TOP > グルメ > 簡単なのに褒められる! 味しみしみでおつまみにも◎春野菜の煮物レシピ
肉豆腐

簡単なのに褒められる! 味しみしみでおつまみにも◎春野菜の煮物レシピ

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。旅好き料理家の中願寺あゆみです。

まだまだ寒い日が続いてますが、春の食材も続々とお目見えしています。あったかいお料理にも春食材を少しずつ組み込んで、少しでも“春の訪れ”を感じたいところ。

そこで今回は、新じゃがや新玉ねぎをはじめとした春を感じる食材を使った、ほっこり煮物レシピをご紹介します。簡単で、おかずにもおつまみにも活躍しますよ。

1:味しみしみで野菜がおいしい!「肉豆腐」

たまに「今日すき焼き食べたいな~」っていう日ありませんか? でも一から準備するもの面倒だし、そんな高級なお肉ももったいないし……。

そんなときは、似た雰囲気でカンタンな「肉豆腐」はいかがでしょうか。

おかずにはもちろん、お酒のおともにもおすすめです。煮るとトロッとして甘さが増す新たまねぎなど、春のお野菜を登場させるにもピッタリ!

肉豆腐

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
牛切り落とし・・・150g
豆腐・・・1丁
新たまねぎ・・・1/2個
えのき・・・1袋
こんにゃく・・・適量
菜の花・・・あれば
A水・・・100ml
A醤油・・・大さじ3.5
Aみりん・・・大さじ2
A砂糖・・・大さじ2

<作り方>

(1)豆腐は8等分程度に切り、キッチンペーパーで包んで、水気を10分ほど抜く(水っぽくなるのを防ぐため)。新たまねぎはくし切り、えのきはいしずきを取る。牛肉と菜の花は、それぞれ食べやすい大きさに切る。

(2)こんにゃくを食べやすいようにスプーンでちぎったりして、塩でよくもみ、そのまま熱湯で3分ほどゆでる(写真では手綱にしていますが、糸コンでもなんでもOKです)。

(3)22センチ程のフライパンにAとたまねぎを入れ、火にかける。沸騰したら、たまねぎをはしに寄せて牛肉を入れる。牛肉はタレに味をうつすイメージで、色が変わるまでさっと煮て一旦取り出す(固くなるのを防ぐため)。

(4)豆腐、えのき、こんにゃくを重ならないように入れ、落し蓋をして10分程度煮る。

(5)牛肉を戻し入れ、菜の花も加え、1分ほど煮て完成。

今回、豆腐は冷蔵庫にあった絹を使っていますが、木綿や焼き豆腐のほうが味がしみ込みやすいです。ただ絹のプルンプルンのおいしさも捨てがたい……というわけで、お好みでどうぞ。

ここでは菜の花を使っていますが、小松菜、春菊もおすすめです。

2:やさしい甘みがたまらない!「新じゃがと新たまねぎの煮物」

みずみずしい新じゃがや新たまねぎは、煮物にも◎。ホクホク、トロットロの中に、春、感じます。

ご飯の進むしっかり味の煮物です。

新じゃがの煮物

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2~3人分)
鶏もも肉・・・ 150g
厚揚げ・・・ 1枚(120g)
にんじん・・・ 1/2本
新じゃが・ ・・150g
新たまねぎ・ ・ ・中1/2個
さやいんげん・・・4本
A水・・・ 400ml
A和風顆粒だし・・・小さじ1
Aみりん・・・大さじ2
A砂糖・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1.5
サラダ油・・・適量

<作り方>

(1)鶏肉は大き目の一口大に切る。厚揚げは一口大に切る。にんじんは食べやすい大きさに切る。新じゃがは皮が薄いので、たわしなどで表面をこすり洗いして食べやすい大きさに切る。たまねぎは大きめのくし切りにする。さやいんげんは筋を取ってさっとゆでておく。

(2)サラダ油を熱したフライパンに鶏肉を入れて両面を軽く炒めたあと 、新じゃが、にんじん、 厚揚げを加え炒め、 油が回ったらAを加え、落し蓋をして5分煮る。

(3)たまねぎとしょうゆを加え、具材がやわらかくなるまで、落し蓋をしてコトコトと煮る。煮汁が少なくなったら、火を止め器に盛り、さやいんげんを添えて完成。

新たまねぎは煮込み過ぎるとトロトロになりすぎてしまうので、あとから入れましょう。春のお野菜から染み出たやさしい甘みが楽しめる煮物です。

今回は「春を感じる食材を使ったほっこり煮物レシピ」をご紹介しました。献立に活用していただけるとうれしいです。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選