TOP > グルメ > 博多のおしゃれな隠れ家に登場! “大人の味わいがクセになる”食感も楽しい「箱プリン」(御供所町)

博多のおしゃれな隠れ家に登場! “大人の味わいがクセになる”食感も楽しい「箱プリン」(御供所町)

2022.05.30

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。隠れ家カフェが大好きなライター・ayu.latteです。

今回は、お気に入りのカフェが新作を出されたとのことでお邪魔してきました♡

箱崎縞と喫茶の小さなお店「Maison HAKOSHIMA(メゾンはこしま)」(福岡市博多区御供所町)

日本最大級の木造座像・福岡大仏で知られる『東長寺』の近く、「御供所通り」沿いにある『Maison HAKOSHIMA(メゾンはこしま)』。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 外観

画像:ayu.latte

店名の『はこしま』は、「箱崎縞」という生地に由来。福岡市東区箱崎で戦前まで生産されていた綿織物「箱崎縞」を復元し、企画販売をしているテキスタイル(生地)メーカーなんです。

現物はほとんど残っておらず、数年前に発見された端切れをもとに復元したのだとか。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 看板

画像:ayu.latte

そんな「箱崎縞」をたくさんの方に知っていただきたいという思いで、週に3日だけ喫茶スペースをオープンされています(2022年8月より営業日などが変更になる予定なので、お店のInstagramをチェックしてください)。

私が訪れたときは、画家・牧野伊三夫さんの展示会が行われていました。中には、「箱崎縞」とコラボしたものも。

見ているだけでとても楽しい空間でした。こういった企画展が行われているときを狙っていくのも楽しみのひとつです。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 店内

画像:ayu.latte

隠れ家カフェのようでワクワク!3卓だけの喫茶スペース

ここからは、喫茶についてご紹介していきますね。お店の奥に入ると、テーブル席が3卓あります。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 店内

画像:ayu.latte

どれも2人掛けで、最大でも6人だけの小さな喫茶スペースです。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 店内

画像:ayu.latte

見上げると、天井や配線がむき出しの無機質な感じに、センス良く飾られた木の枝が。とにかくステキな空間です。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) 店内

画像:ayu.latte

いま人気のスイーツ「プリン」が“HAKOSHIMA風”で登場!

こちらは、2022年5月7日から登場した新作『箱プリン』(600円)。牧野伊三夫さんの展示会にあわせて、はこしま の「はこ」、額縁の「しかく」をイメージし、菓子・料理研究家の山本ゆりこさんが考案された一品です。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) プリン

画像:ayu.latte

はこしまの定番商品『SHIMA』をボトムにし、コクのある卵液、しっかり焦がしたカラメルが、直方体に収まっています。

別添えで生クリームがついてくるので、好みのタイミングでのせられるのもうれしいです。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) プリン

画像:ayu.latte

プリン自体は、甘さ控えめ。底に敷かれたほんのり甘い『SHIMA』と相性抜群で、とってもおいしいんです!

さらに、『SHIMA』のしっかりした食感と、プリンのぷるんとした食感が組み合わさった感じもとっても面白いです♡

生クリームも甘さ控えめなので、つけて食べても甘ったるくなくて食べやすい。ビターなカラメルソースととってもマッチして、あっという間に食べてしまいました。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) プリン

画像:ayu.latte

『箱プリン』は、イートインのみでの提供、数量限定。提供終了時期は未定だそうなので、気になる方はお早めに!

はこしまの看板スイーツ「SHIMA」もお忘れなく!

こちらは、「箱崎縞」をイメージして作られたお店の大人気商品『SHIMA プレーン』(400円)。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) SHIMA

画像:ayu.latte

一枚一枚、クレープのように生地を広げ、重ねては裏返す、という作業を20回以上繰り返してできる大変手間のかかるお菓子です。こちらも菓子・料理研究家の山本ゆりこさんに監修をお願いしているのだそう。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) SHIMA

画像:ayu.latte

断面が本当に美しい縞模様で、見ているだけで笑顔になってしまいます。

イートインのほか、テイクアウトも可能。カットだけでなく、在庫があればホールでの購入もできますよ。

オンラインショップでも販売されているので、気になる方はチェックしてみてください♡

こだわりのコーヒー豆で淹れる自家焙煎のおいしいコーヒー

『Maison HAKOSHIMA』コーヒーは、は自家焙煎の豆。『鳩』、『箱』、『縞』とあり、それぞれ淡味、中味、濃味となっています。

今回は、アイスコーヒー『潮』(550円)をいただきました。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) コーヒー

画像:ayu.latte

スッキリとして飲みやすく、ゴクゴク飲みたいところですが、スイーツとの相性も抜群なので、ゆっくり味わっていただきました。

Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ) カフェメニュー

画像:ayu.latte

小さくてかわいいお店『Maison HAKOSHIMA』。喫茶だけではなく、「箱崎縞」にもぜひ触れていただきたいです。ぜひ立ち寄ってみてください!(文/ayu.latte)

<店舗情報>
■Maison HAKOSHIMA(メゾンハコシマ)
住所:福岡市博多区御供所12-2 本山ビル1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#スイーツ をまとめてチェック!
#博多 #カフェ #コーヒー 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡県内】美味しいホットドッグ8選

【太宰府ニューオープン】注目のカフェ
【久留米】木曜だけ営業のパンとおやつの店