TOP > グルメ > “裕次郎グラス”のレモンスカッシュも美味♡地元民おすすめの洋食店(北九州市若松区)

“裕次郎グラス”のレモンスカッシュも美味♡地元民おすすめの洋食店(北九州市若松区)

2022.07.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

家族の転勤で、昨年の夏から北九州市に移り住んだ青木うらです。

北九州のゴハン屋さんを巡っていると、アイデアに溢れたお店を営むシェフに出会うことが多々あります。

みなさん揃って人柄が魅力的で、料理に対しても非常に真摯。お持ちの知識や情報を惜しみなくシェアしてくれます。よそから見ると珍しいほどの、この「親しみやすさ」は本当に素晴らしい。

今回ご紹介する店も、おしゃれな定食屋さんを営むシェフが「ぜひ行ってみてください」と薦めてくださったお店です。さっそく行ってきました♪

地元・若松の常連客も絶賛!「洋食屋 ぐらんどじゃるだん」(北九州市若松区本町)

若戸大橋のたもと、北九州市若松区本町にある商店街「ウエル本町」にある『洋食屋 ぐらんどじゃるだん』。

『ホテルルートイン北九州若松駅東』からJR「若松」駅方面へ、アーケード商店街に入ると青い窓枠のかわいい建物が見えてきます。

ぐらんどじゃるだん 外観

画像:青木うら

さっそく店内に入り、カウンター席でドリンクを選んでいると、「おすすめは『自家製レモンスカッシュ』(400円)! 」と店内にいた常連さんが教えてくれました。

ぐらんどじゃるだん ドリンクメニュー

画像:青木うら

注文すると、昭和の大スター石原裕次郎を彷彿とさせる大きなグラスで『自家製レモンスカッシュ』が登場(笑)。

写真左の『ノンアルコールスパークリングワイン』(400円)との対比、すごいです。

ぐらんどじゃるだん ドリンク

画像:青木うら

レモンの爽やかな酸味が、喉越しに気持ちよい。しかも後味にスパイスの風味が残り、余韻がすごいんです。これは秀逸!

スパイス使いが巧みなので、自家製コーラもぜひ作ってほしい。絶対おいしいだろうな~と思います!

魚料理も肉料理も!たっぷり楽しめる「おまかせ」コース料理

ディナーは『おまかせコース』(4,000円)のみ。

先ほどの常連さんが「今日もおいしいですよー♪」と教えてくれました。レモンスカッシュの件もあり、期待値も上がります。

最初に来たのは『冷製そら豆のポタージュスープ』。「そら豆」の色といえばグリーンと思っていたので、真っ白な色に驚きました。

ぐらんどじゃるだん スープ

画像:青木うら

味は濃厚。そら豆で、ここまで濃厚な風味を出せることにも驚きです。

大きめにカットしたそら豆本来の歯ごたえも楽しめます。こちらのポタージュ、ただものではありません。

前菜が来る前に「おどうぐばこ」がテーブルに登場。箱の中にはナイフとフォークが入っていました。

ぐらんどじゃるだん おどうぐばこ

画像:青木うら

箱から食器を出すだけなのですが、お気に入りを選ぶ気分♪ こういう仕掛けはサプライス感があり、楽しいものです。

そして、大きめポーションの『豚肉のパテ』がやってきました。

ぐらんどじゃるだん 豚肉のパテ

画像:青木うら

豚肉の旨みが凝縮したほろほろのお肉で、満足度が高いです。

自家製ドレッシングと和えたプチトマト、爽やかな酸味が効いたきゅうりなど、添えられた野菜のさりげない調理も素晴らしい。きゅうりの隠し味は『レモンスカッシュ』用に漬けたレモンで作ったピューレだそうです。

「用意した魚が終わってしまったので」と、配された魚料理は『サバのマリネ燻製』。

ぐらんどじゃるだん サバマリネ燻製

画像:青木うら

鮮度を保つのがとても難しいサバ。生を感じるギリギリのところで燻製にしてあります。

脂がのったサバの旨みは衝撃的。今まで食べたどのサバにも当てはまらない、とろっとした濃厚な味わいなのです。

シェフの言葉「本当は前菜用のものなんです」に納得。薄くマリネにして食べるためのサバを、今回はまるっと提供してくれました。

若い筍の素焼きも、さっぱり爽やか。濃厚なサバとの対比となるように計算された一皿。感服。

肉料理は『煮豚肉』でした。

ぐらんどじゃるだん 煮豚焼き

画像:青木うら

濃厚な魚料理の後で、このシンプルな味わいとは! ナイフを使わずとも解ける柔らかなお肉。そこにおでんのような出汁が効いた大根と香ばしいじゃがいもが、満腹感をもたらします。

サプライズだったのが、〆ごはんとして出てきた『自家製スパイスカレー』。

ぐらんどじゃるだん スパイスカレー

画像:青木うら

写真は、ごはんの量を少なめにしてもらっています。香辛料がキリッと効いたカレーは絶品。

もう少しだけ食べたい! 満腹すぎる自分が悔しい。

この日のデザートは『フロマージュブラン』。

ぐらんどじゃるだん フロマージュブラン

画像:青木うら

熟成させないフレッシュチーズの代表格ともいえるフロマージュブラン。マスカルポーネチーズよりもさっぱりとしています。

オレンジソースが爽やか。満腹でもペロっと食べられるおいしさです。

ちなみに、デザート用のスプーンやフォークも、お菓子の箱から取り出します。箱のイラストがデザートタイムに合い、かわいいんです。

ぐらんどじゃるだん 食器

画像:青木うら

コーヒーを飲み、最後の一服。サプライズ感満載なコース料理に大満足!

ぐらんどじゃるだん コーヒー

画像:青木うら

お会計も、かわいいレジで対応してくれます。

ぐらんどじゃるだん レジ

画像:青木うら

料理のおいしさはもちろん、気取らずお客様を楽しませる仕掛けが素晴らしい!

特別な日に行きたくなるお店です。近くに行くことがありましたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!(文/青木うら)

<店舗情報>
■洋食屋 ぐらんどじゃるだん
住所:北九州市若松区本町3-6-14
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/青木うら

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ディナー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店