TOP > グルメ > 北九州で蕎麦を食べるならココ!“営業は3時間のみ”地元で大人気の絶品蕎麦店(八幡東区)

北九州で蕎麦を食べるならココ!“営業は3時間のみ”地元で大人気の絶品蕎麦店(八幡東区)

2022.03.09

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

家族の転勤で、昨年の夏から北九州市に移り住んだ青木うらです。

今回は「北九州で蕎麦ならこの店!」と教えてもらった、地元で大人気のお店をご紹介します。

店内はいつも満席!地元の人気店「そば処 芭蕉庵(ばしょうあん)」(北九州市八幡東区)

地元で有名な『そば処 芭蕉庵(ばしょうあん)』。北九州市八幡東区の福岡県道50号沿い、尾倉交差点付近にある十割蕎麦のお店です。

JR「八幡」駅から徒歩5~6分ですが、駐車場があるので、私はいつも車で行きます。

営業時間は11:00~13:45の3時間弱のみ。この時間を逃さないよう、さらにピーク時間を外して到着できるよう調整して、家から出発です。

そば処 芭蕉庵

画像:青木うら

外見はオーソドックスな「お蕎麦屋さん」という雰囲気。とても落ち着いた佇まいなのですが、入店すると、お客さんの活気がすごい!

訪問した日は、土曜のお昼のピークを過ぎた13:30前。店内は食事を楽しむお客さんとともに、順番待ちのお客さんもいて、とても賑やかでした。

そば処 芭蕉庵 内観

画像:青木うら

食事が終わったお客さんがお店を出たと思ったら、新たなお客さんが続々と来店し、店内は常に満席状態なのです。

私たち夫婦も順番を待つ間に、自動販売機で食券を購入。

そば処 芭蕉庵 自販機

画像:青木うら

『せいろ』(800円)、『かけそば』(800円)、『くるみそば』(1,000円)、『鶏南蛮そば』(1,000円)、『鴨南蛮』(1,700円)、『海老天せいろ』(1,400円)などの蕎麦メニュー、『かつ丼』(1,000円)、『天とじ丼』(1,000円)などの丼メニューのほか、丼とせいろのセット(1,700円)もありました。

そば処 芭蕉庵 メニュー

画像:青木うら

お店こだわりのメニューの写真と説明を見ると、どれもおいしそうで、注文の品を真剣に悩んでしまいます(笑)。

テーブルに案内してもらうと、おしぼり、お箸とともに蕎麦茶が運ばれてきました。

そば処 芭蕉庵 蕎麦茶

画像:青木うら

そばの実を焙煎した蕎麦茶。久しぶりに飲むと、独特の風味や香りが心地良い~。疲れていた身体に染み込んでいくようです。自宅でも飲んでみたくなります。

風味が良い! 香りが湧き立つ蕎麦

今回選んだのは、大好物の『鴨せいろ』(1,700円)。

そば処 芭蕉庵 鴨せいろ

画像:青木うら

『鴨せいろ』の温かい出汁には、ネギと鴨が贅沢に入ってます。山椒粉を振りかけると山椒の香りが漂い、さらに食欲をそそります!

厚めにカットされた鴨肉は味が濃くて弾力があり、脂身も甘く、食べ応えタップリ。鴨肉だけ取り出し、レモン汁と塩で食べるとさっぱりと爽やかな味も楽しめます。

蕎麦は、自家製粉した蕎麦粉100%。やや太めで弾力があり、食べると香りが湧き立ってきます。喉越しも爽やか。

そば処 芭蕉庵 蕎麦

画像:青木うら

コシのある蕎麦は、『鴨せいろ』の濃いめの出汁にとてもよく合います。

夫は『海老天せいろ』(1,400円)を注文です。

そば処 芭蕉庵 えび天せいろ

画像:青木うら

蕎麦がやはり美しい。最初、塩をチョチョっとつけていただき、風味の良さを楽しみます。そのあとは蕎麦つゆで。味つけによって、蕎麦のおいしさが違ってくるから不思議。

海老天は天然の車海老が5尾!  大きめサイズでプリップリです。

そば処 芭蕉庵 海老天せいろ

画像:青木うら

塩で食べたり、天つゆで食べたり、お蕎麦と一緒に食べたり。海老好きにはたまらないメニューです。

さらに、海老天の下に敷いてある蕎麦を揚げたものもウマイ!  お酒のつまみにもなりそうな香ばしさ。ポリポリと止まらないおいしさです。

〆は、蕎麦湯です。

そば処 芭蕉庵 蕎麦茶

画像:青木うら

『芭蕉庵』の蕎麦湯はトロットロ。私はこの蕎麦湯に『鴨せいろ』の出汁を2匙ほど加え、『鴨せいろ』の余韻を楽しみながら飲みました。

蕎麦の栄養成分が溶け出した蕎麦湯を飲み、蕎麦粉の栄養を余すことなく摂取。

蕎麦茶から始まり、蕎麦を思い切り堪能。大満足なランチとなりました。

北九州で喉越し爽やかなお蕎麦を食べたくなったら、ぜひ訪れてみてほしいお店です。

蕎麦は売り切れ次第終了。大変人気のお店のため、早めの時間に行くことをおすすめします。お店の活気とおいしい蕎麦を味わってみてくださいね!(文/青木うら)

<店舗情報>
■そば処 芭蕉庵(ばしょうあん)
住所:北九州市八幡東区尾倉2-7-10
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/青木うら

#グルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選