TOP > グルメ > ふわっととろける極上の食感!ホテルシェフが手掛ける「ハンバーグランチ」(福岡市中央区渡辺通)

ふわっととろける極上の食感!ホテルシェフが手掛ける「ハンバーグランチ」(福岡市中央区渡辺通)

2022.05.23

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramで『インスタグルメアワード』と福岡グルメ『ちひログ』を運営しているCHIHIROです。

今回は、『ホテルニューオータニ博多』の地下1階にあるレストラン『カステリアンルーム』から、今すぐ食べたい大満足なランチメニューをご紹介します。

まるでお城の中の晩餐会!ホテルニューオータニ博多の隠れ家レストラン「カステリアンルーム」(福岡市中央区渡辺通)

地下鉄七隈線「渡辺通」駅から徒歩約1分の場所にある『ホテルニューオータニ博多』。

九州・アジアの玄関口となる福岡の地で約45年間、最高級のクオリティーを誇る“おもてなし”を届け続けているホテルです。

ホテルニューオータニ:外観

画像:CHIHIRO

『ホテルニューオータニ博多』には、さまざまなレストランがありますが、中でも非日常な美しさを誇るのが、地下1階にある『カステリアンルーム』。

カステリアンルーム:外観

画像:CHIHIRO

『ホテルニューオータニ博多』の創業時に、スペインの岩の洞窟をイメージして作られました。

まるでお城の中の晩餐会に訪れたかのような、煌びやかな空間。

カステリアンルーム:内観

画像:CHIHIRO

あたたかな温もりを感じるレンガなど、スペイン風のインテリアの中、特別な時間を過ごすことができます。

テーブル席以外に、1400年代「スペイン王朝」君主の名を付けた個室が4つあります。

完全個室の『イザベラ』と『フェルナンド』は有料ですが、半個室の『マリード』と『ムヘール』は室料なしで利用することができます(写真は『ムヘール』)。

カステリアンルーム:半個室

画像:CHIHIRO

ふわっととろける極上な食感がたまらない!新メニュー「ハンバーグランチ」

『ホテルニューオータニ博多』のランチと聞くと、特別な日に訪れるイメージでしたが、調べてみると“少し背伸び”すれば手の届くお手頃なランチやカフェメニューもいっぱい!

今回は、2022年4月からスタートした、熟練シェフの味をお手軽に楽しめる『ハンバーグランチ』(2,750円)をご紹介します。

ふわっととろける食感と、お肉の上質な味わいを楽しめる、『ホテルニューオータニ博多』でしか味わえない逸品です。

カステリアンルーム:ハンバーグランチ

画像:CHIHIRO

『ハンバーグランチ』には、サラダ、スープ、パンorライスが付いており、『季節のシャーベット』(+550円)、『ワゴンデザート』(+880円)を追加することもできます。

メインのハンバーグは、ホテルニューオータニの熟練シェフたちが、約1か月試行錯誤を重ねて完成させた逸品。

カステリアンルーム:ハンバーグ

画像:CHIHIRO

ハンバーグのソースは、レモン果汁や野菜をたっぷりと使用した、醤油ベースのオリジナルソース。

鉄板にかけると、ジュワっと豊かな香りが広がります。香りが鼻先に届き、食べる前から食欲がそそられます。

カステリアンルーム:ハンバーグ

画像:CHIHIRO

今回シェフが特にこだわったのは、ハンバーグのふわっとした食感だそう。

口に入れた瞬間にお肉の繊維が「ふわっ」とほどけていくような食感。そして、お肉本来の甘さとジューシーな旨みが、とろけてしまいそうなおいしさです。

カステリアンルーム:ハンバーグ

画像:CHIHIRO

サラダやスープは、季節によって変わります。

旬の野菜をたっぷりと使用したサラダは、ホテルニューオータニ特製のドレッシングでいただきます。

カステリアンルーム:サラダ

画像:CHIHIRO

この日のスープは『ヴェルドゥーラ』。イタリアでは家庭料理として作られている、野菜やベーコンを入れて作ったスープです。

カステリアンルーム:スープ

画像:CHIHIRO

具材の旨みがギュッと溶け込んでいて、口いっぱいにおいしさが広がります。

カステリアンルーム:スープスープ

画像:CHIHIRO

そして、パンかライスが選べるので今回はパンをチョイス。

毎朝焼き上げる自家製のパンは、小麦の豊かな香りとふわっとした食感がたまりません!

