TOP > グルメ > パン好きをトリコにする!久留米の実力派人気ベーカリー【古後大輔の福岡パンライフ#127】

パン好きをトリコにする!久留米の実力派人気ベーカリー【古後大輔の福岡パンライフ#127】

2022.05.23

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、開店わずか2年にして話題の実力派人気店をご紹介!

小さく、優しく、日常にそっと寄り添う最良のパン「iruaru(イルアル)」(久留米市東櫛原町)

西鉄「櫛原」駅前にある小さなパン屋さん『iruaru(イルアル)』。

iruaru(イルアル)への道筋

画像:古後大輔

お店は、マルシェ会場やまち歩きの拠点にもなっている、リノベ界では有名な『ハンダアパートメント』の1階に入っています。

iruaru(イルアル) 外観

画像:古後大輔

『イルアル』のオープンはコロナ禍の真っ只中だった2020年5月。

iruaru(イルアル) 外観

画像:古後大輔

なのに開店2年目にして、数々のパン好きを虜にしているという、実力派の人気店なのだ。

iruaru(イルアル) 看板

画像:古後大輔

店の扉を開ければ、ガラス張りのショーケースに所狭しと並ぶ焼き立てのパンがお出迎え。

iruaru(イルアル) ショーケース

画像:古後大輔

「今日はどれにしようかなぁ~」なんていつも迷ってしまいます。

iruaru(イルアル) ショーケース

画像:古後大輔

福岡、東京で腕を磨いたシェフが丹精込めて作り上げる逸品は、シンプルながらどれもこだわり満載。

iruaru(イルアル) ショーケース

画像:古後大輔

遠方からもたくさんのファンが通い詰めるのも納得です。

シンプル・イズ・グレイト!独自の食感と口溶け「イルアル」のおいしい進化が止まらない!

そんなに頻繁には通えていないけど、訪れる度にどんどんパンの表情が伸びやかに、そしてたおやかになっていっている気がします。

iruaru(イルアル) ミルクフランス

画像:古後大輔

そんな変化というか、おいしい進化は、頬張れば一目瞭然(ここでは一口瞭然と申すべきでしょうか)。

iruaru(イルアル) 購入したパン

画像:古後大輔

この日は午後に訪問したので残り少なくなっていましたが、定番の味を中心に購入しました。

『ミルクフランス』(205円)。

iruaru(イルアル) ミルクフランス

画像:古後大輔

パフ、ジュル、シュワ~!なんじゃこりゃ~!?的新感覚。自家製練乳クリームの粘度と濃度も沼的うまさ。マストバイです。

iruaru(イルアル) ミルクフランス

画像:古後大輔

『栗と胡桃』(410円)。

iruaru(イルアル) 栗と胡桃

画像:古後大輔

酵母の風味が濃厚なふっくら生地の中には、ホクホクの栗の渋川煮と、濃厚な胡桃がゴ~ロゴロ!

iruaru(イルアル) 栗と胡桃

画像:古後大輔

『黒まめと胡桃のあんぱん』(216円)。

iruaru(イルアル) 黒豆と胡桃のあんぱん

画像:古後大輔

生地の味わいがしっかりと感じられる。新しいけど懐かしい。そんな独自のあんぱん哲学。あんに忍ばせた黒豆と、こんがりと香ばしい黒ごまの食感と風味がこれまたよか塩梅。

iruaru(イルアル) 黒豆と胡桃のあんぱん

画像:古後大輔

『パンブリエ』(259円)。

iruaru(イルアル) パンブリエ

画像:古後大輔

食べる前に写生したくなる成形と焼成の美しさよ。濃厚なバターの風味にほんのりとした甘みとしっとり食感がクセになる味わい。軽くリベイクしてもこれまた良し。

iruaru(イルアル) パンブリエ

画像:古後大輔

『ブリオッシュ食パン』(275円)。

iruaru(イルアル) ブリオッシュ食パン

画像:古後大輔

羽のようにふんわりエアリー。だけど風味豊かで食べ応えもバッチリ。ボストック、はちみつトーストなどアレンジメニューもおすすめ!

iruaru(イルアル) ブリオッシュ食パン

画像:古後大輔

『あんバターサンド』(345円)。

iruaru(イルアル) あんバターサンド

画像:古後大輔

口の中でしっとりトロけるバゲット、バター、あんこのアンサンブル。スーパーシルキーな超絶滑らか食感のオリジナルこしあんにも要注目!

iruaru(イルアル) あんバターサンド

画像:古後大輔

訪問は4月某日。その日の気まぐれで登場していたバゲットサンドがこちら。

『キャロットラペとパストラミビーフのサンド』(486円)。

iruaru(イルアル) キャロットラペとパストラミビーフのサンド

画像:古後大輔

パストラミビーフの肉肉しさもさることながら、小麦の旨みと風味豊かなバゲットと、シャキシャキで甘酸っぱいキャロットラペの黄金コンビ。その相性の良さを再認識させていただきました。

iruaru(イルアル) キャロットラペとパストラミビーフのサンド

画像:古後大輔

小麦の旨み、酵母の風味、その程よいバランスもさることながら、特筆すべきは、あるようでそうはない、心地いい歯切れ感と食べやすい口溶け感。

iruaru(イルアル) パンとショップカード

画像:古後大輔

いずれにしても今後も『イルアル』のおいしい進化を追っかけなければということですな! またお邪魔させていただきます。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■iruaru(イルアル)
住所:久留米市東櫛原町2035半田ビル102号室
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔

#パン をまとめてチェック!
#久留米 #グルメ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡県内】美味しいホットドッグ8選

【太宰府ニューオープン】注目のカフェ
【久留米】木曜だけ営業のパンとおやつの店