TOP > グルメ > 天神ランチの候補が増える!12店舗が揃う話題の新スポット「天神イナチカ」九州初の3店舗を実食レポ

天神ランチの候補が増える!12店舗が揃う話題の新スポット「天神イナチカ」九州初の3店舗を実食レポ

2022.04.29

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。おいしい食べ物や、新しいお店が大好きなライター・ayu.latteです。

今回ご紹介するのは、本日2022年4月29日(金・祝)に、福岡市中央区天神にある『天神ビジネスセンター』の地下2階にオープンする飲食ゾーン『天神イチナカ』。

東京の有名店や地元福岡の人気店など、飲食店12店舗が集結! そのうち4店舗が九州初出店です。

一足先に内覧会に参加してきたので、今回は、私が気になった3つのお店をご紹介します!

★こちらの記事もあわせてチェック!★
世界大会で優勝したピッツァも!“話題店・人気店が大集合”天神に食の新名所「天神イナチカ」が誕生

カジュアルイタリアン「o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ)」

まずご紹介するのは、『o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ)』。

東京・代々木上原にある一つ星レストラン『sio』が、カジュアルイタリアンのお店として九州初出店です。

o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ) 外観

画像:ayu.latte

メニューの前に、『o/sio』という店名の由来をご紹介しますね。

「sio」は、お店のこだわりである「塩加減を大事にしている」ということと、オーナー・鳥羽周作さんの名前から「周作 いつも おいしい」の頭文字を並べたという遊び心あるネーミングです。

そして「o」は、大切・大事にしていきたいという想いから、より丁寧に聞こえる「お」を頭に付けたのだそう。

ここからは、今回いただいたおすすめの料理をご紹介していきます!

o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ) おすすめ料理

画像:ayu.latte

こちらは『カラブリア風ハーブと青唐辛子のカルパッチョ』(1,600円)。

o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ) カラブリア風ハーブと青唐辛子のカルパッチョ

画像:ayu.latte

福岡県産の真鯛の上に、トマト、きゅうり、ディルなどのハーブ、青唐辛子がちりばめられています。

真鯛で上の具材を包んで、一口で食べるのがオススメとのこと! 新鮮な魚と野菜、そしてオイルのバランスが絶妙でとってもおいしかったです♡

こちらは『大分県産錦雲豚(きんうんとん)』(3,000円)。

o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ) 大分県産錦雲豚(きんうんとん)

画像:ayu.latte

『錦雲豚(きんうんとん)』は、お米を食べて育った豚肉。肉質がきめ細かく柔らかいのが特徴で、その肉質は5段階評価でトップのA評価を得たほど上質なものです。

ナイフで切ると驚くほど柔らかく、口に入れると甘さを感じるとともに肉汁が溢れだします。

添えてある野菜はその時々で変わりますが、この日はとっても見事なアスパラガス! 1本がとても太くて食べごたえがありました。

こちらは『o/sioの定番 コクミート』(1,800円)。

o/sio FUKUOKA(オシオ フクオカ) o/sioの定番 コクミート

画像:ayu.latte

東京のお店でも大人気のメニューですが、福岡では「甘口醤油」など、甘めの調味料が使われていることから、従来のものより少し甘めにされているそう。

コクがあり、ほんのり甘めのミートソースは絶品です!

肉炉端食堂「勝手場ごった」

続いてご紹介するのは、『勝手場ごった』。

東京を中心に、和食やフレンチビストロ・レストランなどを展開している会社が九州に初出店。「肉炉端×国産一升瓶葡萄酒(ワイン)×食堂(ビストロ)」をテーマにした国産一升瓶葡萄酒(ワイン)専門の肉炉端食堂です。

勝手場ごった 外観

画像:ayu.latte

福岡の出店は「初めての挑戦」。いろいろな方に意見をもらいながら準備されたそう。野菜はなるべく地のものを、お肉は国産のものを使い、店名の由来となっている「勝手場(=キッチンのこと)」で職人が丁寧にこしらえた料理が楽しめます。

若手スタッフがアイデアを出し合ったという店内の装飾は、どこか懐かしく、ノスタルジックな雰囲気です。

それでは、今回いただいたメニューを紹介していきます!

