TOP > グルメ > ジビエの美味しさに開眼!初心者おすすめコースで魅力を“いいとこどり”(福岡市博多区住吉)

ジビエの美味しさに開眼!初心者おすすめコースで魅力を“いいとこどり”(福岡市博多区住吉)

2022.04.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、おいしいものが大好きなライター・ayu.latteです。

近年、「ジビエ」という言葉をよく耳にしませんか? ジビエとはフランス語で「狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉」を意味する言葉。

そんなジビエ料理を手軽に楽しめるお店をご紹介します。

住吉神社のすぐそば!隠れ家的な「串とジビエ 五十五右衛門(ごじゅうごえもん)」(福岡市博多区住吉)

福岡市博多区住吉の住吉神社のそばにある隠れ家のような『串とジビエ 五十五右衛門(ごじゅうごえもん)』。2021年12月にオープンした、本格炭火の串焼きとジビエ料理をメインとしたお店です。

店内に入るとカウンター席とテーブル席が4卓あります。

串とジビエ 五十五右衛門 店内

画像:ayu.latte

アットホームな雰囲気ですが、壁などはコンクリート打ちっぱなしで無機質な一面もあり、幅広い年齢層に好まれそうなお店です。

串とジビエ 五十五右衛門 店内

画像:ayu.latte

ジビエ初心者は“コース”でオーダーするのがオススメ

ジビエ料理と聞くと何を食べるといいのか迷ってしまいますが、コースだとオススメが運ばれてくるので初心者でも食べやすいですよ。

このお店のコースは『猪コース』(4,000円)、『鹿コース』(5,000円)、『蝶コース』(6,000円)と3種類。どれも猪肉と鹿肉を楽しめる内容です。

今回は、ジビエのほかに鶏肉や豚肉も楽しめる『猪コース』にしました(以下、写真は2人分です)。

まずは、『本日の小鉢』と『旬野菜と蒸し鶏の彩りサラダ』が登場。『本日の小鉢』は日替わりで、この日は鶏肉を使った一品でした。

『旬野菜と蒸し鶏の彩りサラダ』は大きめのボウルにたっぷりの野菜と蒸し鶏が。ドレッシングがたっぷりとかかっていて、いくらでも食べられそうです!

サラダ 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

続いて『新鮮国産串3種盛り』。

串 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

写真手前から『豚バラのジンジャーソース』『鶏レバー』そして初めて食べる部位『こころのこり』。

『こころのこり』とは、鶏の心臓と肝臓を繋ぐ管のこと。別名「ハツモト」と呼ばれるそうです。食感は口に入れたときは柔らかく、サクッとした食感。噛めば噛むほどジューシー!

鶏レバーは驚くほど柔らか。豚バラは生姜のソースがピッタリ。どれもとってもおいしかったです。

続いては『鹿肉のロースト』。赤っぽい色ですが、しっかりと火を通してあります。ジビエは、芯まで火を通してからいただきます。

鹿肉 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

鹿肉はきめ細やかな肉質でクセもなく、脂身も少ないことからとてもヘルシーなお肉。ジビエ初心者にもピッタリです。

今回はジェノベーゼソースでいただきましたが、臭みもなくヘルシーな味わい。とってもおいしく食べることができました。

そして、おなじみの『国産親鶏の炭火焼き』。

地鶏 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

「ジュ〜!」と食欲をそそる音とともに熱々の鉄板で運ばれてきます。

親鶏の身のしまったコリコリとした食感がたまらなくおいしい一品でした。

見た目もインパクト大!メインの「ぼたん鍋」はたくさんの野菜とともに

コースのメイン『ぼたん鍋』と『おすすめの揚げ物』が運ばれてきました。

今回の『おすすめの揚げ物』は鶏の唐揚げ。みんなの大好きな一品に箸が進みます。

『ぼたん鍋』は白みそベースのスープに、しめじ、白菜、水菜、ねぎなど野菜がたくさん入っていて、ヘルシー。唐辛子とにんにくがさらに食欲をかき立てます。

鍋 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

猪肉は、真っ赤でとってもキレイ。その名前の通り、牡丹の花が咲いたように盛り付けられています。

猪肉 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

煮立った鍋の中に猪肉を入れて、よく火を通してからいただきます。

鍋 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

たくさんの野菜や豆腐と煮込んだ猪肉。臭みなども感じず、とてもおいしかったです。

豚肉に比べると味が濃く、弾力があり甘みがある感じです。脂身は味はしっかりしていますがあっさりしています。

鍋 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

〆は、うどんか雑炊、ちゃんぽんから選べます。今回はちゃんぽんを選びました。

ちゃんぽん麺が旨みが溶け出したスープをよく吸い、箸が止まらないおいしさ! お腹いっぱいなはずなのに、あっという間に完食してしまいました。

鍋 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

そして〆はお待ちかねのデザート(写真は1人分)。バニラアイスに紫芋のモンブランがかかっていて、とってもおいしかったです。

デザート 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

コースには、+1,500円で2時間の飲み放題をつけることも可能。

ドリンクのオススメは『自家製住吉ジンジャーサワー』(単品価格550円)。自家製の生姜シロップを使っていて、ピリリとした辛さがたまりません。グラスの底には生姜のスライスが沈んでいるので、マドラーでよく潰して飲むとよりいっそう、おいしいですよ♡ サワーのおかわりは350円なのもうれしいです。

ドリンク 串とジビエ 五十五右衛門

画像:ayu.latte

もちろんコースのほかに単品も多くあり、スタッフの方に尋ねると親切に教えてくださるので安心です。

今後、取り扱う肉の種類も増やしていく予定なのだそう。ぜひ、おいしいお肉を食べに行ってみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
■串とジビエ 五十五右衛門(ごじゅうごえもん)
住所:福岡市博多区住吉3-3-10 1F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#肉料理 #福岡周辺 #博多 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選