TOP > グルメ > 炭火の風味ととろ~り卵! “桶スタイルが人気”焼き鳥の親子丼ランチ(北九州市小倉北区)

炭火の風味ととろ~り卵! “桶スタイルが人気”焼き鳥の親子丼ランチ(北九州市小倉北区)

2022.03.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、北九州市小倉北区にある『焼鳥 烏丸(からすま)』の人気ランチメニューをご紹介します!

京都の町家をイメージした隠れ家居酒屋「焼鳥 烏丸(からすま)」(北九州市小倉北区)

JR「西小倉」駅から徒歩2分ほどの場所にある『焼鳥 烏丸』。

昼間は親子丼ランチの専門店、夜は焼き鳥をメインとした居酒屋として営業しているお店です。

烏丸 入口

画像:chippachapus

10メートルほどの細い小道の先にお店があり、まるで隠れ家のようでした。

烏丸 入口

画像:chippachapus

京都の町家をイメージした店内は、黒を基調としたスタイリッシュな和の空間。

カウンター、テーブル、個室があります。

烏丸 店内

画像:chippachapus

炭火で焼き上げた焼き鳥がたっぷり!とろとろ卵と絡めて食べる「究極の親子丼」

もともとランチメニューは数種類ありましたが、現在は当時から人気のあった「親子丼」のみ。

『究極の親子丼』(800円)は、北部九州産のみつせ鶏、熊本県産のお米、大分県産の地鶏の卵を使用したこだわりの逸品です。

また、炭火焼き鳥を使用しているため、通常の親子丼とは一味違います。

焼鳥 烏丸・究極の親子丼

画像:chippachapus

みつせ鶏のもも肉は炭火で一気に焼き上げていて、柔らかすぎず硬すぎない、程よく弾力のある食感が良かったです。

焼鳥 烏丸・炭火焼き鳥

画像:chippachapus

仕上げにトッピングされた大分県産の地鶏の卵は、濃厚な味わいが炭火焼き鳥との相性抜群でした。

焼鳥 烏丸・究極の親子丼

画像:chippachapus

まずはそのままの味を堪能し、途中で柚子胡椒で味変をすることもできます。

ピリッとした風味がアクセントになり、とてもおいしかったですよ♪

焼鳥 烏丸・究極の親子丼

画像:chippachapus

2人前からは“桶スタイル”での注文もできる!

親子丼は桶に入れて提供してもらうこともできます。こちらは2人前から注文可能です(1,600円)。

焼鳥 烏丸・究極の親子丼

画像:chippachapus

量はもちろん卵も2個のっているので、かなりインパクトがありました。

焼鳥 烏丸・究極の親子丼

画像:chippachapus

濃厚でまろやかな風味が自慢の水炊きスープも楽しめます♪

親子丼は+200円で『水炊きスープ』をセットにすることもできます。

夜の居酒屋メニューで提供している『水炊き』のスープで、鶏の骨まで砕きながら8時間以上じっくり煮込んで作っているそうです。

焼鳥 烏丸・水炊きスープ

画像:chippachapus

鶏の旨みが凝縮されていて、かなり濃厚な味わい。翌朝、肌がツルツルになるほどコラーゲンもたっぷりなのだとか♪

このスープを親子丼にかけて、お茶漬けのようにして楽しむのもおすすめです。

究極の親子丼

画像:chippachapus

炭火の香ばしさにスープのまろやかな風味が加わり、びっくりするほどおいしかったです。〆にもぴったりでした。

究極の親子丼

画像:chippachapus

ここでしか味わうことのできない“九州の食材にこだわった親子丼”、ぜひ食べてみてください♪(文/chippachapus)

<店舗情報>
■焼鳥 烏丸(からすま)
住所:北九州市小倉北区室町2-11-7
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#グルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ランチ #肉料理 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選