TOP > グルメ > 夏バテ気味の日に取り入れたい!さっぱりおいしい「ねばねば食材」レシピ
とろろ汁

夏バテ気味の日に取り入れたい!さっぱりおいしい「ねばねば食材」レシピ

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

時折「あら?ちょっと秋みたいな涼しさが……」と感じたかと思ったら「いやいや、うそうそ!むちゃくちゃ暑い!!」なんて日も。

お盆が明けても残暑が厳しいですね……。夏の疲れが溜まりがちな今、栄養のある「ねばねば食材」の力をかりて体力を保ちたいところ。

今回は「ねばねば食材」を使ったレシピをご紹介します。おいしく食べて、残暑を乗り切りましょう!

1:冷えたお出汁と長芋でさっぱりうれしい「長芋のとろろ冷や汁」

お出汁でのばした「とろろ」っておいしいですよね。宮崎名物の「冷や汁」にとろろを加えたアレンジレシピです。ご飯の上からかけていただくほかに、そうめんのつけ汁にしても◎。

とろろ汁

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
長芋・・・10cm(100g)
アジの干物・・・中サイズ1枚
白ごま・・・大さじ2
大葉・・・2枚
青ねぎ・・・2本
みょうが・・・1本
A白だし・・・小さじ1
A水・・・80ml
みそ・・・小さじ2
醤油・・・適量
白ごはん・・・茶碗1杯

<作り方>

(1)アジの干物は焼き、骨と皮を取り除きほぐしておく。大葉とみょうがは千切り、青ねぎは小口切りにする。大葉とみょうがは軽く水にさらす。

(2)長芋は皮をむいてすりおろす。Aを容器に入れ、混ぜ合わせておく。

(3)すり鉢にごまを入れてすった後、みそも加えすり合わせる。そこに(2)の長芋を少し入れ、Aを少しずつ加えのばしていく。これを繰り返す。

(4)なめらかに混ざり合ったらアジを加え、白だし(分量外)で味をととのえ、冷蔵庫で冷やす。

(5)温かいご飯に(4)と水気を切った大葉とみょうが、青ねぎをのせて食べる。

もし、余裕があれば白ごまを一旦フライパンで炒ると香りがさらに増して◎。冷たく冷やしたお汁をご飯にかければ、食欲のない日もさらっと食べられちゃいます。

2:そうめんの副菜にも◎!「つるむらさきとじゃこの梅和え」

実家の家庭菜園で作っていたので、頻繁に食卓にのぼっていた「つるむらさき」。茎と葉っぱを食用にします。独特のぬめりと香りがあって、インドのほうれん草とも呼ばれている栄養価がとっても高い食材です。その独特な香りから、好き嫌いが分かれるお野菜かもですが……、私は大好きです!

つるむらさき

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
つるむらさき・・・150g
ちりめんじゃこ・・・大さじ1
練り梅(チューブ)・・・小さじ1
麺つゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
砂糖・・・ひとつまみ
かつお節・・・適量

<作り方>

(1)つるむらさきは、葉の部分と茎の部分にざっくり切り分ける。

(2)鍋に600ml程度の湯(分量外)を沸かし、小さじ1(分量外)ほどの塩を加える。茎の部分を入れ30秒、葉の部分を加えさらに30秒程さっとゆで、ざるにあげる。水にさらし、水気をしっかり切る。

(3)(2)を1cm幅に切る。

(4)ボウルに練り梅と麺つゆ、砂糖を加えて混ぜ合わせ、(3)とちりめんじゃこを入れて和える。

(5)器に盛り、かつお節をのせる。

梅でさっぱりの1品です。今回は手軽な練り梅(チューブ)を使いましたが、もちろん梅干しでもOK。そうめんの上にのっけてぶっかけにしてもおいしいですよ~。つるむらさきを見かけたらぜひ作ってみてくださいね。

今回は「ねばねば食材」を使ったレシピをご紹介しました。まだまだ続く暑い日々。バランスよくおいしいもの食べて乗り切りましょうね!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア