TOP > グルメ > いちごは今だけ!高級フルーツがリーズナブルに楽しめる♡薬院のテイクアウトパフェ専門店

いちごは今だけ!高級フルーツがリーズナブルに楽しめる♡薬院のテイクアウトパフェ専門店

2022.04.02

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回ご紹介するのは、2022年3月19日から営業を再開した『Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)』。

あわせて、姉妹店の『PRINCE of the FRUIT(プリンスオブザフルーツ)』でしか食べることができない「いちごパフェ」もご紹介します!

“高級フルーツ×こだわりの自家製ソフトクリーム”のテイクアウトフルーツパフェ専門店「Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)」(福岡市中央区薬院)

福岡市中央区薬院にある『Hang out PRINCE』は、高級フルーツパフェのお店として人気の『PRINCE of the FRUIT』に入ってすぐの一角にあります。

高級フルーツをよりカジュアルに楽しむことができる、テイクアウトフルーツパフェのお店です。

Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)外観

画像:chippachapus

2021年9月にオープンして、冬の間は一時休業。その後パワーアップして2022年3月19日から営業が再開されました。

新たにショーケースの下の壁にフォトスポットもできています。

Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)フォトスポット

画像:chippachapus

落ち着いたグレーにフルーツがよく映えましたよ♪

Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)フォトスポット

画像:chippachapus

提供スタイルをガラッとチェンジ!太巻きがかわいい「いちごソフトパフェ」

現在のラインアップは『いちごソフトパフェ』(700円)、1種類のみ。いちごの品種はその日の入荷によって変わるそうで、この日は『あまおう』でした。

Hang out PRINCEいちごソフトパフェ

画像:chippachapus

以前は、うねうねっと花びらのような形をしたソフトクリームでしたが、現在は太巻きスタイルに。

Hang out PRINCEいちごソフトパフェ

画像:chippachapus

ソフトクリームは北海道産の生乳を使用しており、濃厚でミルキーな甘さ。

Hang out PRINCEいちごソフトパフェ

画像:chippachapus

パフェの構成は、ローストピスタチオ、角切りいちご、いちごのコンフィチュール、オリジナルソフトクリーム、薄焼きクッキーです。

メインのソフトクリームを最後までしっかり味わうことができました。

Hang out PRINCEいちごソフトパフェ

画像:chippachapus

いちごは5月頃までの提供予定で、今後もフルーツを変えたソフトパフェを提供していく予定だそうです。

主役はフルーツ!大粒のいちごを贅沢に堪能できる「PRINCE of the FRUIT(プリンスオブザフルーツ)」のパフェ

ここからは、姉妹店『PRINCE of the FRUIT』のパフェをご紹介します。

産地とブランドにまでこだわった、絶品フルーツパフェをイートインで楽しむことができるお店です。

現在は5種類の「いちごパフェ」があり、今回はおすすめの2種類をいただきました。

PRINCE of the FRUITいちごパフェ

画像:chippachapus

『PRINCE of the FRUIT』のパフェは、フルーツをおいしく食べるための構成になっており、フルーツのほかは生クリームとジェラートのみ。

大牟田市にある『オーム乳業』の純生クリームを使用した「生クリーム」は、質の良さや色の白さに加え、濃厚なミルク風味が特徴。

フルーツと一緒に食べたときに、ちょうど一緒になくなっていくような、なめらかな食感に仕上げているそうです。

まずは、広島県産のいちご『安芸こまち』の『赤苺パフェ』(3,080円)。ジェラートは、アールグレイといちごミルクです。

PRINCE of the FRUIT赤苺パフェ

画像:chippachapus

大粒の『安芸こまち』がバランスよく盛り付けられています。

PRINCE of the FRUIT赤苺パフェ

画像:chippachapus

福岡のブランドいちご『あまおう』が糖度11度以上なのに対し、『安芸こまち』の糖度はなんと16度以上!

PRINCE of the FRUIT安芸こまち

画像:chippachapus

一口食べた瞬間に、その甘さが口の中に広がります。びっくりするほど甘くておいしかったです。

PRINCE of the FRUIT安芸こまち

画像:chippachapus

もう一つは、奈良県産のいちご『淡雪』の『白苺パフェ』(2,860円)。こちらもかなり大粒!

PRINCE of the FRUIT白苺パフェ

画像:chippachapus

中のジェラートは、ローストピスタチオとベリーミルクです。

奈良県産のいちご、『淡雪』は、酸味はほとんどなく、さっぱりとした上品な甘さが特徴の高級品種です。程よい甘さが感じられましたよ。

今の時期にぴったりな桜色もとてもかわいかったです。

PRINCE of the FRUIT白苺パフェ

画像:chippachapus

『PRINCE of the FRUIT』のいちごパフェも、5月頃までの提供予定です。

『PRINCE of the FRUIT』ではイートイン、『Hang out PRINCE』ではテイクアウト、とそれぞれで違ったコンセプトの「いちごパフェ」を楽しむことができるのはうれしいですよね♡

ぜひ、どちらのパフェも味わってみてくださいね!(文/chippachapus)

<店舗情報>
■Hang out PRINCE(ハングアウトプリンス)
■PRINCE of the FRUIT(プリンスオブザフルーツ)
住所:福岡市中央区薬院4-18-17 1F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#スイーツをまとめてチェック!
#薬院 #カフェ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選