クコの実、レーズンなど5種類以上の具材がぎっしり。いろいろな食感や味を楽しめました。

こちらは、『ベリー&ベリー月餅』(290円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) ベリー&ベリー月餅

画像:chippachapus

ベリーシロップで香りづけした白餡に、クランベリーとゴジベリー(クコの実)が入っています。ベリーの甘酸っぱさがダイレクトに感じられる爽やかな味わいでした。

こちらは、『桂花紅茶月餅』(270円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 桂花紅茶月餅

画像:chippachapus

アールグレイの紅茶葉を練り込んだ生地に、金木犀のジャムを混ぜた白餡。粒粒しているのが金木犀の花です。アールグレイの香りとさっぱりとした風味がとてもよかったです。

こちらは、『珈琲月餅』(260円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 珈琲月餅

画像:chippachapus

月餅では珍しいというコーヒーとの組み合わせ。白餡にコーヒーフレーバーとクラッシュアーモンドが混ぜてあります。

生地にはコーヒーとブラックココアを加えてあるそうで、甘さの中にほろ苦さも感じられる少し大人な味わいでした。

こちらは、『パイナップル月餅』(300円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) パイナップル月餅

画像:chippachapus

フレッシュなパイナップルを煮詰めて作っているというパイナップル餡は、果肉感がしっかりあり甘酸っぱい風味。

パイナップルの形もかわいかったです♡

月餅は、手土産や贈答品として購入される方も多いのだそう。3個以上は専用の箱(100円)に入れてもらえます。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 月餅

画像:chippachapus

また、オンラインショップでも購入できるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

小豆やハト麦など“薬膳要素”も!まるでスイーツのようなオリジナルドリンク

ドリンクの定番メニューは3種類。左から、『雪つばめ・白きくらげのフルーツジャスミンティー』(690円)、『台湾式豆花(とうふぁ)黒糖ウーロンティー』(640円)、『黒くこのレモネード』(640円)です。

甜甜印象(てんてんいんしょう) オリジナルドリンク

画像:chippachapus

美容や健康の面でも注目度の高い「黒くこ」や「小豆」、「ハト麦」などを多く取り入れたオリジナルドリンクです。

『雪つばめ・白きくらげのフルーツジャスミンティー』は、柑橘の生絞り果汁とジャスミンティーですっきりとした味わいでした。

左の透明なものが「白きくらげ」で、ぷるんとした食感。右のゼリーのようなものが「雪つばめ」で、ざらっとした舌触りでした。味はほとんどしませんが、食感がおもしろいのとヒアルロン酸がたっぷりなのでお肌も喜びそうです。

甜甜印象(てんてんいんしょう) ジャスミンティー

画像:chippachapus

『台湾式豆花(とうふぁ)黒糖ウーロンティー』は、黒糖風味のウーロンミルクティーにハト麦、芋泥、あんこ、豆花、ナツメのシロップ煮がトッピングしてあります。

ミルクティーそのものは甘さ控えめでさっぱりしていました。上にのった素材がたっぷりなので、まるでスイーツを食べているかのような贅沢なドリンクでしたよ。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 台湾式豆花(とうふぁ)黒糖ウーロンティー

画像:chippachapus

『黒くこのレモネード』は、黒クコの実の色素(ピンク)で色付けしたゼリー入りのレモネードです。

底にはシロップ漬けのレモンも入っていて、かなりさっぱりした味わいでした。

甜甜印象(てんてんいんしょう)黒くこのレモネード

画像:chippachapus

かき氷の上にぷるぷるゼリー!中国・四川省発祥の夏の定番スイーツ「冰粉(ビンフェン)」

こちらは、中国・四川省発祥の夏の名物スイーツ『冰粉(ビンフェン)』。かき氷の上にぷるぷる食感のゼリー(ビンフェン)と数種類のトッピングを合わせた新食感なかき氷です。

左から、『伝統黒糖ビンフェン』(640円)、『パイナップルビンフェン~バニラアイスのせ』(790円)。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 冰粉(ビンフェン)

画像:chippachapus

『伝統黒糖ビンフェン』は、サンザシフレーク、芋圓(台湾の伝統的菓子)、ピーナッツシロップ煮、クコのシロップ漬け、レーズンなど中華圏で定番のトッピングを全部のせてあるそう。黒蜜や練乳もかかっていて、食べやすく、クセになるようなおいしさでした。

甜甜印象(てんてんいんしょう) 伝統黒糖ビンフェン

画像:chippachapus

『パイナップルビンフェン~バニラアイスのせ』は、パイナップルソース、ナツメのシロップ煮、パイナップルダイス、パイナップルシロップ、パイナップルスライスなどパイナップルづくしなかき氷。パイナップルの甘さが引き立つ、フルーティーな味わいでした。

甜甜印象(てんてんいんしょう) パイナップルビンフェン~バニラアイスのせ

画像:chippachapus

スイーツやドリンクはどれも現地の食材を使いつつも、日本人の口に合うようにアレンジをしているそうです。

「これからもまだ日本ではあまり知られていないような中華スイーツを展開していきたい」というオーナー。今後もどんなスイーツが出てくるのか楽しみですね!(文/chippachapus)

<店舗情報>
■甜甜印象(てんてんいんしょう)
住所:福岡市博多区南本町2-4-10
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#スイーツ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #2022年オープン #手土産
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア