TOP > グルメ > ふっくら炊きたてが食欲そそる!「リバーウォーク」で“銀シャリ釜めし”定食ランチ(北九州市小倉北区)

ふっくら炊きたてが食欲そそる!「リバーウォーク」で“銀シャリ釜めし”定食ランチ(北九州市小倉北区)

2022.04.06

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

家族の転勤で、昨年の夏から北九州市に移り住んだ青木うらです。

今回は、小倉の『リバーウォーク北九州』で女性ひとりでも落ち着いて食事を楽しめるお店を紹介します。

リバーウォークで落ち着いてランチが楽しめる「千魚万笑(センギョマンショウ)」(北九州市小倉北区)

週末、北九州芸術劇場へ芝居を観に行ってきました。

『北九州芸術劇場』は大型複合商業施設『リバーウォーク北九州』内にあり、『北九州市立美術館分館』や『T・ジョイ リバーウォーク北九州』などの文化インフラも揃い、北九州市民にとって手軽にアートを楽しめる場所。

また、小倉城、勝山公園にも隣接し、ロケーションも抜群。『北九州市立美術館分館』に行った後に、そのまま勝山公園内にある『北九州市立文学館』を巡るなど、アート好きにはたまらないエリアです。

「13時30分の開演までに間に合うように、『リバーウォーク北九州』の中でランチを食べたい!」と向かったのは、4階のレストラン街にある『千魚万笑(センギョマンショウ)』です。

千魚万笑 外観

画像:青木うら

入口に貼ってある、銀シャリ釜めしのポスターがとってもおいしそう!

店内は、広々として落ち着いた雰囲気。外部のにぎやかな雰囲気から離れて、ゆっくり落ちついて食べられそうです。

千魚万笑 内観

画像:青木うら

ふっくら炊きたての銀シャリ釜めし!

調理場には、ふっくら炊きたての銀シャリが入った一人前の釜がズラリ。これを見ただけで食欲倍増!

メニューを見ると、定食や海鮮丼、釜めしのほか、がっつりめな肉メニューなどもあり、バラエティー豊か。

千魚万笑 メニュー

画像:青木うら

人気は『選べるメインの定食』(メイン1種1,309円、メイン2種1,749円)です。しっかりバランスのとれた食事ができるので、幅広い年齢のお客さんでにぎわっていました。

千魚万笑 定食

画像:青木うら

私も『選べるメインの定食』(メイン1種1,309円)を注文。この定食には「炊きたて銀シャリ釜めし」のほか、「味噌汁」「小鉢」「手羽先の煮物」「手作り豆腐」がついています。

メイン料理は「自家製サバの味噌煮」「チキン南蛮特製タルタルソース」「お刺身盛合せ」「若鶏の唐揚げ」など10種類から選べます。

千魚万笑 定食2

画像:青木うら

私は「本日のあら炊き」をチョイス。この日は「鯛のあら炊き」でした。しっとり丁寧に炊きだされていて、ごはんのお供にバッチリな味付けでしたよ。

鉄の釜に入った銀シャリは「今ちょうど炊き上ったばかり!」な状態で運ばれてきます。

千魚万笑 銀シャリ

画像:青木うら

湯気が漂い、たっぷり水分を含んだお米がみずみずしい。しかも、お米が立っている! この状態は「ごはんが最高潮においしくなった証拠」といわれていますよね。

食べてみると、もちもちふっくら♡ 甘さのあるやさしい口あたりです。空気を含みふっくらしたお米がおいしくて、おかずなしでもパクパク食べられます。

夫が注文したのは『黒毛和牛ステーキ定食』(2,200円)。「炊きたて銀シャリ釜めし」「味噌汁」「小鉢」がついています。

千魚万笑 ステーキ定食1

画像:青木うら

お肉は、Aランクの黒毛和牛。定食のお盆には、ステーキ用のスパイス(塩、胡椒、わさび)やステーキソースも用意されているので、味変も楽しめます。

「肉と一緒に食べると、ごはんが止まらん~!」と爆食いしていました(笑)。

千魚万笑 ステーキ定食2

画像:青木うら

銀シャリをさらに楽しむ!自分好みのお茶漬けを堪能

店内に「お茶漬けコーナー」があるのも魅力の一つ。

みなさん、お茶漬け用に「銀シャリ」を早めに食べ切ってしまわないよう注意! です。

千魚万笑 お茶漬け1

画像:青木うら

「かつお節」「海苔」「あられ」「漬物」が置いてあるので、小鉢に食べる分だけ盛りつけます。

千魚万笑 お茶漬け2

画像:青木うら

銀シャリごはんのお茶漬けを作り、ポットのだし汁を茶碗の中に注入。

おいしそうなお茶漬けが出来上がりました!

千魚万笑 お茶漬け3

画像:青木うら

濃いめの出汁にごはんがよく合います。お茶漬けを食べるのは、ほんと~うに久しぶり。懐かしい味に、あらためて旨さを実感。

ふにゃっとしたお茶漬けの食感とカリカリッとした漬物の食感が、口内でおいしくハーモニーを奏でます。止まらないおいしさです。

便利なロケーションの『リバーウォーク北九州』で、時間の制約がある中で、落ち着いてゆっくりランチを楽しむことができました。

私達夫婦のようなミドル世代の大人だけでも、女性ひとりでも、とても入りやすいお店です。食事場所に迷ったときは行ってみてくださいね!(文/青木うら)

<店舗情報>
■千魚万笑(センギョマンショウ)
住所:北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州 4F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/青木うら

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ランチ #小倉・門司
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【カフェ好き厳選】クリームドーナツ5選

【コストコ】ストックしたい便利食材3選
【太宰府食べ歩き】絶品スイーツ3選