写真手前が、牛肉、鶏肉、豚肉、ウインナー、ベーコンなどが楽しめる『いろいろお肉ごった盛り』(1人前1,405円 ※注文は2人前~)。写真奥が旬の野菜を味わえる『焼き野菜のごった盛り』(758円)。

勝手場ごった おすすめメニュー

画像:ayu.latte

お肉の火の通り方が絶妙で、とっても柔らかくておいしかったです。添えてある塩などをつけて食べると、より一層お肉の味が引き立ちます。

勝手場ごった おすすめメニュー

画像:ayu.latte

ガラスの器に入っているのは、『ホルモンごった盛り』(748円)。 

勝手場ごった ホルモンごった盛り

画像:ayu.latte

低温調理した数種類のホルモンがごま油に絡めてあり、ワインにもピッタリ!

こちらの『ホルモンごった盛り』は、Instagramをフォローすると、ディナータイムのみ1人1皿サービスしてもらえるそうです。

勝手場ごった ホルモンごった盛り サービス

画像:ayu.latte

一升瓶で仕入れるワインは、「ワインのガブ飲み文化を作りたい!」ということで、あえて“コップ”で提供されます。こちらは、山梨から仕入れたものだそう。

勝手場ごった ワイン

画像:ayu.latte

氷を入れたり、葡萄酒ハイボールなどいろいろな楽しみ方ができるのもうれしいですね。

生ハム・ピザ・イタリア料理のお店「Pinseria Disco (ピンセリアディスコ)」

最後にご紹介するのは、『Pinseria Disco (ピンセリアディスコ)』。

東京・渋谷で人気の生ハムイタリアン『ペタロ』が、パワーアップして九州に初登場です。

今回、福岡にオープンするということで、糸島野菜や福岡の明太子を使用するなど、地元の食材を取り入れたメニューがあるとのこと。福岡県民としてはうれしいですよね!

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) 外観

画像:ayu.latte

生ハムが数多く揃うこちらのお店で、やっぱりはずせないのが『生ハム盛り合わせ』(1,800円)です。

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) 生ハム盛り合わせ

画像:ayu.latte

お店オススメの6種盛り合わせで、生ハム、サラミ、ボンレスハムと、まんべんなく楽しめるお得なセットです。

もちろん、それぞれ単品での注文も可能です。

産地や作り方で味が全く違うので、いろいろ食べ比べしてみるのも楽しいですよ。

薄く削りだされていく生ハムは圧巻です!

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) 生ハム

画像:ayu.latte

続いてのオススメが「Pizza‘Aria’(ピッザアーリア)」!

通常のピザと比べ、小麦粉の量を減らし、大豆粉、米粉を使用することで、ヘルシーで口当たりが軽く、サクサク食感に仕上がっています。

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) ピザ

画像:ayu.latte

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) ピザ

画像:ayu.latte

また、オーナーが佐賀出身ということもあり、使われている食器は「有田焼」。そこも注目ポイントです。

飲み物は、オリジナルサワーや微炭酸のスパークリングワイン「ランブルスコ」のほか、イタリアで初めて製造された『バラデン』のクラフトビールなどが楽しめます♡

Pinseria Disco (ピンセリアディスコ) 飲み物

画像:ayu.latte

天神ビッグバンの第1号案件としてビルの完成当時から注目を集めている『天神ビジネスセンター』。その目玉のひとつともいえる『天神イナチカ』で、ぜひおいしい料理を堪能してください。(文/ayu.latte)

<施設情報>
■天神イナチカ
住所:福岡市中央区天神 1丁目10-20 天神ビジネスセンター地下2階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。※営業時間は各店舗で異なります。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#ニューオープンをまとめてチェック!
#天神 #ランチ #ディナー 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡・佐賀】山の絶景が楽しめるお店4選

【うきは市】わざわざ行きたい人気パン屋さん
【福津ニューオープン】ご褒美サンド専門店