TOP > グルメ > パン好きの間で評判!“わざわざ買いに行きたい”本場仕込みのバゲット&クロワッサン【古後大輔の福岡パンライフ#121】

パン好きの間で評判!“わざわざ買いに行きたい”本場仕込みのバゲット&クロワッサン【古後大輔の福岡パンライフ#121】

2022.04.11

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、福岡にいながらフランス気分が味わえるという有名ブーランジェリーをご紹介!

本場仕込みの味が楽しめると評判の店「C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ)」念願の初訪問!(久留米市津福本町)

一度は訪れてみたいパンの本場・フランス。

そんな本場仕込みの味が楽しめると、2020年11月の開店以来、パン好きの間で評判の店『C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ)』。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) 外観

画像:古後大輔

久留米に足を運んだ際にはいつか!と思っていた人気店を初訪問してきました。

オレンジの外装や看板が目印です。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) 看板

画像:古後大輔

フランス語のラジオが流れる店内は別世界! 珍しいコバルトブルーのタイルがこれまたオシャレ。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン

画像:古後大輔

フランス旅行気分に浸れます。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン

画像:古後大輔

今回購入したパンはコチラ!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン

画像:古後大輔

まずはバゲットです。

今回は、フランスの小麦・水・イースト・塩だけで作られたメインのバゲット『バゲット トラディション』(ハーフ194円、1本388円)を、カスクート(サンドイッチ)『ジャンボンブリー』(453円)にしてもらいました。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン(バケット)

画像:古後大輔

カスクートはそのほか『カプレーゼ』『ソーモン』『ブリ・ド・モー』にしてもらうこともできます。作り置きはされていないので、カスクートを食べたいときはオーダーを。5~10分ほど待つと出来立てが楽しめます。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン(カスクート)

画像:古後大輔

『バゲット トラディション』の味の濃さや歯応えある食感はもちろん、ハムとチーズにもこだわりあり!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン(カスクート)

画像:古後大輔

チーズはフランス「ドンジェ社」の『ブリ ド モー』を使っているとのこと。間違いなくワインに合います!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) チーズの説明

画像:古後大輔

今度来たときは、ほかのカスクートも全部オーダーして、カスクート&ワインパーティー開催決定です。

こちらは、もう1種のバゲット・メニュー『バゲット カンパーニュ』(302円)。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) バゲット カンパーニュ

画像:古後大輔

通常のバゲットより強調されたクラスト(外側)のサクサク感、クラム(内側)のもっちり深い味わいが印象的。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) バゲット カンパーニュ

画像:古後大輔

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) バゲット カンパーニュ

画像:古後大輔

続いてはフランスといえばの『クロワッサン』(226円)。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) クロワッサン

画像:古後大輔

びっくりするくらいふんわりして、軽い感じなのに、バターの風味は超濃厚、歯応えはサクサク! そして口の中に広がる深い味わい、でもクドさはなくスッと溶けていく余韻。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) クロワッサン

画像:古後大輔

食べたことないけど、これが本場の味なのか! さすがパンの国。

ということでクロワッサンと同じく、フランスの朝に欠かせないデニッシュをあわせて購入!

こちらは、クロワッサン生地にレーズンとカスタードを練り込んだ定番メニュー『パン・オ・レザン』(270円)。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン・オ・レザン

画像:古後大輔

口にした瞬間ほのかに香るオレンジピールが爽やか、かつ、いいアクセント!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン・オ・レザン

画像:古後大輔

こちらは、『パン・オ・ショコラ』(259円)。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン・オ・ショコラ

画像:古後大輔

クロワッサンよりもさらに香ばしいサクサク感が味わえる逸品。濃厚なフランス産チョコレートも美味。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) パン・オ・ショコラ

画像:古後大輔

こちらは、『クロワッサン・ポム』(259円)。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) クロワッサン・ポム

画像:古後大輔

美しく味もカタチも計算された芸術的デニッシュ。トロリッと顔を見せる、カスタード、リンゴ、リンゴのピューレ。濃厚ながら甘さ控えめの上品さがあるのがいいね!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) クロワッサン・ポム

画像:古後大輔

どれも「セボーン!」な品々でございました。

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) ショップバッグ

画像:古後大輔

これは久留米まで行く価値あるよね!

C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ) ショップバッグ

画像:古後大輔

今度は店の隣にある広い敷地の『津福公園』で、ひとりパン・パン・ピクニック決定です。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■C’EST PAS GRAVE(セパグラーブ)
住所:久留米市津福本町717-4
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔

#パン をまとめてチェック!
#久留米 #グルメ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選