TOP > グルメ > 切って和えるだけで超簡単“万能ドレッシング”も!「新玉ねぎ」レシピ2品

切って和えるだけで超簡単“万能ドレッシング”も!「新玉ねぎ」レシピ2品

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。旅好き料理家の中願寺あゆみです。

新たまねぎの季節になりました。皮が薄く、みずみずしい新たまねぎ。辛味が少なく甘みもあるので、生で食べるもよし、加熱してさらに甘みを引き出すのもよし! でもやっぱり、私は生で食べるのが大好きです。春先だけのお楽しみ野菜です。

「玉ねぎを食べると血液がサラサラになる」と一度は耳にしたことがあるかと思いますが、注目の機能性成分「硫化アリル」(※1)や、ビタミンB6・葉酸・ビタミンCなどの水溶性のビタミン類や食物繊維など(※2)、玉ねぎには意識してとりたい栄養素がたっぷり。

ただ、熱と水に弱い成分もあるため、そのパワーは生で食べることでより発揮されます。そこで今回は、新玉ねぎを「生で味わう」レシピをご紹介します。

新たま

画像:中願寺あゆみ

1:シャキシャキ食感の万能「きざみ新たまのドレッシング」

辛味の少ない新たまねぎで、ぜひ作っていただきたいこのソース。隠し味のナンプラーがいい仕事してくれます。

新玉ドレッシング

画像:中願寺あゆみ

【材料】(作りやすい量)
新たまねぎ・・・中1個(150g程度)
Aナンプラー・・・小さじ1
Aみりん・・・大さじ1
A酒・・・大さじ2
A酢・・・小さじ2
Aしょうゆ・・・大さじ2
サラダ油・・・大さじ2

<作り方>

(1)新たまねぎをみじん切りにする。チョッパーなどを使ってもいいですが、手切りのほうがシャキシャキおいしく仕上がります。

(2)Aを小鍋に入れて弱火で1分ほど煮立たせ(酒を飛ばす)、粗熱を取る。

(3)(1)(2)とサラダ油を混ぜ合わせる。3時間以上置き、味をなじませる。

保存容器に入れ、4日くらいで食べきってください。出来立てはしゃきっとした食感が楽しく、時間を置くとだんだんと味がなじんでとろっとなって、どちらも捨てがたいおいしさです。

ただ焼いただけのお肉やハンバーグ、カルパッチョ、からあげなど、なんにでも合う万能ドレッシングです。どっさりのせてどうぞ。

ソースがけ

画像:中願寺あゆみ

ぜひぜひ冷蔵庫の隅にいるナンプラーを使って作っていただきたいのですが、持っていないという方は「白だし」で代用してください。

2:おつまみにもおすすめ「たっぷり新たまねぎの冷ややっこ」

個人的に、新たまねぎを薄切りにしてかつお節をかけて食べるのが一番好きな食べ方です!

が、それでは少々寂しいので、冷ややっこを合わせました。焼いた厚揚げでも◎。

新玉豆腐

画像:中願寺あゆみ

【材料】(1人分)
新たまねぎ・・・1/2個
豆腐・・・1/2丁
ポン酢・・・大さじ1~2
ごま油・・・適量
かつお節・・・適量

<作り方>

(1)新たまねぎを薄切りにして、バットに重ならないように広げて、ふわっとラップをして冷蔵庫に入れ30分置く。

(2)豆腐を器にのせ、上から(1)とかつお節をたっぷりのせ、ポン酢とごま油を垂らして食べる。

たまねぎは水にさらすと栄養も抜けて、そのうえ水っぽくなってしまうので、さらさずに使うのがおすすめです。辛味の成分は揮発性なのでしばらく置くと辛味は抜けていきます(部屋の中が若干ネギ臭くなりますが……)。(1)の作業を多めの量でやっておくと、サラダなどにも使えて◎。時間がないときは水にさらしても大丈夫ですが、さらし過ぎないのがポイント。

また、今回はポン酢を使いましたが、普通におしょうゆ、だし醤油や黒酢に変えてもおいしいです。そして、「きざみ新たまのドレッシング」をかけてWたまねぎもおすすめです!

今回は新たまねぎを「生で味わう」レシピをご紹介しました。

新たまねぎは普通の玉ねぎのように日持ちがしないので、野菜室で保存して、できる限り早く食べきるようにしてくださいね!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。(※1) 独立行政法人農畜産業振興機構 野菜ブック玉ねぎ(※2) 食品成分データベース(文部科学省)

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ
※1 独立行政法人農畜産業振興機構 野菜ブック玉ねぎ
※2 食品成分データベース(文部科学省)

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡・佐賀】山の絶景が楽しめるお店4選

【うきは市】わざわざ行きたい人気パン屋さん
【福津ニューオープン】ご褒美サンド専門店