TOP > グルメ > 刺身に鍋にお酒のお供も! “特別な日に取り寄せたい”本場下関の「とらふぐ」グルメ

刺身に鍋にお酒のお供も! “特別な日に取り寄せたい”本場下関の「とらふぐ」グルメ

2022.03.16

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramで『インスタグルメアワード』と福岡グルメ『ちひログ』を運営しているCHIHIROです。

こんな時期だからこそ、おうちでゆっくりと、少しリッチなお取り寄せグルメを楽しみたい!

そこで今回は、下関で創業約70年を誇る『日高本店』のお取り寄せグルメ『とらふぐコースフルセット』を自宅で味わってみました。その様子をお届けしていきます。

創業約70年!ふくの本場下関で愛され続けてきた「日高本店」

「ふく」の本場・山口県下関で約70年以上の歴史を誇る『日高本店』。

「海の幸 活かして幸福(ふく)づくり」をコンセプトに、「ふく」に出会ったすべての人が笑顔で幸せになれるようにと心を込めて、腕の良い職人がさばく「ふく」や水産加工品を全国に届けています。

そんな「ふく」を知り尽くしたプロが贈る、とっておきの日に食べたいお取り寄せグルメが『とらふぐ料理フルコースセット』(3人前12,800円)。

日高本店:

画像:CHIHIRO

冷凍が多い中で、さばきたての新鮮なとらふぐが冷蔵状態で送られてくるので、ちょっとした贅沢やお祝いにもぴったりのお取り寄せグルメです。

発泡スチロールのふたを開けてみると丁寧に梱包されており、これは贈り物にも喜ばれそう!

セット内容は『とらふぐの刺身100g(プラ皿27cm)』、『とらふぐ皮湯引き(80g)』、『とらふくちり身(300g)』、『焼きとらふぐひれ(4g)』、『ふく醤油』、『もみじおろし10g×4個』でした。

日高本店:

画像:CHIHIRO

下段には『とらふぐの刺身』が、美しくカットされた状態で、お皿に丁寧に敷き詰められていました。

とらふぐは、下関南風泊市場の国産とらふぐを使用。

ふわっ、もちっと、とろけていく食感と、透明感のある抜群の鮮度に感動します。

日高本店:とらふぐ

画像:CHIHIRO

プラスチックのお皿に盛り付けてあると書いてありましたが、届いてみるとお皿のクオリティーも高く、お祝いごとなどにそのまま出しても遜色ありません。

『とらふくちり身』は、お鍋に使用します。好きな野菜や豆腐、お餅などを入れて楽しんでみてください♪ 「ふく」の旨みがギュッと溶け込んだ、お出汁の味わいがたまりませんよ!

日高本店:ふぐちり鍋

画像:CHIHIRO

鍋に残ったお出汁は、ごはんを入れて雑炊にすることもできます。

調味料を何も入れなくても、驚くほどの旨みがお出汁に溶け込んでいて感動!

日高本店:雑炊

画像:CHIHIRO

透明感のある引き締まった『とらふぐ皮湯引き』も、その鮮度に驚く逸品。弾力のある弾けるような食感がたまりません。

日高本店:ふぐ

画像:CHIHIRO

そのほかにも『焼きとらふぐひれ』という、お酒に入れて楽しむ一品も付いていました。

ふぐひれを、日本酒など好きなお酒に入れると、香ばしい味わいが口いっぱいに広がります。

日高本店:

画像:CHIHIRO

門司港レトロの海峡プラザには直営店も!「日高本店 門司港レトロ店」

コロナ禍でいろいろなお取り寄せグルメを試している中で、こんなに「届いた人に心から喜んでもらいたい」という思いが伝わってくるお取り寄せグルメに出会ったのは初めてでした。

そこで『日高本店』について調べてみたところ、大丸下関店や門司港レトロにも直営ショップがあるとのこと。

今回は、門司港の海峡プラザ西館1階にある『日高本店 門司港レトロ店』にお邪魔してきました。

日高本店:門司港

画像:CHIHIRO

『日高本店 門司港レトロ店』があるのは、海峡プラザにあるお土産コーナーの一角。

そこには「ふく」を加工した、門司港・下関エリアらしさのあるお土産がたくさん並んでいました。

日高本店:店頭

画像:CHIHIRO

実は『日高本店』には、さまざまな賞を受賞している商品も多々あり、そのおいしさが長年評価され続けています。

日高本店:店頭

画像:CHIHIRO

門司港名物の焼きカレーをアレンジした『ふくの焼きカレー』(540円)や、山口県発祥の『お多福の瓦そば』(2〜3人前1,080円)も販売されていました。

『ふくの焼きカレー』は門司港限定で、味は中辛。卵とチーズでアレンジしていただきます。

日高本店:焼きカレー

画像:CHIHIRO

数種類のスパイスを使用した「ふく」の旨みと身がギュッとつまったカレーは、レトルトとは思えない味わい深いおいしさです。

お取り寄せセットの中に入っていた『焼きとらふぐひれ』(648円)も販売されていました。

今の時期にはおうち飲みのアイテムとしても活躍しそうです。

日高本店:焼きヒレ

画像:CHIHIRO

もちろんおうちで新鮮な「ふく」を堪能できる、『ふく料理セット』も販売されていました。

新鮮なふぐ刺しを門司港で購入できるのもうれしいですね!

日高本店:店頭

画像:CHIHIRO

『ふく料理セット』は、冷蔵タイプと冷凍タイプがあり、用途にあわせて選ぶことができますよ。

日高本店:

画像:CHIHIRO

「日高本店」へ行ったら押さえておきたい!おすすめアイテム3選

ここからは『日高本店』にある、こだわりグルメの中から、特に押さえておきたいおすすめアイテムを3つご紹介します。

「うまふぐ 」(540円)

国産の「天然まふぐ」を「バジルオイル」「レモンペッパーオイル」「西京みそ」で味付けした人気メニュー。

パッケージがかわいいので、お土産にもピッタリですね!

日高本店:うまふぐ

画像:CHIHIRO

箱を開けるとパウチが出てくるので、電子レンジか湯煎で温めていただきます。

やわらかくふわふわな天然の真ふぐは、お酒のおつまみやごはんのお供としてもピッタリですよ!

日高本店:

画像:CHIHIRO

「ふく茶漬け」(5食540円)

日高本店:茶漬

画像:CHIHIRO

シロサバフグを使用した『ふく茶漬け』。

お湯を注ぐと「ふく」の濃厚な旨みがお湯に溶け出し、いつもの食卓においしい彩りを加えてくれます。

「ふくの骨なしフライ・唐揚げ」(300g1,296円)

日高本店:フライ、唐揚げ

画像:CHIHIRO

そのまま油で揚げるだけで仕上がる『ふくの骨なしフライ・唐揚げ』。

「ふく」のふわっとした食感と、揚げ上がりの香ばしい味わいがたまりません。

お店の方も大好きで特におすすめというフライと唐揚げは、一度食べるとやみつきになる逸品です。

今回は下関で創業約70年の『日高本店』をご紹介しました。

鮮度の高いこだわりの「ふく」をたっぷりと堪能できるお取り寄せグルメは、顔は直接見えないけれど、届いた人が笑顔になることを思い浮かべながら丁寧に作られたこだわりの逸品。

直営店では「ふく」を使用したさまざまな商品も楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■日高本店門司港レトロ店
住所:北九州市門司区港町5-1 海峡プラザ西館1F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #お取り寄せ #手土産 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡・佐賀】山の絶景が楽しめるお店4選

【うきは市】わざわざ行きたい人気パン屋さん
【福津ニューオープン】ご褒美サンド専門店