TOP > グルメ > 腸活プランナーが伝授!簡単でおいしさ◎「腸活」食材・納豆アレンジレシピ3選

腸活プランナーが伝授!簡単でおいしさ◎「腸活」食材・納豆アレンジレシピ3選

2022.08.18

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。腸活研究所認定の資格『腸活プランナー』を持っている大戸千絵です。

腸内環境を整える「腸活」でも注目を集める発酵食品。今回は、「納豆」を使ったおいしいレシピをご紹介します。

1:暑い日にピッタリ!苦みもクセになる「ゴーヤと塩昆布の納豆和え」

ゴーヤと納豆の塩昆布和え

画像:大戸千絵

【材料】(2~3人前)
ゴーヤ・・・半分(縦切り)
納豆・・・1パック
塩昆布・・・大さじ1
はちみつ(砂糖でも可)・・・小さじ1
塩・・・少々

<作り方>

(1)洗ったゴーヤのわたと種を取り、薄めにスライス。塩を振って塩もみし、水気を切っておく。

(2)(1)をボウルに入れ、たれをかけた納豆と塩昆布、はちみつを加えて混ぜ合わせたら完成。

2:Wネバネバがおいしい♡「納豆モロヘイヤの辛子和え」

モロヘイヤと納豆の辛子和え

画像:大戸千絵

【材料】(2~3人前) 
モロヘイヤ・・・1束
納豆・・・1パック
塩・・・少々
薄口醤油・・・小さじ2
からし(柚子胡椒でも可、子ども用はなくてもOK)・・・小さじ1

<作り方>

(1)モロヘイヤの茎の硬い部分(下のほう)を切り落とし、残りの茎と葉の部分を沸騰したお湯に入れて茹でる(茎を先に入れて少し長めに茹でる)。しんなりしたらざるにあげて、水気を切る。

(2)(1)をみじん切りにし、ボウルに入れる。納豆、薄口醤油、からしを加え、混ぜ合わせたら完成。

あれば、ごまを振りかけるとさらにおいしい! 温かいご飯に卵の黄身と一緒にのせて食べるのがおすすめです。

3:メインにもなる!わが家の定番「レモンでさっぱりポキ」

ポキ

画像:大戸千絵

【材料】(2~3人前) 
マグロの刺身・・・200g前後
クリームチーズ・・・20g
キムチ・・・20g
レモン・・・1/6個
納豆・・・1パック
ごま油・・・大さじ1

<作り方>

(1)レモンは小さめにカットしておく。マグロ、クリームチーズは一口大程度にカットする。

(2)マグロをボウルに入れ、ごま油をコーティングするようにかける。

(3)たれをかけて納豆を混ぜ、(2)にクリームチーズ、キムチ、レモンとともに加え、混ぜ合わせたら完成。

最高においしくて栄養満点な1品。海苔に巻いて食べるのがおすすめですよ。

いかがでしたか? ちょこっとアレンジするだけで、一品としての存在感がUP! 飽きずに食べられますよ。

「腸活」を意識して、ぜひチャレンジしてみてくださいね。(文/大戸千絵)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/大戸千絵

#グルメ をまとめてチェック!
#時短 #料理 #レシピ #ヘルスケア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア