TOP > グルメ > 甘酸っぱさと辛さがクセになる!梅干し&はちみつの新感覚「和スパイスカレー」(久留米市)

甘酸っぱさと辛さがクセになる!梅干し&はちみつの新感覚「和スパイスカレー」(久留米市)

2022.05.03

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

カレー日記118回目は、梅干しとはちみつがアクセントのお皿で仕上げるスパイスカレーです。

FBS福岡放送『めんたいワイド』の「火曜カレー部」で取材したお店を詳しく紹介していきます。

久留米駅から徒歩4分!「宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー)」の新感覚スパイスカレー(久留米市東町)

西鉄「久留米」駅から歩いて4分ほど、『久留米一番街商店街』から少し入ったところのビルの3階にある『宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー)』。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) 外観

画像:伊藤舞

店内は、広々した空間。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) 店内

画像:伊藤舞

結婚式の2次会やパーティーなども開けるほどです。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) 店内

画像:伊藤舞

甘酸っぱいけど辛い!がやみつき♡こだわりのスパイスカレー

ランチでいただけるのが、こだわりの「スパイスカレー」。

さまざまなカレーメニューがある中で、今回は春限定の『やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー』(1,500円)を注文しました(6月末まで提供予定)。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

ポークビンダルーというのは、お酢の効いたマリネ液に漬け込んだ豚肉のカレー。辛みと酸味が効いた味わいが特徴です。

それだけでも十分おいしそうなんですが、このカレーのポイントは「梅干しとはちみつ」なんです。

カレーのプレートにのった梅干しにはちみつをかけ、スプーンで梅をつぶして「梅はちみつペースト」を作ります。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

そして、それをカレーと一緒に食べるんです。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

フレッシュな梅の香りと酸味、そして全てをマイルドにまとめてくれるはちみつは、カレーとの相性抜群! カレー自体が酸味があるタイプなので梅干しの味わいがよく馴染みます。

カレーに使われている豚肉は久山産のブランド豚『やよい豚』。クセがなく旨みが強いのが特徴です。

しっかりした食感と、噛めば噛むほど増してくる旨みがクセになります。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

玉ねぎ、トマトなどの野菜に6種類のスパイス、そしてワインビネガーなどではなく“お酢”を使って仕上げた、和のテイストが感じられるカレー。これだけこだわっているので、正直カレーだけでも十分においしいんです。

でも、梅はちみつペーストをあわせるとさらにおいしくなって、クセになる味わいです!

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

さらに驚きだったのが、カレーに添えてあるたけのこ! えぐみを取るために、シナモンを入れて炊いているそう。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

お出汁の味の奥からふんわり感じるシナモンの香り。決してたけのこの風味を邪魔することなく、さりげなく香ります。

独創的なカレーを生み出すのは元和食料理人!

実はこのお店のカレーを手掛けるシェフは、元和食料理人。

だからこそ生まれる、梅干しをアクセントにした味付けや、シナモンで炊くたけのこなど、和食とスパイスの融合がとても新鮮なんです。

宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー) やよい豚と久留米産純蜂蜜の梅ポークビンダルー

画像:伊藤舞

ほかでは味わえない、和のテイストを盛り込んだオリジナルのスパイスカレーが楽しめます。(文/伊藤舞)

<店舗情報>
■宴場FLAVOR(ウタゲバフレーバー)
住所:久留米市東町25ー25マルシェビル3F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/伊藤舞
FBS福岡放送『めんたいワイド』(月曜~金曜 午後3時48分~)

#カレー をまとめてチェック!
#久留米 #ランチ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選