TOP > グルメ > サクサクあまおうミルフィーユがどんっ!今だけ食べられる贅沢パフェ(太宰府天満宮)

サクサクあまおうミルフィーユがどんっ!今だけ食べられる贅沢パフェ(太宰府天満宮)

2022.04.19

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、太宰府天満宮を訪れた際に立ち寄りたいカフェ『3°C cafe(サンドカフェ)』の期間限定スイーツをご紹介します!

3月17日に全メニューリニューアル!太宰府天満宮参道にあるカフェ「3°C cafe(サンドカフェ)」(太宰府市)

西鉄「太宰府」駅から徒歩3分、太宰府天満宮参道沿いにある『3°C cafe(サンドカフェ)』。

1階と2階があり、1階ではドリンクや『ViTO』のジェラートを食べることができます。

3°C cafe(サンドカフェ) 外観

画像:chippachapus

2階に上がると、60席ほどの広々とした空間が広がります。

こちらでは、ランチやカフェタイムをゆっくり過ごすことができますよ。

3°C cafe(サンドカフェ) 2階

画像:chippachapus

2022年3月17日から全メニューがリニューアルしていて、シェフやパティシエが作る本格的なメニューを気軽に楽しめます。

いちごとピスタチオが相性抜群!フランスの人気スイーツ「フレジェ」がパフェに♡

今回いただいたのは、今が旬の「あまおう」をたっぷり使用した『あまおうとピスタチオのフレジェパフェ』(1,500円)。

あまおうとピスタチオのフレジェパフェ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:code

パフェの上には、「あまおうミルフィーユ」がどんっとのっています。

自家製パイは、生クリームやカスタードと合わせたときに湿気ないように表面がキャラメリゼされてあるので、常にサクサク食感を楽しめます。

あまおうミルフィーユ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

また、カスタードは甘さ控えめなので、甘い「あまおう」とのバランスも◎。

あまおうミルフィーユ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

パイの香ばしい味わいがアクセントになり、とてもおいしかったです。

あまおうミルフィーユ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

グラスの中は、フランスで人気のショートケーキ「フレジェ」を再現しているそうで、ピスタチオクリーム、あまおう、グラハムクッキー、ジェラートで構成されています。

あまおうとピスタチオのフレジェパフェ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

ジェラートは、『ViTO』のあまおうジェラート。

甘酸っぱい風味とピスタチオの濃厚な味わいがよく合っていました。

ミルフィーユと一緒に食べるとケーキのようになり、さらにおいしかったですよ♪

あまおうジェラート 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

『あまおうとピスタチオのフレジェパフェ』は2022年4月末までですが、今後も季節のフルーツを使ったケーキやパフェが随時登場するそうです。

また、現在は終了していますが大人気の『蜜芋ブリュレ』(850円)は、秋頃に再登場予定なのでこちらも要チェックです!

蜜芋ブリュレ 3°C cafe(サンドカフェ)

画像:chippachapus

以前よりもさらにパワーアップした『3°C cafe(サンドカフェ)』。ぜひ足を運んでみてくださいね♪(文/chippachapus)

<店舗情報>
■3°C cafe(サンドカフェ)
住所:太宰府市宰府4-6-16
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#カフェ をまとめてチェック!
#太宰府 #グルメ #スイーツ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選