カステリアンルーム:パン

画像:CHIHIRO

パンにつけていただくのは『あおさバター』。

カステリアンルーム:あおさバター

画像:CHIHIRO

三つ星レストランなどでは定番の『ボルディエバター』を、ホテルニューオータニ風にアレンジしたもの。ミネラル豊富でヘルシーなバターは、あおさの絶妙な塩加減がアクセントとなった逸品です。

ここでしか味わえない贅沢なおいしさを堪能してみてくださいね。

パティシエが作る!6種類のデザートが食べ放題の「ワゴンデザート」

『カステリアンルーム』へ訪れたら、注文したくなるのが『ワゴンデザート』(『ハンバーグランチ』には+880円で追加可能)。

なんと『ホテルニューオータニ博多』自慢のスイーツ数種類が、食べ放題で楽しめるのです! スイーツは日替わりで登場します(基本は6種類)。

カステリアンルーム:ワゴンデザート

画像:CHIHIRO

パティシエが作り出すスイーツは、まさに極上。

華やかで上品にまとまった甘さと、一つひとつ細部まで計算された繊細な食感や味わい。何度でもおかわりしたくなる、贅沢なおいしさを楽しめますよ。

カステリアンルーム:ワゴンスイーツ

画像:CHIHIRO

セミビュッフェランチ“〜Charme~シャルム~”

セミビュッフェが楽しめるランチメニューもあります。

それが『セミビュッフェランチ“〜Charme~シャルム~”』(3,520円)。

アペタイザー&サラダビュッフェ、本日のポタージュスープ、メイン料理、パン、ワゴンデザート(6種類食べ放題)、コーヒーまたは紅茶を楽しめる大満足のランチです。

アペタイザー&サラダビュッフェは、豊富な種類の前菜とサラダがビュッフェ形式で楽しめます。

カステリアンルーム:シャルム

画像:CHIHIRO

ドレッシングなども豊富で、幅広いアレンジができますよ。

カステリアンルーム:シャルム

画像:CHIHIRO

前菜は1〜2週間ごとに、季節の食材を使用したものが登場します。訪れるたびにさまざまなメニューが味わえますよ。

カステリアンルーム:シャルム

画像:CHIHIRO

メインのお料理は、パスタやリゾットを中心に約2週間ごとに変わります。

カステリアンルーム

画像:ホテルニューオータニ博多

季節の食材をふんだんに使用した、ホテルニューオータニ自慢の料理を堪能できますよ。

カステリアンルーム:シャルム

画像:ホテルニューオータニ博多

メイン料理はプラス料金で、お肉やお魚料理に変更することもできるので、その日の気分に合わせて楽しんでくださいね。

食事の後に至福のひとときを!まるで隠れ家のようなバー

『カステリアンルーム』には、バーも併設されています。

お食事の後に、落ち着いた空間で一杯楽しみたい方にもぴったりです。

カステリアンルーム:BAR

画像:CHIHIRO

こちらもスペインの岩の洞窟をイメージした、隠れ家のような美しい空間。

アルコールだけでなく、微アルコールカクテルやノンアルコールのモクテルを楽しむこともできます。

カステリアンルーム:内観

画像:CHIHIRO

『カステリアンルーム』のスタッフゆきさんは、「お酒だけでなく、モクテルや微アルコールのドリンクもバーでカジュアルに楽しんでほしい」と言います。

カステリアンルーム:スタッフさん

画像:CHIHIRO

今回は、モクテルの中から『桜舞(おうぶ)』(1,100円)を注文しました。

バラのシロップにクランベリージュースとグレープフルーツジュースを合わせたモクテルは、桜の情景を表現したノンアルコールカクテルでした。

カステリアンルーム:モクテル

画像:CHIHIRO

時期によって季節を感じられるさまざまなカクテルが登場します。ぜひ幸せになれる一杯を味わってみてくださいね。

隠れ家のような美しい空間で、熟練のシェフが心を込めて作った極上のお料理を味わえる『カステリアンルーム』。

非日常な時間を過ごせること間違いなしなので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■カステリアンルーム
住所:福岡市中央区渡辺通1丁目1-2 地下1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO
※画像/ホテルニューオータニ博多

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#ランチ #肉料理 #ホテル

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡県内】美味しいホットドッグ8選

【太宰府ニューオープン】注目のカフェ
【久留米】木曜だけ営業のパンとおやつの店